278A0281.jpg

S t e l l a r e


先月の山人での再会から、意気投合して今度は 3人で ステラーレへ。
余裕かましてちょいと早めに行けば、もう山平大将がお待ちかね. 笑
絵になる人だなぁ。

speranza-italia.com


278A0282.jpg
この窓の意匠がとても好みだ。透明なら 目の前は川が見えるのに
川辺の緑と風、ゆっくり黄昏てゆく 光を感じる。



278A0288.jpg
自転車でやってきた山平さんだけ、ソムリエマダムの
ワインおすすめコースにて Saluti  乾杯!




278A0289.jpg



278A0292.jpg
スイカのスープと水牛モッツァレラチーズ。甘いだけじゃない、
強いスイカの香りが印象的、しかも濃厚な。




278A0315.jpg
お料理ごとに セレクトされたワインが次々と出てくる。これはいいね。



278A0294.jpg
出ました! 鮎です。胡瓜とズッキーニのソース? ピューレかな。
それも初めての味わいで、青臭さとフルーティ、スッキリと苦味、
相反するものが口内で引き立て合う。以前から鮎を使うのは
石本シェフのオハコだね。

味わいながら 先日の山人の鮎を思い出していた。


278A0296.jpg




278A0299.jpg
前回、感動をつなげた自家製のパン。1番バッターはやはりブリオッシュ。





278A0303.jpg
本ミル貝とヤングコーン、これも出てきてペロッと食べちゃったから
ミルの食感と味わいは覚えているけど。あとは思い出せない。
やっぱり 40日遅れで blogなんて載せるもんじゃないね。
失礼しました。


278A0301.jpg



278A0307.jpg
旨そうでしょ。美味しいのよ。



IMG_3878.jpg
いいラベル、ベルデッキオも懐かしい響きだ。





278A0309.jpg
本穴子とフルーツトマト、茄子に バルサミコだったかな。
穴子の天ぷらが 繊細なイタリアンフリッタに。
衣の食感も絶妙ですね。



278A0313.jpg
前回、撮れてなかったチーズのパン。この形、かわいいでしょ。



IMG_3888.jpg
ソムリエマダムのとても丁寧なワイン解説と、
ちょっと酔ってきた、うれしそうな山平さん。笑



IMG_3879.jpg







278A0317.jpg
金目鯛と海老、サルモリーリオで。見た目以上、金目の皮が
香ばしく甘〜い! 絶妙な火入れ。


IMG_3892.jpg
すかさず石本シェフ自ら、温かいソースをかけてくれる。
やさしい味わいの繊細なアメリケーヌというべきか。
でもソースが残るから、パンをキープしておくべきだった。





278A0321.jpg
出た! NONだね。オサレなオルタナティブドリンク。
やっぱデザインもいいなぁ。








278A0327.jpg
メインのお肉はロゼール産乳飲み仔羊、無花果と。
またシェフ自ら赴き、大きなトリュフを優しく降らします。



278A0324.jpg
もうこれ、なんていうか... 乳飲み子羊って人生で 2度目か。
お肉がとても甘く、ほんとミルクのような甘味で。以前、カドーレで
出来立てのモッツァレラチーズを食べた時の風味と食感を
なぜか思い出した。


IMG_3897.jpg
パンも無花果、いい顔してる。これまた好み。








278A0329.jpg
パスタは青森産ポルチーニ茸に 36ヶ月パルミジャーノ。
国産のポルチーニって初めて、3年熟成のパルミもだけど
このパスタ、麺がまたいいね。すごい懐かしいの、この噛んだ時の
感触と味わいが最高。



278A0332.jpg
これは もう一皿、食べたかったなぁ。笑

なんとなくだけど、今回のメニューは前回と比べて、ベーシックな
イタリアンに寄せている感じがした。和食の山平さんいたから?
でもないか。2度食して思うのは、ステラーレは
「 和 」とも「 伊 」ともつかない、趣と味わいが愉しめる CASA。

石本シェフらしさが、この10年でいったん成熟した食卓、
広島の新しい リストランテだと思う。





278A0338.jpg
ドルチェのジェラートはエルダーフラワー、カモミールの効いた
エキゾチックな味わい。 あ〜 終わった。



IMG_3906.jpg
そして山平さん〆の一杯、グラッパはなんとベルタの SAKURA。
この木箱に入ったいかにも高そうなボトル、何故にイタリアで桜?
実は京都の有名なバーテンダーとのコラボらしい。
なんでも限定300本だとか、よく入手したね。
これはひと口でいいから味わってみたかったなぁ。





IMG_3908.jpg
このお二人と食事できるのは、とても楽しくて癒される一時であり
私にはほんとに贅沢な、食の学びの時間になる。

この日も料理に全力投球、石本シェフとマダムに

Grazie ! 


278A0272.jpg
FINE DAY


いつも気の利く ベランダカフェの K先生から、美味しいお裾分けが。
いつもの先生一押し、スウィンギングバードキッチンの姉妹店、

「ファインデイ」のドーナッツですね!
これはうれしい〜 しかも 3つも。

swingingbird.thebase.in
instagram.com/fineday_hiroshima/


278A0276.jpg
ファインデイも開店から2年!相変わらずずっと人気なんだよね。
申し訳ないので なかなか行けてないけど、それでもこうして頂いて
食べれてるから、幸せだよ. 笑
このキャラメルナッツ(右)とシナモンロールもさすがの
SHIZUKAさん!   でもでも〜


278A0274.jpg
やっぱり! ドーナッツといえば グレーズドですよ、もちろん。
スタバへ行くと昔から ついついシュガードーナツを買ってしまう。
アイシングはもうちょいと少なめが好みだけど、
とにかく生地が美味しいのよ。

この手のドーナツといえば 子供の頃、好きだったナガイのパン
(フジパン)の
シュガードーナツ? たしか50円だった。
ビンボーだったからめったに買えなかったけど、白いグレーズが
べっとりかかっていて、
それは子供ながらにもかなり甘く感じてた。
なのでおの甘〜い部分だけ先に剥がして食べてから、
ドーナツの生地を
噛みしめるように食べるのが、ちょっとした
贅沢だった。


島の小さな雑貨屋(自宅件お店のさんの奥にあるガラスの戸棚に
週一ぐらいでいくつかの菓子パンが入荷してたけど、
商品が残り少ないときはよく見ないと、古くて
カビが生えてたりする. 笑



IMG_3769.jpg
打ち合わせに行こうと事務所を出たら、信号に引っかかる。
目の前にはよく見かける ロゴマークの保冷車が。

hiroshima-mycook.jp
instagram.com/mycookmy/


IMG_3770.jpg
老舗のお弁当配達「 マイコック 」さんだ。
もうかれこれ 20年前の某経営セミナーにて、当時の松井社長から
声をかけていただき、会社のロゴデザインとこの配送車デザインを
提案させてもらった。この配送車のロゴレイアウトも
当時決めたルールをちゃんと守っている。

マイコックには高齢者向けの弁当を配送するサービスがあるけど、
これは当時、松井社長が始めた新事業だった。
高齢者一人ひとりの健康や病気に合わせて、栄養士指導のもと
弁当を作り配送するという。
その新事業のためにも、経営理念をロゴマークに反映したい。
ディスカッションして出てきたテーマを、すべて盛り込んで提案。
ロゴマークが表現するテーマとして

●マイコックは食材の中でも、特に野菜にこだわっている。
 弁当箱を開ければそこが畑になっている。
 新事業の種をまく = 芽が出る。
 
●経営理念 = 愛こそはすべて LOVE IS ALL.
 マークにハートを入れる  

当時もたしか 8案ほど制作して、この2つのコンセプトを表現した
ロゴマークに決まった。

ちなみにこの「マイコック」カタカナの社名タイポグラフィは
創業時から使っていたもので、とうぜん Aiデータもない。
そこでデータ化するにあたり、ちょっと現代風に(もう20年前. 笑)
こちらでアレンジしたもの。もちろん新しいタイプの書体でも提案した。
けど 私もなんとなくだけど、このタイポは再利用したいなと
思っていたので。おそらく70〜80年代の、それなりに腕の先輩方が
描き起こしたものだと思う。



あれから広島の至るところで、この車を見る度に
松井社長のことを思い出す。

「ネクタイをして経営者として勉強するよりも
 弁当のおかずを作ってる時が、一番幸せなんよ。」

毎日、一回一回、愛を込めて作らないと
美味しくはならないんだよと言っていた。

今はもう会長職に退かれたと聞いたけど、このマークも
いつかは変わり、新しい社長が背負って立つ
新しいマイコックになるだろう。
my-cock.png
愛こそは すべて。



IMG_3428.jpg
ogni modo


7月に入ってもまだまだ仕事も落ち着かない。でもまぁ打ち合わせして
ちょっとランチでも行こうかね?となることも。
近所で同じ店に行く確率が高いけど、ちょっとずいぶん久しぶりに
十日市の懐かしいイタリア料理「 オンニモード 」へ。

検索してみたらこれ詳しく載っていて、しかもおもしろいなぁ〜
「 君はまだ十日市を知らない 」

instagram.com/fumio.tanaka.ogni/


IMG_3424.jpg
定番のパスタランチにしてみた。このサラダが出て、


IMG_3426.jpg
前菜も出るのね。丁寧に調理されてるし、ちょっと
なつかしい味わいがする。これは期待できる。


IMG_3427.jpg
パンもかわいいサイズだけど、美味しい。



IMG_3429.jpg
やっぱりパスタもキチッとされている、女性ターゲットだろうけど
品のある美味しさ。あ〜 でもスマホ写真なのでほんと申し訳ない。

このシェフはどこで修行されてたんだろ?


IMG_3433.jpg
そしてデザートまで。ごちそうさまです! これ店によっては
もう+500円はするランチですよ。いろいろ良く考えられてるなぁ。

ここは昔、老舗の居酒屋だった店舗で 窓がないから暗いのよね。
おそらく居抜きでやってるから、ちょっと店内も居酒屋感が否めないけど
そのギャップをちゃんと活かして埋めて、運営されている。

なのでとうぜん、昼から女性客で満席になった。






IMG_3503.jpg

GOLDEN GARDEN

in Hiroshima WORLD BEER  Pub & Kitchen


またある日、わが故郷のお客様からとつぜんの呼び出し。
3年に一度ぐらいあるのよね この客、仕事にはならないけど. 笑
来いと言われたお店はなんとここ!

instagram.com/goldengarden_beer/
facebook.com/goldengarden/


IMG_3505.jpg
このイワシ?アジ? 魚の重ね焼きがなつかしいテイスト、旨かったね。



IMG_3508.jpg
さて次の店に移動〜なんとここで、ずっと会いたかった男に遭遇!
デザイナーの沖石さんだ。すごいなぁこれは、引き寄せの法則だね。
くつろいでるところおじゃましてすみません〜
では次は Area ku-ga で再会しましょう!

hiroshima-artscene.com/
facebook.com/y.okiishi/about






IMG_3516.jpg

BOCCA ROSSO


さて移動〜 連れて行かれたのがこれまたいつもの「ボッカロッソ」笑
まぁ MARIOでも夜しかやってない、とにかくお手軽なのよ〜


IMG_3515.jpg
定番ながらこのトリッパも 美味しかったなぁ。安いし。



IMG_3518.jpg
ボッカといえば とうぜん居ました、
恵美( えみ・いかついけどかわいい苗字. 笑 )シェフです。
10年越しに帰ってきた 90年代の MARIOヤローで
袋町のマリオエスプレッソが生まれた頃の、30年前の味わいを
再現できるんです。




IMG_3520.jpg
その恵美さんらしい、MARIOベタ中のベタパスタが このイカ墨!
安定感バツグンですね、明日のトイレを気にしながら. 笑


Grazie!!



278A0112.jpg
JAM cafe 


三原のジャムカフェさん、店舗をリニューアルしたのはもう 12年前。
そして雑貨 & カフェから、カフェオンリーになったのが 5年前。
この度コロナ禍でいろいろあって、なんだかんだで思い切って
2度目の全面改装リニューアルへ。

jamnezumi.blog.fc2.com/blog
blog.2017/7


IMG_3448.jpg
外装は壁面の色をブルーに、なんかMARIO DESSERTの並木店みたい。
テントもちょっと破れてたりするけど、予算オーバーで
これはまた来年以降に。



IMG_8225.jpeg

Before

今までの店内は意外と広く、でも壁の半分近くがガラス面で 外からは
丸見え、カフェとしては 14席あるけど、座っていても
ちょっと落ち着かないかも。


IMG_3249.jpg
今回のリニューアルで、まず一番の目的はキッチンの位置を変えて、
厨房機器を新調すること。それに伴いカウンターと壁を2ヶ所立ち上げて
店内を 4ブロックに分ける。
でも内装工事はオーナーの親戚業者がするので、私は店舗施工の
アドバイスとレイアウト、コーディネイトまで。



jam2022-7.jpg
とはいえ予算はとても厳しいので、床の補修塗装はオーナーさんと
二人で仕上げました。写真は同じ三原のサカナザの Tシャツを着て

作業する私。見ての通り暑苦しいヤツ. 笑

この床は 12年前に、ウッドプロの中本社長が自ら 施工したもので
杉の足場板の表層 5㎜だけスライスした薄い板で、当時まだ
プロトタイプの商品を格安で提供してくれたもの。
一見フローリングのように見えるけど、よくあるフロアタイルの上に
5㎜厚の足場板を、カーペット用の両面テープで貼り付けている。

でも杉だから 5年保つかなぁ、ちょっと不安だったけど...


IMG_3207.jpg

After

いい感じに仕上がりましたよ! 足場板もぜんぜん大丈夫だった。
もっと割れや ささくれがあるかなと思いきやである。



IMG_3204.jpg
オイルフィニッシュにしているので、3年ごとぐらいにまた
上塗りすれば、あと 10年は充分 いけそうだね。



278A0119.jpg
窓側の席は依然と同じテーブルで、でも奥の 2席は外に向いていて
お互い干渉しない空間に。



IMG_3219.jpg
この写真の奥にあった狭いキッチンは、お店のセンターまで出して
広くなった。この新しいカウンター越しに調理しながら、
客席を見渡せることがとても大切。




IMG_3209.jpg
写真の奥のスクエアスペースは、今までどおり 洋裁や手芸品を
作るための工房になっている。


IMG_3467.jpg
スクエアスペースのさらに奥には、ちょっと隠し部屋のような
プライベート席を配置した。ここは私もかなりこだわっていたので
このタイトな空間を施工してもらうまで、いろいろ障害を超えたなぁ。
実際、オープン日にお客様が座ってるのを観て納得。
これで正解でした。



IMG_3218.jpg
ファサードの入り口も課題だった。この古い大きなガラスドア、
道路から店内が丸見え、店内からも外を歩く人と目が合うし
良くなかった。ドアを変えるには高くつくし、遮光して店内を
見えなくするだけでは、閉鎖的で暗くなる。
そこでドアを開けた左右に、パーティションとしての壁を建てて
客席が見えないようにした。

こんな壁と店内の 1/3がカウンターで仕切られたのに、
客席数は以前と変わらず、しかも落ち着いてカフェできる。
想定以上のリニューアル成果だと思う。





IMG_3470.jpg



IMG_3451.jpg
もちろんメニューも一新。若干の値上げもこのご時世だから
やむを得ない。





278A0115.jpg
オープン日だから という訳ではないが、いつもとながらJAMさんの
美味しいランチ。しかもこのリニューアルから新しく、
酵素玄米を提供することに。写真のはまだテストで炊いたものだけど
完璧の仕上がりに! これはうれしいね。

とりあえず週に 2日は酵素玄米が選べるようにするとか。そのための
酵素玄米専用の炊飯器は、なんと「 まめそら 」空田さんから
購入させてもらったもの。まめそらは一旦、閉店しちゃったけど
酵素玄米は三原でも、食べれるようになった。



IMG_3460.jpg
食後の珈琲はもちろんイリガン珈琲。わざわざ広島から毎週持ち帰り
この味わいを三原で守っている。ただイリガンはちょいと高価なので
ノーマルなブレンドコーヒーも選べる。



278A0122.jpg
ここの手作りまるパンとスコーンもかなり個性的. 笑 美味しいけど。






IMG_3473.jpg
今回のリニューアル、コロナ禍でカフェとしての方向転換や
いろんな葛藤もあったらしい。
でもオーナーの JAMさんが、何度と言われてたのが
これからの 10年をリアルにイメージしたということ。

がんばるのは当たり前ですが
でもたのしんで。
今まで通り、そしてこれからも。


278A0108.jpg
7月に入り、k i r i n の沖村さんがよく手伝ってくれて、助かってる。
休日返上で来てるから、ほんとありがたいことだね。



278A0107.jpg
それにしても20代の頃の、人として成長する速度は なんて早く
大切なことだろう。
彼女が穴吹デザイン専門学校の学生だった 7年前からすれば
ほんとにすごい成長ぶりだ。この頃の経験が、その後の人生の
20年分を ほとんど決めるんじゃないかと思っている。



IMG_2845.jpg
同じ穴吹出身でひとつ下の代田さんも週 1、2度ほど、短い時間でも
バイトに来てくれる。同級生の鈴木さんと合わせ、穴吹出 3人で
現在の絵図屋は成り立っている。ありがたいね。





IMG_3189.jpg

touch mach


ありがたいと言えばもう一人、忘れてはいけないこの笑顔。
「タチマチ」の SAKURAさんも、快進撃の活躍ぶり。


instagram.com/a2shistagram36/


IMG_3193.jpg

Kamal Cafe


この日は久しぶりにランチで「 カマルカフェ 」へ。前から気になってた
横川駅裏のインドカレーだけど、カフェなのね。

instagram.com/kamal.cafe
ja-jp.facebook.com/KamalCafe


IMG_3187.jpg
店内は居抜きの店舗ぽくて、ちょっと怪しげだけどメニュー見たら
このノリですね。先程のナンも美味かったし〜



IMG_3198.jpg
なかなかねちこい壁画がいいね。ただテーブルの真ん中に大きな
アクリルスタンドがあるから、向かいの彼女がこんな写真になる。



IMG_3196.jpg
カリーも申し分なし。また来よっと!



IMG_3197.jpg
1年前よりちょっと丸く?なったけど. 笑 とにかく前向きで行動的、
特に仕事において、物事を構築していくスキルが高い。
とてもこの春卒業した新人とは思えないほどね。見た目ちょっと
ヤンキーっぽいけど. 笑

まだまだ タチマチなところだけど、未来が楽しみな人だ。



IMG_3133.jpg
MARIO ESPESSO 


天満屋緑井店が本日をもって閉店する。これで広島の天満屋は

すべて撤退へ。25年間、公私にとても思い出深い 場所なので
最後を見届けに。
marugoto.love/archives/


IMG_2797.jpg
マリオエスプレッソ 緑井店で、天満屋としての 〆のパスタを。
店長のおすすめで、博多の辛子明太子とイカの和風スパゲッティ、大盛りで。
明太子がこれでもかと〜 これは入れ過ぎよ、サービス過剰でしょう. 笑



IMG_3122.jpg
エスプレッソは既存のまま残ることになった。8月の再開店に向けて
このディスプレイコーナーも一新するので、お楽しみに。



IMG_3119.jpg
25年前の開店は、私が関わらせてもらった 飲食店の仕事の中でも
最も成果の出せた、キツくて楽しい仕事だった。
退職して、ここの近所のアパートでバイトを掛け持ちしながら
この仕事を受けて、やる気と不安に溢れていた。若かったねぇ。

ezuyalan.com/room/1997/08/wood-ship.


IMG_3129.jpg
最後の仕事も落ち着いた頃、川邊店長にいったん ごあいさつ。






IMG_3130.jpg
なんていい笑顔するんだ。こいつは何年経っても。

店長とは40年来のお付き合い。私が高卒で横川のアパレル系会社に
就職したときの同期だった。その後、私は 2年ちょっとでクビになり
ケンちゃんは(当時の川邊のあだ名)その後、退職。
偶然再会したのが、なんとサンマリオ庚午店で働いている彼だった。

あれから 33年。この 25年間はずっとこの緑井店の店長として
まさかここまで MARIOで働いてるなんて、本人が一番、
びっくりしてるだろうね。
33年前、あの頃の MARIO に勤めてた者なら、それがどれほど
たいへんで すごいことなのか、言わずもがな。
彼の頭頂部がずいぶん後退しているのは、遺伝ではないと思う。
職場でのストレスが原因だと、私は断言できる。


何はともあれケンちゃん、お疲れ様でした。
またここから、終わりの始まり。
身体は大事にね。



278A10043.jpg
スパゲッティバジリコ 

13日、木彫りパスタもすべて完成し、14日は6時発の新幹線で
いざ新横浜へ。施工用の材料とか忘れ物はないか?  ヒヤヒヤながら. 笑

saint-marc-hd.com/kamakura/brand/bajirico/


IMG_3068.jpg
そのディスプレイ施工から 2週間、 開店前日に最終仕上げと撮影のため

再び新横浜駅へ。写真は開店直前の店舗前、いよいよだなぁ〜




278A10039.jpg
ファサードの左側、レジとテイクアウトコーナーはこんな感じに
プラザ通路からもここがよく見える。




278A0051.jpg
その奥のキッチン入り口には、パスタをテーマにした洋書と
木製のカトラリーをディスプレイ。すべてフリマサイトで集めたもので
ほんとフリマサイトは素晴らしいね。



IMG_3033.jpg
鰻の寝床的な、細長い店舗でセンターにはオープンキッチンとカウンター席。




278A0032.jpg




IMG_3037.jpg
カウンター奥にはテーブルが 4卓、壁のセンターにも木彫りパスタ。



278A0006.jpg
シンプルだけどクールでインパクトあるトレイに、手作り感あり過ぎの
木彫りパスタがギャップ強いなぁ。



IMG_3074.jpg
これが実際のパスタ、ちなみにこれは一押しの「 しょうゆバジリコ 」
オープン記念で半額でしたよ。



IMG_3070.jpg
でもさすがチェーン店グループの開店スタッフ、ほとんどバイト・
パートさんなんだろうけど、仕事ぶりがめちゃいいです。
教育もいいのだろうけど、この開店の賑わいというか熱量、
久しぶりだなぁ。









278A0062.jpg

横濱 元町ドリア


さてバジリコのある 1階から 9階へ、スパゲッティ店よりちょっと
客単価も高い、ドリア専門店へ。
写真は店舗受渡しの最終チェック、ポリディアインク設計デザインの
中住さんが、細部まで徹底的に指示しているところ。
この人は優しいイメージだけど、仕事ぶりがほんと かっこいいなぁ。

saint-marc-hd.com/doria/


IMG_3061.jpg
パリのイメージフォトフレーム 23枚は、このハンガーフックの棚に
レイアウト。中住さんに位置決めしてもらい、ひとつずつ
シリコンで接着して固定する。地震で倒れて、お客様の頭上に
落ちてこないように。



278A0093.jpg
それにしても中住さんのレイアウト感覚、さすがのセンス。



IMG_3056.jpg
客室は L字型になっていて、席数も多い。





278A0071.jpg
ファサードのサンプルケース、下段の寸胴鍋 5個も広島で用意して
送ったもの。これが意外とトラブってしまい、一番大きな鍋 2個が
横浜に配送する日まで届かず、結局持参するハメに。
中国産は納期に余裕のある時のみ、注文しよう。



278A0078.jpg
それにしても美味しそう〜 バジリコのスパゲッティが思いの外
ボリューミーで、ドリアは食べれんかったなぁ。残念ながら。



278A0068.jpg
いよいよ開店、ファサードにも期待感と緊張感でいっぱいに。




IMG_3080.jpg
もう最近はこの LEDパネルスタンドが定番だよね。このぐらいの
グループともなると、社内に広報制作室やデザイナーがいて、こんな
A1サイズの透過用プリントまで、自社ですぐ出せるようになった。
しかもランニングコスト安い。うちの仕事が無くなるわけだ. 笑




IMG_3079.jpg
この隣には横浜老舗の洋食屋さん、そこはすぐ満席になっていた。
店の正面にはちょいと高級ステーキハウス。
それにしてもやっぱり横浜、客層が明かに違う。
品がいいな。


まぁとにかくなんとか 2店同時開店、完納できた。
素晴らしいお仕事を、ありがとう。





278A0017.jpg

スパゲッティバジリコ


何年ぶり? たぶんMARIO DESSERTのフジグラン店以来だから 11年ぶりかな?
木彫りディスプレイの依頼、しかもパスタですよ。なんとこちらも先日の

牛の頭オブジェ製作を頂いた、神戸のポリディアインクより。 

「 メガネの田中 」で お仕事いただいた中住さんとも、4年ぶりの再会。

その時からいつか木彫りの仕事、したいのよねと言ってくれてた。


ezuyalan.com/room/2022
polidea-inc.com


IMG_1700.jpg
とはいえクライアントは大手の外食チェーン店。アツアツの鉄板パスタで、
まずメニューの写真をいただき、それをイラスト化する。
納期もたっぷりあり、この時は 10種ほど作る予定だった。



IMG_2207.jpg
開店まで 1ヶ月を切り、そろそろベースの板をカットでもしようかと
用意していた時に、いきなりメニューがすべて一新されることになり
新しいメニューの写真が届く。
それにディスプレイのコーナーが増えて、15個製作することに。


このタイミングで全変更なんて、やっぱり外食チェーン店だな〜  と
思っていたら、これにはロシアの戦争が大きく影響していて
商品コンセプトを変えるまでに至ったらしい。



IMG_2210.jpg
まぁでもまだ木板を切ってなかったからよかった。イラストを描き直し
いよいよ製作に。開店まで 3週間もない。




IMG_2477.jpg
さてイラストが決まったら、さっそく木板にトレースしてカット。
ジグソーでガンガン切るのも久しぶりに。



IMG_2476.jpg
切ったらカッターで 切り口と角を落としていく。



IMG_2600.jpg
とうぜん時間もないので バイト4名、手伝ってもらい なんとか彫り上げた。



IMG_2489.jpg
そんなある日のバイト彫り師、沖村さん(左)とSAKURAさん。
みんなで手分けしてひたすら彫り続ける。




278A9992.jpg
納品まであと 3日。 間に合うか?






IMG_2594.jpg
同時進行でこんな黒板パネルもペイント。ブラックボードといえば
本骨頂の SAKURAさんの出番ですね。



IMG_2596.jpg
さすがですね、いい感じ!








278A0004.jpg
さて休日返上〜 一気に塗っていく。





278A0007.jpg
水性アクリルと、透明感を出したい部分にはカラーインクで着色。




278A0060.jpg
仕上げにクリアを塗って、食材には艶ありで、下のトレイと鉄板部分には
半ツヤ or 艶消しでリアルに。トレイが 28cmあるから、ほぼ原寸大かな。



278A0029.jpg
こうして並べてみるとインパクトあるでしょ。
久しぶりに木彫りモノ やりきったけど、もうこんな仕事は
こないと思っていた。感慨深いなぁ。








IMG_2492.jpg

横濱元町 ドリア


そうだ これもあった! この横浜お仕事、とてもありがたいんけど
同じ施設内で同日に開店する、ドリア専門店のディスプレイも
お仕事いただいて、ちょっと久々に焦った。
しかも岡山の和牛頭部オブジェも、納品日が被ってさぁたいへん〜
でもありがたいことです、ほんとほんと。

写真はポリディアインク から送られてきた、フランスはパリの
イメージフォトをセピア調に加工してプリントしたもの。
できれば昔、私が撮ったパリの写真を 使いたかったけど
間に合わずで 残念無念〜



IMG_2560.jpg
全部で 23枚、フォトフレームはピカソ画房で買った 4枚を除き、すべて
フリマサイトで探して購入。IKEAの商品も少なくないけど、
意外とクラッシックで程度のいいものが、とても安価に揃えられた。
使えないハズレも一品、あったけどね。650円だったし許してやろう. 笑

さてなんとか間に合ったか? 翌朝横浜へ持参してディスプレイです。




278A9984.jpg
6月に入ってから、以前から見積もり出していた飲食店開店の仕事が、

一気に動き出す。4年前にお仕事いただいた、神戸のポリディアインクより
大手チェーン店の開店、3店舗ほぼ同時オープンのディスプレイ製作。
おかげでこの blogも 2ヶ月遅れで更新中。

ezuyalan.com/room/2022

polidea-inc.com


IMG_2169.jpg

まずは岡山の「グリル蔵敷」ハンバーグや鉄板焼きのお店で、店内に飾る

和牛の頭部オブジェ。ほぼ原寸大の 60㎝角ぐらいある。

本来なら一から自分が作りたかったけど、他の 2店舗がもっとタイトな

スケジュールになったので、旧友のモデラーさんに無理やり頼み込み

ベースは外注させてもらった。

製作の仕方も相談にのってもらい、壁にかけるので軽く作るため

アルミの針金で骨組みを組むことに。





IMG_2285.jpg
その上からアルミホイルで肉付けしていく。




IMG_2371.jpg
その上から和紙を貼り付けて、柔らかいフォルムに。




IMG_2440.jpg
いい感んじだ。大きさがわかると思うけど、インパクトすごいな。

ここまで作って頂き、ここから仕上げに。







IMG_2529.jpg
さて事務所にて。メルカリで購入した英字新聞を、コラージュしながら貼る。
あったなぁ〜こうゆうの、70年代風? 昔( 30年以上前 )はこんな英字新聞、

入手するのもほんと大変だったけど、フリマサイトで300円だからね〜

すぐ届くし、すごい世の中になったもんだよ。




IMG_2551.jpg
ここまでできたら、ポリディアインクへメールして仕上げの相談に。



278A9983.jpg
こんないたずら心も忘れずにアピール. 笑




IMG_2547.jpg





IMG_2555.jpg
ちょっとインパクトが強過ぎるとのことで、薄く透ける程度に白をのせてみる。





IMG_2557.jpg
う〜ん? ちょっとどうでしょう。
いろいろ試してから、仕上がりはこちらにて。

難しいな、現場も見れてないし。