20211204182103.jpg

2e  deuxieme

 

長年 とてもお世話になってるお店の記念日に、花を贈ろう。

思いつきで行動するので、いつものドゥジエムに電話して. 笑

 

instagram.com/2e_fleur

 

 

20211204182125.jpg

なかなか相手のイメージ通り、ダインミックな仕上がりに。

 

 

 

20211204182208.jpg

20年以上経っても、この飄々とした感じは昔のまんまね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20211204182226.jpg

 

 

 

 

20211204182146.jpg

なっちゃんもオーナーに似てる、もともと無口で飄々としてる. 笑

 

 

 

20211204182050.jpg

花はもらっても、なんとも感じないけど

相手が女性なら、渡す方は楽しみでしかない。しかも年齢に関係なく

どんな表情されるか、渡す方もちょっと緊張するし。

 

 

 

20211218124811.jpg

ヲルガン座

 

さて話は続き リーヴァでは長居できないので、ヲルガン座でお茶を。

実はこのオルガン座が、お話できるきっかけになっていたので。

 

organ-za.com

 

20211218124858.jpg

Wine

U l u r u

ヲルガン座でせっかくイズミちゃんと話せたのに、写真も撮ってない。

それにまだ話し足りないから、これまた久しぶりのウルルへ。

ヲルガン座から歩いていけるし。

 

instagram.com  wine_uluru

facebook.com/profile.php

 

20211218124955.jpg

ウルルのHIRO。相変わらずのこの笑顔〜 先ほどのヲルガン座も

このウルルも、ある意味広島でも日本でも、そうはできないことを

続けている、希な店だと言える。そして信者のように常連さんたちに

愛され支えられている。

 

 

20211218124935.jpg

座ったカウンターの端、目の前に置かれてる食材が

まるでセザンヌの静物画のようだ。

 

 

 

 

20211218124913.jpg

 

 

 

 

 

 

20211218125012.jpg

MULLER OHTANI

 

なんと初めて逢ったばかりなのに、うれしいお土産を頂いた。

ありがたいなぁ。また食事行きましょうね!

 

yasuura-yumekobo.com/

 

20211218125132.jpg

 

 

 

 

 

20211218123958.jpg

pizza Riva

 

この秋ぐらいからSNSで知り合い、ちょいと会ってみたかった人と

ようやく食事に行けた。若いのにとても食通なので、お店はリクエストで

事務所の近所の リーヴァさんへ。

 

instagram.com/pizzariva_official/

NET STORE  paparivapizzariva.com

 

 

20211218124138.jpg

ピッツァはオーナーにおすすめを聞くと、私の好みをバシッとついてくる。

久しぶりのこの 1枚から、このタイプの王道ピッツァをちゃんと出せるお店、

広島では少ない。生地もリーヴァらしい風味で美味しい!

 

 

 

20211218124159.jpg

2枚目は逆にチーズがこれでもかとたっぷり!  甘くて濃厚な味わいに。

 

 

 

20211218124214.jpg

さて積もる話で止まらない〜 いろいろと質問攻めにしてしまった. 笑

一方的だけど偶然にも共通することが多くて、改めてびっくりした。

でも偶然はなく、けっきょくは必然なんだろう、出逢いは。

 

ほんと、懐かしかった。

 

20211218124239.jpg

美味しかった〜 ごちそうさまでした!

 

grazie!!

 

 

20211218124423.jpg

二枚目の大岡オーナー、先代亡き後もしっかりと店を回している。

後ろの彼を紹介されたけど、なんとあのドゥジエム 山村くんの息子さん。

ここでバイトしていると聞いてたけど、いきなり大きくなったなぁ。

 

 

 

 

20211225115318.jpg

このカードは年賀用に撮影して、デザイン・印刷させてもらったもの。

生まれて間もないころ お店で背負われてたのが、夢のように蘇る。

 

 

 

20211218124443.jpg

先代のリーヴァマダムもご健在で、未だ現場でサービスされていた。

おまけに美味しいみかんまで お土産に頂いて、なんてありがたいこと…

 

 

 

20211218124503.jpg

人柄もいいし、愛想も良い。お父さんは若いころからすごい無愛想で

笑わない人だったけど. 笑 でもひたすら努力する人だったから、

がんばりよ。

 

 

 

 

20220120193953.jpg

RIGOLO DESSERT

 

可部のケーキ屋さん、リゴロデセールは開店からもう 13年。

もともとイタリアンレストランだった店舗を居抜きで開店させた。

(居抜き店舗とは)飲食店や美容院など、水廻りのある店舗は

10年もすればあちこちガタが出てきて、補修やリニューアルなど

することになる。リゴロさんもそんな前店舗からの痛みが多く出て

ちょっとヤバいことに。

しかもコロナ禍でカフェスペースの問題などもあって

オーナーと昨年末から検討重ね、まずは店舗のファサードと外回りを

リニューアルすることになった。

 

rigolo2008.com/

instagram.com/rigolodessert1

 

 

20220121104834.jpg

一昨年の夏。写真だと一見いい感じだが、屋根の看板も左のバナーも

色飛びがひどく、まぁ IJプリントキャストで 10年にしてはもってる方か。

オーナーがとても困ってたのはこのグリーン。緑が多くて雰囲気いいけど

木が大きくなりすぎて、管理ができない状態に。

庭に木を植えることはいいことだけど、家相では建物の横に樹木があり

それが大きくなりすぎると、逆に家から氣を奪うらしい。

特に商売にはマイナスだ。

 

 

20220121105034.jpg

なのでまずは何年かぶりに?ガーディナーに入ってもらい、

樹木をバッサリ剪定してもらう。とてもスッキリして、

ボロ看板がよく見えるようになった。笑

 

 

 

20220121104609.jpg

そしてこの夏、まず看板とバナー、入り口のテントを新調した。

看板の書体を支えてる白いフレームは、もちろん以前の看板フレームを

再利用している。なのでちょっと間抜けなレイアウトになってるけど

道路から見える高さまで上げたのと、じつはこれ、屋根の上に

ひどい施工法で 重い鉄骨を固定しているため、外して撤去するだけでも

費用がとんでもなくかかる。なので苦肉の策なのよ。

 

それにしても伐採して 10ヵ月、

もう右のトネリコの木が復活してるのよね。やばい〜

 

 

 

 

20220122143647.jpg

そしてこの11月、ファサードのドアと窓の鉄サッシ、軒とダクトも塗り替えて

やっと終わった〜 お疲れさまでした!

 

 

 

 

 

 

20220120194119.jpg

まず看板は夏にエイジングペイントした、鉄板風チャンネル文字で。

 

 

 

20220120194134.jpg

予算がなかったとはいえ、結果オーライ!鉄じゃないから軽いし

一生錆びない. 笑

 

 

 

20220121104939.jpg

じつはファサードをリニューアルする、一番の目的はこのスペース。

コロナ禍でカフェスペースが制限されてしまい、人気のパフェや

凄ワザのアンポルテがお客様が来るのに、食べるところがない。

そこでこのガーデンの無駄な空間にテーブルを置いて、

季節のいいときには 外でもカフェできるようにしたい。

それとコロナ禍での助成金も使えそうなので、

申請と合わせて施工することに。

 

 

 

 

20220121104657.jpg

室外機などを隠すためにフェンスを組んで、床をフラットにした。

ここにテントを張ってテーブルを置きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220120194216.jpg

そんな残暑の厳しい店休日、

 

 

 

20220120194200.jpg

リゴロの安田オーナーも、自ら初めてペンキ塗り〜 

ケーキのナペやってるからか、さすが飲込みが早い。

新しいテントに合わせてドアをグレーにするために、左官の友達と 3人で、

ちょっとでも節約 DIY!

 

 

 

20220120194313.jpg

渋い仕上がり〜 濃いめのチャコールグレーにして正解。

 

 

 

20220120194250.jpg

最後は軒のブルーラインだな。これが厄介だ。

 

 

 

 

20220120194336.jpg

天候と店休日とタイミングが合わず、ようやく 11月に決行。

 

 

 

20220120194355.jpg

親友の左官職人、会長さん。高校の同級生で、左官と大工仕事から

なんでも器用にこなせる、頼れる男です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220122143706.jpg

これで完成! 青いMARIO風だったファサードはとてもシックに

生まれ変わった。

 

 

 

20220120194045.jpg

ガーデン用の軽くてビビットなカラーの テーブルセットと パラソル買って

なんとか 6席は確保。さてさてお客さまは 座っていただけるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

20220120194417.jpg

さて来年? 再来年は店内もリニューアルだな。

その前にトイレ、治してほしい. 笑

 

 

 

 

20211204181225.jpg

Pizzeria MARUBUN 

ASODA

 

いつもの「たかのこ」で一泊して、翌朝はマルブンで打ち合わせ。

久しぶりのピッツェリアマルブン 朝生田店へ。

でもまずはランチをいただいてと。

 

marubun8.com/

 

 

20211204181304.jpg

なかなかマルブン らしい、肉肉しいピッツァが出て〜

 

 

 

 

20211204181329.jpg

パスタはアマトリチャーナ、相変わらずこってりと重めです。

 

 

 

 

20211204181412.jpg

2枚目のピッツアはなんと!贅沢に鯛一郎クンを使ってた。

鯛の皮がよく焼けていて美味しい。

 

taichiro-kun.stores.jp/

 

 

20211204181433.jpg

メインは大きな肉の塊がトマトソースで、角煮みたいなトロットロの。

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

20211204181242.jpg

さて食事しながらマーサン(眞鍋社長)に、また新しいお客様を紹介頂いた。

私が絵図屋として事務所開いてから、彼は

「オレは絵図屋の愛媛営業部長や!」と言って、多くのお客様を

紹介してくれた。おそらくこの20年で、何十社になるだろうか。

それは直接じゃなくても、元を辿ればマーサンがルーツということが

ほとんどだったりで。今あるクライアントの 6割は彼と繋がるだろう。

 

マーサンは人と人を結ぶ、天才だと思う。

私だけじゃない、この恩恵を受けている経営者や人たちが

日創研繫がりだけでも、全国に何百人といるはず。

 

ほんとありがたい。

 

 

 

 

 

 

20211113153825.jpg

Locanda del cuore

 

もう20年来、愛媛松山には幾度と出張してるけど

この「 ロカンダ デル クオーレ 」という店名を、何度か耳にしていて

それが今年、あのポリポのツンデレシェフが珍しく来店して

SNSでベタ褒めしてたのを見て、これはもう行くしかないね。

 

ちょうど出張で前泊することになったんで、予約してみた。

行ってみると松山とはいえ、いつもの鷹の子からさらに奥地へと

けっこうな郊外で、イタリア人が来日して描いたという壁画が目印。

夜の松山に、なかなかの違和感で素晴らしい。

 

locandadelcuore.com

facebook.com locandadelcuore

 

 

20211113153841.jpg

ファサードもアットホームな雰囲気もあり、あたたかい。

 

 

 

20211113151927.jpg

扉開けてすぐ右手には、イタリアから取り寄せたチーズやハム、

サラミなどがこれでもかと。どれも見たことない ものばかり!

 

 

20211113152050.jpg

そして店内へ。ガランとしていて、でもあたたかい納屋のような空間。

 

 

 

 

20211113151906.jpg

キッチンの壁にあった窓を塞ぐために、寄せ木をはめ込み

イタリア地図をペイントしてある。

オーナーはちょっとイカツイけど、繊細なオサレさん. 笑

 

 

 

20211113151848.jpg

以前イタリア人アーティストが滞在して、描いてもらったという壁画。

オーナーはイタリアに長く暮らしていたらしく、ずっと交流も盛んだとか。

 

 

 

 

 

 

 

20211113152148.jpg

 

 

 

20211113152828.jpg

使ってるパスタがきれいにセンスよく、ディスプレイになっている。

多分この麺も売ってくれるんじゃないかな。

 

 

 

20211113152850.jpg

これ、かわいいなぁ…

 

 

 

20211113152916.jpg

壁の落書きもとてもいい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20211113152935.jpg

コロナ禍でこの10月から一日限定 2組まで、予約のみにしているらしい。

この夜は私たちが1組目で、帰るまで他の客は来なかったけど、

この11月はもう予約でいっぱいだって。狭い店内壁画の下の

一番いい席に座らせてもらった。

 

 

 

20211113152957.jpg

こだわりのパンと骨太のグリッシーニ。

 

 

20211113153053.jpg

前菜はアンティパスト盛り合わせに、サラミとハムをつけていただいた。

 

 

20211113153028.jpg

とにかくオリーブオイルが多彩というか、何種類あるんだろ?って

料理ごとに何本か用意して、選んだらシェフ自らかけてくれる。

テーブルにも最初から 4本、置いてあるし。

 

 

 

 

 

20211113153113.jpg

まずこの単なるアンティパストに驚かされる。シェフが淡々と

説明してくれるけど、自家製のものと契約しているイタリア野菜は

とにかくこだわりがハンパない。どれも広島でも

食べたことあるようで、なんか違う。

どれも素材の味が濃いし美味しい。

 

 

 

 

20211113153145.jpg

ホテルからタクシーで来たので、久しぶりにしっかりと

ワインを味わった。

 

 

 

20211113153923.jpg

最初のパスタはシェフのおすすめを、麺も入ったばかりの

極太の珍しいものだった。

 

 

 

20211113153201.jpg

アル・ポモドーロ 生トマトとオリーブオイルだけの、素パスタのレシピ。

ポモドーロもすぐ近所の農家で栽培しているらしい。このポモドーロだけの

パスタって人生で 2度目だけど、これは間違いなしに美味しい。

太麺の食感、アルデンテもギリギリだった. 笑

 

 

 

20211113153415.jpg

この写真で見るよりボリュームは十分。

これは感動するよ、素材感が口内にガツンとくる。

 

なるほど、評価の高いリンクも多い訳だ。

 

 

 

 

 

 

 

20211113153433.jpg

2皿目のパスタの前に、お口直しのチーズ?ではありませんね。

チープすぎる国旗がかわいい。

 

 

20211113153453.jpg

出ましたカチョ・エ・ペぺです、しかもリガトーニ!

 

 

 

 

20211113153509.jpg

シェフが先ほどのチーズをこれでもかとかける、かける。

 

 

 

20211113153524.jpg

これも美味しかったなぁ。ボッテガ29のとは また違って素材感というか

チーズよりもパスタの風味と食感が強い。

 

 

 

20211113153554.jpg

でもガッツリ削ってんですけど!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20211113153610.jpg

メインも食べたかったけど、相棒さんのお腹がすでにギブアップ!

マジか〜 残念だけどデザートに。ごちそうさまでした。

サフランのリゾット、トリッパと豆の煮込みも食べたかったなぁ 。

すべてが素晴らしいイタリアンだった。

 

 

 

 

20211113153628.jpg

これはすぐリベンジしたいなと予約しようかと思ったら、すでに今月〜

12月ももう 埋まりつつあると。なので来年は早々に行きたいね。

 

 

 

20211113153755.jpg

 

 

 

そうだ、タイトルの「 本物とは。」

 

このロカンダさんが食材にこだわり過ぎるぐらい こだわり

毎年イタリアで過ごして、その秀逸なレシピで調理するから

本物のイタリアンだ! と いう訳ではない。

よく食通の人や、向こうで住んでいた日本人が

「 ほんとのイタリアンはこうじゃないのよね〜」って

語ったりする。どうでしょ? 

本物が食べたいなら、イタリアに行くしかないのでは。

どんなに食材を取り寄せ、それをイタリア人シェフが調理しても

100%の本物だと言えないんじゃないかな。

 

以前、東京でお店を開いているイタリア人シェフが

日本で調理するなら、日本人の口に合うイタリア料理を作りたいと

言ってたけど、この日のお料理はまさにそんな

イタリアンだと思った。

 

 

 

grazie!!!

 

 

 

 

20211113151555.jpg

THE BREAD MART

Cadona

 

ちょっと用事でカドナさんまで、自宅からは近いんだけど。で

これは持ち帰ったサンドを翌日、事務所で 食べる前にパチッとな。

パテとカンパーニュがバッチリです〜

 

 

20211113151628.jpg

贅沢なモーニングになったわ。

 

 

20211112201630.jpg

いつもの佇まい〜 もう10年ぐらいかな。

iPhone写真でもいい感じだね。

 

 

 

20211112201531.jpg

この日は珍しく 5種 GET。カドナも今は ほとんど予約で完売。

 

 

20211112201705.jpg

オイルサーディンとドライトマト、チーズで美味しい!

 

 

20211112201612.jpg

このフォカッチャサンドは予約のお客様用。

 

 

20211112201548.jpg

これ あんぱんですよ、しかもブリオッシュ生地!旨い!

 

 

 

 

 

 

 

 

20211112201513.jpg

半年ぶりに中原 BOSSとパン屋あるある雑談。

この日はいつもより饒舌に。

 

 

20211112201454.jpg

コロナ禍やら、この場所に開店したころまで振り返って。

運もあるけどやっぱり先を見据えてたと、自負できるほど

BOSSは広島でも稀少な職人さんだ。

 

 

 

20211113151648.jpg

もうすぐ近所に移転するオープンする「薫製シマヘイ」も楽しみだ。

しかも施工は言わずもがなハンド・ミー・ダウン !

 

shimahei.com

 

 

20211112200837.jpg

と み や 毘沙門総本店

 

昨年から精肉店のお仕事を頂いているので、気になってた毘沙門の

「とみや」へ。ちょうど 1年前の福岡ベンチマークもそのために。

街中でも人気のとみやは、インスマートの系列で

ここは 3年前にパン屋のブールシュクレとして開店してた場所。

でもすぐ閉店してしまい 空き物件になっていて、

通勤で毎日通るから気になってた。

 

in-smart.co.jp/shop/tomiya-bishamon

 

 

20211112200819.jpg

前のパン屋から居抜きで費用をかけずに、肉屋にしちゃてるね. 笑

 

 

 

20211112200739.jpg

意外とお肉のラインナップがおもしろいというか、

個性が立っている。

 

 

 

20211127174542.jpg

お肉の惣菜や加工品は豊富で、肉の秘密基地を思い出した。でも後で

西澤さんに聞いたら、福岡の店は知らなかったらしい。ほんと?

 

 

 

20211127174627.jpg

弁当もさすがに いい感じだ、旨そうね!

 

 

 

20211127174606.jpg

レアステーキサンドが気になったけど、どうなんだろ?

ちょっと勇気いるプライス。

 

 

 

 

20211112200757.jpg

イートインスペースもほとんど前店のままで、でもお客さん見る限り

開店してそれなりに経ってるのに、うまく回してなさそうだ。

駐車場が少なくて、なのにウエイティングがかかってたので

ここでランチするのは あきらめて。

 

 

 

20211112200717.jpg

惣菜をたくさん買ってキャッシャーへ。セルフてっかでタブレットレジ。

インスマート と言えば、奥原さんも元気かなぁ〜

もう 3年は会ってないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

20211112201157.jpg

PaPas MaMas

SPAGHETTI CAFFE

 

なのでランチはすぐ近所にある、なつかしい〜パパスママス へ。

コロナ禍でこの場所で 13時過ぎてるのに、外ではウエイティングです。

検索しても相変わらず SNSも無い. 笑

 

 

20211112200955.jpg

ここももうすぐ 25周年。オーナーが修行していた MARIOでも

もうこのテイストの前菜はないし、この 3種盛りの提供スタイルも

なつかしいほど。

 

 

20211112201114.jpg

そして当然パスタも広島では、伝統的でさえある味わいに。

これでドリンクと一切れのバターバゲッドが付いて 1000円!

30年前のMARIOのスパゲッティが食べたかったら、

迷わずここへ行きなさい. 笑

 

 

 

20211112201133.jpg

スタッフ鈴木さんも初めての旧 MARIO体験。トマトクリームをチョイス!

よろこんでいたけどね。

 

 

 

 

20211112201014.jpg

それにしても壁面のイラストディスプレイはさすがにヤバイ。

施工させてもらって16年、当時のインクジェットプリントは色褪せて

壁に同化してるなぁ。リニューアルしようと言いつつ、

オーナー大手さんは常にマイペース。 変わることを吉としない。

MARIOにいた頃からそうだったなぁ。

 

ezuyalan.com/room/2005/08/papas-mamas.

 

 

20211112201044.jpg

このままずっと変わらないでいてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20211112195750.jpg

TRATTORIA PIZZERIA

p o l i p o

 

先日のボッテガさんに続き、立続けにイタリアンはポリポへ!

前回は春かな、意外と行ってなかったのね。 隣のポリポには

夏に行ってたけど。

この日は久しぶりの、飲食業にもとても強い若手デザイナーさんと。

まずはいつもの前菜盛り合わせ、相変らずちょっと多い. 笑

 

polipo-net.com

 

20211112195712.jpg

お土産で畑のルッコラを抜いて持ってたら、すぐさま生ハムに包んで

出してくる、粋だなぁ。この組み合わせ、バランスもいい。

 

 

 

20211112195811.jpg

パスタはちょっとイレギュラー、スタッフおすすめのこちら。

 

 

20211112195839.jpg

肉団子?と野菜といろんなパスタを、クタクタになるまで

ごった煮にしたような、やさしいマンマの味わいかな。

向こうの賄いっぽい!

 

 

 

20211112200324.jpg

メインは山川シェフおすすめの定番、彼が自ら釣って ここで

熟成させた鯛のアクアパッツァ。

ピッツアは諦めた、これが入らなくなりそうだったので。

 

 

20211112195907.jpg

ポリポのアクアパッツアは、よくあるアサリや海老などの魚介類が

まったく入らない、オリーブオイルと塩、水だけの

シンプルで正統なスタイル。魚の白身本来の旨みと甘味が広がる。

小さなトマトの酸味が、これまた美味しいアクセントになっている。

 

 

 

 

 

 

20211112200131.jpg

デザートもアラゴスタ、ティラミス、ジェラートの 王道 3種で。

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

20211112200219.jpg

広島の宮島口、初めてポリポに連れて行ってもらってから

ちょうど 10年になる。いつ食事に行っても、こちらの期待を

越えてくるナポリの料理たち。

 

 

MARIO が五日市の僻地に、小さな喫茶店を開いて今年で50年。

今、広島にはこんなにも素敵な イタリアンやピッツェリアが

たくさんある。 広島はいいねぇ。

 

 

Grazie!!

 

 

 

 

 

20211112195200.jpg

misuzu:

 

先日のふらんす座での個展の時、注文していたポストカードを

ミスズさんがわざわざ届けに来てくれた。実は彼女の自宅は

絵図屋からとても近い. 笑

彼女はうちのスタッフ鈴木さんの親友だけど、彼女のお母さんとは

その以前からのお知り合い。

 

久しぶりにいろいろと今後のこと、来年に大きな決断をするみたい。

他人が心配しても始まらないけど、何事も経験だね。

応援している。

 

instagram.com star_dust_soup