20201012165215.jpg

Miyajima Kitaoji Rosanjin Museum

宮島「北大路魯山人」美術館

 

 

20201012165231.jpg

さて前回に続き 2階へと、やはりARTや有名な作家の作品は

見識ある人と観ると、解釈がガラッと変わる。

 

 

20201012165252.jpg

 

 

 

 

20201012165635.jpg

鉄製の行燈がまたいいなぁ。やっぱり虫がかわいい. 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

20201012165711.jpg

お決まりの椿鉢をもう一回、撮ってみる。

 

 

 

20201012165654.jpg

魚がまたいいよね〜 生き物の捉え方が個性的なんだよね。

 

 

 

20201012165736.jpg

 

 

 

 

20201012165802.jpg

当時、額に入れてたものだろうか。一枚の枯れ葉が美しい。

 

 

そんなこんなで作品を観ながら、見識ある方の解釈を横で聞く。

実際に魯山人の器を使って、料理を盛ったことがある人なので

骨董の鑑定士とはまるで観るところが違う。

個人的に 魯山人の器が好き嫌いに関わらず、器に触れていた

料理人ならではの表現は、まるで予想してないものだった。

 

前回観た時に残ってた、わずかな違和感も払拭されて

いろいろ思い巡らす、貴重な学びの時間になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20201012165854.jpg

伊都岐珈琲

 

さて… お約束の伊都岐珈琲で一息。他のお客もいない。

行きがけに会った癒しの彼女は、居なかった。

 

itsuki-miyajima.com/

 

 

 

20201012165910.jpg

 

 

 

 

20201012165926.jpg

伊都岐珈琲といえばやっぱり ここも有名だよね。

 

miyajima-villa.jp/press/

 

20201012165946.jpg

天心閣への階段。 残念ながら今日もやってないそう。

早く復活してほしいね。

 

 

 

 

 

20201012170351.jpg

その階段の途中、この壁の意匠がお気に入り。

 

 

 

20201012170308.jpg

横からみると薄っぺらい、どうやら屋根の上の

物干し場につながってるみたい。

 

 

20201012170325.jpg

このかなり低い扉が、中途半端に高い位置にあって

どうやって入るのか?

今はもう使ってないみたいだけど…

 

 

 

 

20201012170437.jpg

 

 

 

 

20201012170505.jpg

1階部分もいい感じに経たっている。

 

 

 

 

20201012170251.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20201012170532.jpg

いつも桟橋へ向う途中、この問屋の建物が好き。

 

 

20201012170603.jpg

よく見たら角の軒下の部分に、神棚?のような、

壁に張り付いている。

 

 

 

 

20201012170633.jpg

そこからこの短いトンネルへと続く、あれ?トンネル壁面が真っ白に

補修工事で塗り直されて、きれいになっている!

なんて余計なことを… こうゆう景観ひとつひとつにもこだわって

直してほしいの。これほどの観光地でさえ、何気ない景色の意匠が

実はとても大切なんだよ。

 

 

 

20201012170652.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20201012170719.jpg

そうそう、あの大きな「しゃもじ」があった場所が

TOTOの最新公衆トイレになってた。

中は無駄に広くて、かっこいいおもてなしトイレ空間に. 笑

 

toto.com/products/

 

 

 

 

 

 

20201012170752.jpg

さてまた来よう… 久しぶりに弥山に登りたいなぁ。

 

 

 

20201012170831.jpg

今日も観音様は 寝てらっしゃる…

 

 

 

 

 

20201012163859.jpg

8月の渡島以来、ちょうど 2ヵ月ぶりの宮島となる。

10月になっても平日はやっぱり、観光客はまばらでほんと少ない。

 

宮島は近年、外国人観光客でとても繁盛していたと思う。

正直なところ宮島のすぐ裏にある島育ちの私は、行く度に

観光メインに変わっていくこの島を見るのが好きではなかった。

弥山や管弦祭など、神聖な場所が汚されているような気がして。

比べても仕方ないけど、昨年訪れた伊勢神宮では

その神の領域としてのルールや 景観への意識の高さ、営んできた

古の人々の想いを感じたものだった。

 

 

このコロナ禍で閉塞していく世界は、悪いことばかりではない。

私みたいな、適当にやり過ごしている者でさえ

仕事とその人付き合いにおいて、いろいろと考えさせられたり

強制的に初心に戻される時間を与えられた。

 

島を歩くとこんな剪定作業している職人さんをみて、同行者と

島内の景観や厳島としての在り方、コロナ以降のことまで

話が弾んだものだ。

 

 

 

20201012164015.jpg

平日とはいえ、ほんと居ないでしょ・・・ 広島人なら今、

行くべきです。

 

 

 

20201012164033.jpg

 

 

 

20201012164100.jpg

よく見ると修学旅行生がそれなりに来ている。県内か近隣の県から

少しは戻ってきた?

 

 

 

 

 

 

20201012164119.jpg

厳島神社の入り口にある石灯籠の上に、カラスのブロンズ像がある。

神烏(おおがらす)がとまっているの、知ってた?

 

 

20201012164138.jpg

左右にそれぞれ一羽、二羽いるからね。境内に入る前に

まず神烏さまに ごあいさつを。

 

詳しくはこのBlogにも

ameblo.jp/timg2/entry

 

 

20201012164220.jpg

伊都岐珈琲

 

あ、ここでまたしても この笑顔に会ってしまった. 笑

あとで寄りますと、あいさつしてと。

 

itsuki-miyajima.com/

 

 

20201012164242.jpg

人も居ない。鹿も居ない。

 

 

20201012164406.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20201012164420.jpg

Miyajima Kitaoji Rosanjin Museum

宮島「北大路魯山人」美術館 

 

そう目的はこちら、また来ましたよ。でも今回は広島でも

魯山人とつながりのある見識者さんといっしょだったので

( 本人は魯山人を好きではない )でもそれが意外な展開になった。

やはり奥が深い。

 

rosanjinmuseum.jp/

 

 

20201012164445.jpg

何度見てもすごい、当時の会報誌「 星 岡 」が素手で触れる。

 

 

 

20201012164502.jpg

展示は季節ごとに作品を変えるらしいけど、前回撮らなかったものを

ちょっと狙ってみた。

 

 

 

20201012164519.jpg

このブサイクな鹿が かわいい. 笑

 

 

 

 

 

 

20201012164620.jpg

淡い色彩の軸がまた、かわいいなぁ。

 

 

 

20201012164600.jpg

 

 

 

 

20201012164808.jpg

1.5 階はたくさんあるからね〜

 

 

 

20201012164649.jpg

 

 

 

 

20201012164708.jpg

 

 

 

 

20201012164949.jpg

 

 

 

 

20201012164926.jpg

 

 

 

 

20201012165006.jpg

 

 

 

 

 

20201012164537.jpg

さて・・・ 2階へ上がるこの階段、土壁の意匠が好み。

この古民家を活かした、大胆な設計の美術館って いいね〜

 

 

 

 

20201012163650.jpg

大阪から手作りのマスクが 2枚、届いた。

20年以上前に大阪の経営セミナーで、共に学ばせてもらった

老舗宝石店の経営者さんからだった。

もう70ぐらいの年齢だと思うけど、ボランティアで作って

配られているらしい。わざわざ広島まで送ってもらえるなんて、

もう20年も会っていないのに。

 

 

 

もう20年、でも当時のお顔は今でも鮮明に思い出せる。

同じグループにいた年長者で白髪混じり、昭和の男らしい端整な顔立ち、

口をグッとムの字に結び、見た目からも頑固オヤジだなと思った。

 

2泊3日のそのセミナーは、とても厳しいカリキュラムで有名だった。

心理学を応用したワークショップによる、体験から学ぶというもの。

主に経営者や管理職、リーダーとなる人が受講するため、私のように

個人経営者でも容赦無く追い込まれ、自らの立場や責任までを

自己開示して、自らの価値を見いだすというものだった。

 

3日間、大阪の狭い会場で共に闘った 30数名の仲間は、

20年経った今でも戦友のようなもの。その中でもやっぱり

この経営者さんがもっとも印象に残っている。

今では年賀状でしか、つながりもないけど

いきなりのサプライズ、2枚のマスクと一筆に

胸が熱くなった。

 

 

ありがとう、木下さん。

大切に使わせてもらいますね。

 

 

 

 

20201012163541.jpg

Bottega del 29

 

誘われてボッテガニックへ。前回からこの 1ヶ月ちょっとでもう、

すごい人気店になって、まぁわかってたんだけどね。

流行ってる店、開店早々これだけの実力店になっちゃうと

飲食業経験上、客として行くのもおこがましいけど、blogに載せると

やっぱりお客様とかリクエストがきて、また予約することに。

 

bottega-del-29.com

facebook.com/bottega.nick/

 

 

20201012162924.jpg

 

 

 

20201012163016.jpg

この日のゲストはいつもの「 食の勉強会 」料理人と。  まずは定番、

カルパッチョはイサキでしたね。 盛り付けもキレイ〜

 

 

20201012163123.jpg

 

 

 

 

 

 

20201012163237.jpg

このピッツアが美味しかった! シラスとネギにたっぷりボッタルガ。

 

 

20201012163253.jpg

前回食べた時も気になってた、ナポリでもミラノスタイルでもない、

この生地のこだわりを、マダムより教えて頂いた。

 

 

 

 

 

 

20201012163314.jpg

パスタもけっきょく前回と同じものを、カチョエペぺですね。

シンプルでいて、濃厚に美味しく・・・

 

 

 

20201012163329.jpg

そしてこちらも同じくニョッキ、シラスのアラビアータ。

どこまで好きなん!って. 笑 でも今回はちと辛かったなぁ。

自分はイヤじゃないけど。

 

 

 

20201012163347.jpg

そこでやっぱり貧乏性なので、パスタのソースがもったいなくて

パンでもと頼んだら、パンはないけどメニューにもない

ピッツア生地のフォカッチャを出してもらった。

これがほんと美味しい〜 どこでもありそうでないのよ。

もう一皿、頼めばよかったな. 笑

 

 

 

 

 

 

 

20201012163403.jpg

でも今回はこれに尽きる! トリッパですよ〜

前回気になっていた、トリッパだけでメニューに 3つもあり

これだけは食べてみないと、となりの山本くんも絶賛だったし〜

 

で、マジです。感動の味わい。。。

今まで食べたことのないトリッパ。仕込みがすごいのか。

トリッパ好きの私でも、過去最高と言わざるを得ない。

それぐらい美味しかった。

 

 

 

 

 

 

20201012163504.jpg

デザートはシンプルに、余韻を味わうように・・・

 

この日はいつも、辛口の料理人さんも

久々にこんな料理に出逢ったと。

仕込みがちゃんとされていると言われてたのが、とても

感慨深いひとときでした。

 

 

 

 

 

20201012163448.jpg

お店出る時に気づいたんだけど、入り口のテーブルには

なんとオリさんが4名で食事していた。

やっぱり人気店は早いね、こちらには全く気づかずに

饒舌な彼を見るのも珍しいこと. 笑

 

 

 

 

 

 

 

20201012162250.jpg

二 八 十 六

ニハチジュウロク

 

ちょっと郊外だけど、馬木にある 人気のデカ盛り蕎麦屋さんへ。

以前から気にはなっていたのよね〜 店名がギャグだけど. 笑

 

instagram.com nihachijyurock

 

 

20201012162512.jpg

architectural design firm

NUDE  ELEMENTARY

 

連れて行ってくれたのは、先日の再会から続き 髙本先生ですね。

なんでもここのオーナーとは、開店する時にアドバイスしたらしく

さすがだね〜 以前 ここに載せた三原の「 塩そば まえだ 」は

今や広島ではもっとも行列のできるそば屋となっているけど、

これは髙本さんの成果と言っても過言ではない。

並みのコンサル業ではできない、細部まで徹底した指導が

ゆきとどいている。

 

www.nude-e.jp

 

 

 

 

20201012162535.jpg

一押しの「刻み鴨つけそば」並で 300g    メニュー頼んで来た時に

これは髙本さんは全部は食べれんな〜とわかった. 笑

 

これで1000円切っていて、蕎麦も機械で打ってるらしいけど

ちゃんと美味しい。

 

 

 

20201012162604.jpg

場所がほんとわかりにくい。ナビでは間違っていたし

平日でもすごい人気だから、行くならよく下調べしてからね。

 

 

 

20200922100538.jpg

LOCAL CREATORS T-SHIRT PROJECT 2020 HIROSHIMA

 

広島をクリエイティブの力で元気にする Tシャツ展、

「 ローカルクリエイターズ Tシャツプロジェクト 」開催。

広島で活躍するクリエイター、デザイナーやイラストレーター、写真家、

ミュージシャンなど、200デザインの Tシャツを展示。

 

主催は ハーバークラブの元さん。 

コロナ禍の今だからこそ、できることはないか… 彼はいつも

誰もしないことを仕掛けてくるね。

 

 

 

https://www.lctph.com

lifemarket.co.jp

 

 

 

20200922100619.jpg

ref.

会場は市内中心の 5ヶ所。全部は回れないので まずはここから。

www.refnet.tv

 

 

20200922100638.jpg

 

 

 

 

20200922100656.jpg

SHAMROCK

シャムロックさんだね、先日の展示会のをプリントしている。

shamrock.jp  ramram-t

 

 

 

20200922100726.JPG

よく見たら、元は駐車場だったのかな。さすがオサレだよな。

 

 

 

20200922100712.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20200922100811.jpg

dali

そのすぐ近所、ダリの展示はちょっと店に入らないと撮影ムズイな。

dd-holdings.jp/shops/dali

 

 

 

 

20200922100928.jpg

ANDERSEN

HIROSHIMA

そして先日、やっとリニューアルオープンしたアンデルセンへ。

Tシャツがずらっとインパクトあるね、さすがの展示。

 

andersen.co.jp

 

 

20200922102406.jpg

 

 

 

20200922102335.jpg

あったあった、やっぱり自分がデザインしたものは、

瞬時にわかるもんだね〜

 

デザインはこの 4セットで、有名な浮世絵から

「 手 」の部分のみ描き出して、

メッセージはフランス語で入れてみた。

ベースの 4種の色も、日本の伝統色から選んだもの。

 

 

 

20200922102315.jpg

新しいアンデルセンのスタイリッシュな外観に風が抜ける。

やわらかい有機的な Tシャツがなびく、昼下がり。

 

 

 

20200922101128.jpg

ここにはなんと双眼鏡が置いてあって、

 

 

 

20200922102423.jpg

鈴木さんも、あったあったと覗き見る。

 

 

 

20200922102245.JPG

このオープンなガーデンスペース、袋町のど真ん中で

いい感じに仕上がってるね。

 

 

 

 

 

20200922102503.jpg

BIER LOVEN

デルセンの斜め向かいには、インスマートの「ビアルーヴェン」。

天気もいい日曜日、さすがめちゃ流行ってるなぁ〜

 

in-smart.co.jp  bierloven

 

 

 

 

20200922094640.jpg

il Vecchio

 

世間は 4連休 、日曜だけどちょっと仕事です。

ランチは地蔵通りのイタリアン「イル・ヴェッキオ」へ。

前回、行ったのがもう、3年前になるんだね。

 

 

 

20200922094833.jpg

元スタッフ鈴木さんと。3年前は入社したて、変顔載せて怒られたけど

学生っぽさも抜けて、今はすっかり大人になったかな。

 

 

 

20200922094848.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20200922094954.jpg

鈴木さんは生ハムたっぷりとチーズの、あと何が入ってたっけ?

美味しそうなパスタ。

 

 

20200922094934.jpg

 

 

 

 

 

20200922095014.jpg

こっちはやっぱりトマトソースかな〜 たしか魚のラグーで

珍しいテイスト、大盛りにして満足。

 

 

 

 

 

20200922095032.JPG

さてこの頃は、懐かしい話が多いけど・・・

 

美味しいデザート食べたら街中へ、ある展示を観に行こう。

 

 

 

 

20200922090944.jpg

cucina

M O N O

 

朝から打ち合わせの後、ランチは事務所の近場でイタリアン〜

というリクエストに、ひさしぶりの横川は「クッチーナ・モノ」へ。

ちょうど 13時過ぎで、お客様が出たところだったので入れたけど

相変わらず女性客で満席、ベビーカー客が 2人もいた。

 

facebook.com  Cucina-MONO

 

 

 

20200922091049.jpg

あ〜パンも美味しいなぁ、自家製パーネ。ここに来るなら

カメラ持って出るべきだった。

 

 

 

 

 

20200922091128.jpg

ランチも変わらず、2種類の手打ちパスタがでるコースですね。

 

 

20200922091108.jpg

このラグーのショートパスタ、いい感じのピリ辛で美味しかった!

いいなぁ〜 好みだよ。つい大盛りにしてもらった. 笑

 

 

 

 

 

20200922091150.jpg

もう一皿のパスタはマッシュルームとチーズかな? 

これも旨い… この後デザートが出て ¥2000〜 どうよ。

オープンしてからずっとランチは、予約も取りにくいとか。

さすがというか、広島ではここにしかないスタイルで貫いていて

一本、抜きんでている MONO = モノがあるよね。

 

後、ここのカウンター席は不評だったけど、なんと今年、

改装してテーブル 2席になっていたよ。やるなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

20200922091014.jpg

architectural design firm

NUDE  ELEMENTARY

 

この日は出ました! ヌードエレメンタリー・髙本さんですね。

いつもながらクールで熱い、繁盛店請負い人の設計デザイナー。

ご無沙汰でした〜 この度ちょっと大きなお仕事で

関わらせて頂きます。

 

www.nude-e.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

20200922091211.jpg

MARINA  MARIO  ESPRESSO

 

さて、ランチ後も打ち合わせ延長。車が停めやすくお茶ができる、

時間も中途半端だったので、ついつい手前味噌でマリーナへ。

ここのテラスのディスタンス、コロナ禍で文句なしの穴場ですよ。

 

 

 

20200922091228.jpg

で、居ましたお気に入りこの笑顔とサービス〜 priceless!

でもこの日もケンタロー店長とはニアミスです. 笑

 

 

 

 

 

20200922090253.jpg

伊酒屋 MARIO

 

もう何年ぶり? たぶん10年は来た記憶ないんだけど、

なんとキッチンのカウンターに水槽が. 笑 金魚泳いどるし。

店長と打ち合わせも終わり、ついでにランチしたいので

元スタッフ鈴木さんと。

 

sanmario.com

 

 

20200922090315.jpg

パスタランチはミニサラダとフリードリンクがセットに。

このドリンク 6種類ぐらいあって、どれもなかなか健康的な

チョイスでいい感んじ。 それで 1000円切ってるの、安くない?

 

 

 

20200922090345.jpg

店長、ちゃっちゃと調理していく〜 黄Tシャツがお店に合ってるな。

 

 

 

 

 

 

20200922090405.jpg

鈴木さんはオススメの冷製バジルクリーム、スモークサーモン。

これは美味しそうやなぁ。 スマホ撮影なので、写真が残念。

 

 

 

20200922090735.jpg

なんとここのバゲットはグラマーペイン産。まだ卸していたのね。

じつはグラマーは、マリオさんとは長いお付き合い。

 

 

 

20200922090643.jpg

私はこちら、鶏肉と生姜の和風出汁のパスタという、いかにも

MARIOらしいテイストのパスタ。ちょっと冒険で頼んでみたら

これが意外や意外( 失礼・笑 )美味しいよ。

超さっぱりしている〜 大盛りでもするっと食べれて満足。

 

 

 

 

20200922090659.jpg

しかも店長から栗のジェラートサービス!

ゴチになりました。

 

 

 

20200922090512.jpg

1987年開店。 当時、この辺りは飲食店なんてほとんどない。

100m通りを越えると客は来ないよと言われた場所に、毎晩

ウエイティングがかかる。街灯も疎らな暗い通りで、みんな

1時間ぐらいは外で待ってる、待ってたらワインがサービスされる。 

当時の広島で、いつも10人以上ウエイティングのお店なんてそうはない。

それはちょっと不思議な感じがするぐらい、でもMARIOなら

あり得る光景だった。

それはまさしく、かつてないスタイルのイタリアン。

 

ボトルワインが次々と開けられ、

レストランじゃないイタリア料理に客がみな酔いしれる。

その熱気は L.O過ぎてもずっと続いていた。

 

バブルが弾けても おかまいなし、記録的な売り上げを刻みながら

90年を迎えると MARIOは毎年のように出店していく。

そんな伝説の始まり、ターニングポイントになったのが

この 5店舗目、伊酒屋 MARIOなんだよね。

 

 

 

 

開店から 33年。

2007年に20周年を迎え、店舗を全面リニューアルした。

あの夜な夜な盛り上がってた名残りも 感じながら

客も疎らな暗い店内で、

美味しいランチをゆっくり味わった。

 

 

 

 

 

20200912182749.jpg

BOSSA

 

以前から行きたかった、イタリア料理ボッサへ。

なんと佐伯区役所の隣、国道から細い路地裏のような通りに

ひっそりとある、まさに隠れ家的レストラン。

 

facebook.com  italianbossaromante

 

 

20200912183117.jpg

小洒落た前菜の盛り合わせは、しっかりした味付けに。

 

 

 

20200912183159.jpg

何年ぐらいやっているんだろう。入り口にキッチンとカウンター席があり

この後女性客で 10名ほどランチに。

 

 

 

20200912183143.jpg

 

 

 

20200912183219.jpg

ランチはリーズナブルだけど、料理は丁寧にやってるのがわかる。

ゆっくりされているお客が多い。

 

 

 

 

 

20200912183250.jpg

パスタが美味しかった。アサリとムール貝、ズッキーニのアーリオ。

爽やかな味わい、リングイネがいい感じに。

 

 

20200912183234.jpg

 

 

 

 

 

 

20200912183307.jpg

なんとメインが出てステーキ! 案内してくれたお客様が、特別に

シェフに無理言ってコースに入れてもらったらしい。ありがたい〜 

もちろん美味しい…

 

 

 

 

20200912183322.jpg

ご馳走様でした。あのカリー食堂キュリのすぐ近所、こんな場所に

すごい老舗が 2軒も。シェフも趣のある、いいお店だった。

夜は予約のみ受け付けているとか、これはぜひ また行きたい。