20220617175819.jpg

久しぶりの大阪へ。仕事ではないけど急に決まってしまい、

まぁ用事が済んだら時間もあるし、べタな観光でもするかな。

天王寺に泊まるので、歩いて行ける通天閣でも観よう。

 

 

 

20220617175917.jpg

これぐらいならもっとバシッと描けるよ。

建物の古さがとてもいいね。

 

 

 

20220617175944.jpg

あべのハルカス、想定してたより軽い感じするなぁ。

高さはすごいのだけど。

 

abenoharukas-300.jp/

 

 

20220617180002.jpg

それに比べて、大阪市立美術館のなんて権威的な佇まい。

スマホで撮っても美しい、素晴らしい建造物だね。

 

osaka-art-museum.jp

 

 

20220617180023.jpg

その向かい右側に、通天閣がひときわ目立つ。

 

 

 

20220617180049.jpg

広い公園、動物園の上を歩いて行けば、

 

 

 

20220617180109.jpg

おなじみの新世界〜 通天閣へ。遠くから見たことはあれど

上に登るのは初めて。

 

tsutenkaku.co.jp

 

 

20220617180131.jpg

なかなかいい眺めだった。ネオンの色彩がさすがの大阪. 笑

 

 

 

20220617180149.jpg

意外と感動したのがこの塔の天井画。復刻したものなんだね。

これがよほどか感動した。

 

 

 

20220617180208.jpg

それに通天閣のすぐ横にこんなレトロな喫茶店があるのが

ちょっとわざとらしいほど、でもたまらないね。

 

 

 

20220617180230.jpg

まぁ夜になるにつれ、ライトアップの色が派手に変わるんですよ。

 

 

 

 

20220617180255.jpg

で、通天閣のすぐそばで、上手な呼び込みお兄さんに

まんまと引っかかり串カツ屋で晩ごはん。

 

お疲れ様でした〜 

よく寝れたわほんま。

 

 

 

 

 

 

 

 

20220617180412.jpg

さて翌朝。広島に帰る前に寄り道してこちらまで。

 

 

 

20220617180708.jpg

万博記念公園 太陽の塔へ。

内部を復元し公開してるのでどうしても観たかったのよ、ずっと。

 

taiyounotou-expo70.jp/

 

 

 

 

20220617180731.jpg

初めてこの塔を肉眼で見たのは、もう32年?は前になる。

東京に向かう車中、道路から一瞬だったけど、その存在感と違和感は

今でもはっきり思い出せるほど。

 

 

 

 

 

20220617180754.jpg

雨も降ってるし、スマホだから写真もイマイチだけど、

 

 

 

20220617180811.jpg

なんて でかいのよ!

それに月並みだけど、なんか生きているようだ。

 

 

 

20220617180829.jpg

その背には「黒い太陽」

近くで見ると顔の部分も、繊細な造形がされていて

存在感が際立つ。

 

 

 

20220617180844.jpg

事前予約しておいたので入館もスムーズに。まずは復元されたという

「 第4の顔 地底の太陽 」ここと内部の 1階フロアのみ撮影 OK!

 

 

 

 

 

20220617181733.jpg

そして通路を抜けると、一気に眼前に拡がる「生命の樹」へ。

とにかくすごい迫力。でもどこかしらなつかしい意匠で、昭和世代には

魂が揺さぶられるというか、ゾクっとしたりクスッとなったりする、なにか。

極彩色なカラーリングとライティングに、会場の BGM?が相待って

月並みだけどこの樹がまるで、うごめいてるような気がした。

 

 

 

 

20220617180938.jpg

 

 

 

 

 

20220617181755.jpg

これを創造した岡本太郎さんの念(想い)が、まだここに残ってる。

この施工を手がけた、当時の多くの職人たち。そしてこれを復元した

現代の人たち。

当時全国から訪れてきて、これを見た何万人もの人たち。

 

太陽の塔の この血のような真っ赤な内部に

多くの人々の様々な想いが、まだここに残留しているんだね。

 

 

 

 

20220617181008.jpg

 

 

 

20220617180952.jpg

アメーバーたちがかわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220617181034.jpg

呪術って…笑 さすがたろーさん、予言してるな。

 

 

 

 

20220510180438.jpg

季節料理 ながせ

 

そろそろ会えるかな?と SNSでオファーしたら、快諾してくれて

お店まで決めてもらった。なんと事務所から歩いて行ける十日市、

和食の「 ながせ 」にて。検索したらなんと、灯台下暗しの人気店!

 

nagase2682.gorp.jp

facebook.com/nagase2013/

 

 

20220510180547.jpg

快食.com   xiaohei

 

昨年末、島根での自転車レースで事故により緊急入院。肋骨 8本と

鎖骨を折って、一般人ならおそらく亡くなってたのにこの笑顔!

シャオヘイさんと、こうしてまた一緒に食事することができて

ほんとよかったです。

こうして会うのもコロナ以前だから 3年ぶり、いやはや

復活されてなにより!

 

kaishoku.com

TVでも完全復活ですね。 imanama-corner/

 
 

20220510181016.jpg

とはいえ美味しい料理を頂きながら聞いた、事故から手術〜入院中の

体験談は凄まじいもので、三途の河を渡る手前だったとか。何度か絶句した。

日頃から鍛えられていたシャオさんだからこそ、復活できたのは

容易に理解できるけど。

広島の食文化のために、まだまだシャオさんの存在が

不可欠だという事です。

 

 

 

 

20220510180605.jpg

 

 

 

20220510180641.jpg

日本酒も豊富! 飲み放題で安くたくさん呑める。

 

 

 

 

 

 

20220510180657.jpg

この値段のコースでこの内容、文句なしの美味しさ。

 

 

 

20220510181046.jpg

最近おもしろいラベルや、特殊なデザインのラベルも少なくない。

個性が際立つね、もちろん美味しければ いいんだけど。

 

 

 

20220510180712.jpg

魚尽くしで満足。全体的に優しい味わいで食べやすい。

 

 

 

20220510180851.jpg

 

 

 

20220510180929.jpg

ここはまたいいお店を紹介いただいた、美味しい! 

ランチも人気らしい〜 また来なくっちゃね。

 

 

 

20220425150241.jpg

木 

林  

Brand Planting Studio

k i r i n  

 

k i r i n(キリン)の永戸くんは、先日の grab 山田くんと同じく

ペンギングラフィックス 出身のデザイナー、2018年に独立して

k i r i nを設立した。

 

kirin1.com

instagram.com/nagato_shuji/

 

 

20220425150257.jpg

k i r i n は 3名、永戸くんをはじめ みなさん穴吹デザイン専門学校卒。

スタッフの沖村さん(左)は、私が穴吹で非常勤講師した時の教え子で

卒業したのはもう、6年前になる。

 

 

 

20220616191559.jpg

この写真は( 撮らしてもらったのに目瞑ってた、ごめん〜 )一昨年の

ローカルクリエイター Tシャツの打ち上げの時、永戸くんから

声をかけてくれた時のもの。このイラストは沖村さんが描いたもので

よく見たらとても根気と執念のいる作業を成し遂げている。

私は学生の頃の沖村さんしか知らないから、これはほんとすごい!

ことでね( 笑. 失礼 )それよりも彼女を雇っていることで挨拶してくれた

永戸くんのデザインに、以前から興味があった。

 

 

 

 

 

20220425150311.jpg

2013年のH-ADC審査会にて、 "H"ADC賞をとった永戸くんの

「 べっぴんうどん おつるさん 」のロゴやデザインが、個人的に

とてもお気に入りだった。実はうどんもジャケ買いして何度か食べてたし

SO@Rモノづくりプロジェクトでもよく見ていた。なによりも

あの審査会にて、個人的には彼がグランプリだと思ったからね。

 

さて前回の山田くん倉田さんと、たまたまペンギン出身のデザイナーと

会ってきたけど( あとMくんという稼ぎまくってる色音がいる. 笑 )

ペンギン組は皆さんとても個性的で、当然デザイナーとしてのセンスや

スキルもめちゃ高い。中でも永戸くんは私より 22歳も下で、

今まで話したこともなかったけど。でもペンギンにいた頃から

そのデザインされたモノには、とてもいい意味での違和感を感じてた。

 

そんなこんなで初めて話す若いデザイナーであり、経営者に

遠慮なくいろんな質問をして、彼も臆さず明確に答えてくれた。

まぁここでその内容まで、詳しく載せる気はないけど

k i r i n という屋号の意味からこれまでの成果、仕事への姿勢まで。

通して印象的だったのは、やはりブランディングとしての

デザイナーの仕事の在り方に、とても注力していることだ。

大きなクライアントや メジャーな仕事もこなす中で、k i r i nが一貫して

続けてきたことは

ブランディングのミッション = お客様の利益を出すということ。

 

若くしてそこにずっとシフトして、デザインしているのがすごい。

私が今の永戸くんと同じ 35の頃は、独立して 2年目で

ちょうど今の事務所を開いた時だった。その頃は毎日、ただこなす

仕事ばかりで、目の前の日銭のことばかり気にしていた. 笑

1年でも事務所が継続できたらそれでいいと思ってた。

この理念の差が、現実だね。

 

 

 

 

職場としての事務所の節目に、面と向かい、ねほりはほり

聞いてよかった。それとやはり、デザインから伝わるものは

人柄なんだね。

その作り手の想いや向き合い方、生き様まで

表現したモノに宿る。

 

 

 

 

 

20220425150328.jpg

さて k i r i n の事務所におじゃまして、いきなりびっくりしたのが

ちょうどこの日、3月 31日をもってこの事務所を撤退して

移転するとのこと。なんとまぁです、このタイミングで行けて

丁寧に応対してくれて、ありがとう。

 

久しぶりに会えた、かわいい沖村さんも

ちゃんと真面目にがんばっているようで、安心した。

 

 

 

 

 

 

 

20220425152051.jpg

BOCCA ROSSO

 

いつもの忘年会メンバーで、急遽食事に。お店もお手軽なイタリア酒場

ボッカロッソへ。ここは MARIOでは唯一の夜だけ営業店、5年前に

元 Chaya MARIOだった店舗に移転してきた。深夜まで営業していて、

お酒も MARIO 1 安いから、多くの往年 MARIOフリークが集まる。

もう死語だけど、ブイブイ言わせてた「 ちょいワルおやじ 」たちね。笑

 

だからか、突出しも大根と厚揚げ豆腐が出てきて、でも味付けは

イタリアンテイストになってる. 笑

 

 

20220425152431.jpg

相変わらずカルパッチョも安くてびっくり。

 

 

 

20220425152400.jpg

定番のアンチョビキャベツは外せない。

 

 

 

20220425152345.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20220425152416.jpg

4ヶ月ぶりの「 西さんを囲む会?」メンバーと。

アイグランの重通さんも、なんだかさらに PUMP UP!している. 笑

悩みたがり、かまってほしい西さんの店舗「きぬや」改装相談に

みんなでアイデアを出し合って、見事にビジョンを構築していく。

この日は西さん以外、みなさん呑んでなかったからね。

さすが 3人集まれば文殊の知恵。

 

kinuya.biz

 

 

 

20220425152508.jpg

牡蠣のあつあつアヒージョ風と、

 

 

20220425152533.jpg

鶏肉のグリルが出て、この他にもメニュー頼んだけど〜

 

 

 

 

 

20220425152549.jpg

なんとTボーンステーキが!しかもこれ、6000円いかない限定の

サービスメニューですよ〜 ボリュームはもちろん!  めちゃ旨かった!

iPhone撮だとこの迫力が伝わらないなぁ。

 

 

 

 

20220425152605.jpg

〆はベタながらイカ墨のパスタで、もうさすがに食べれません〜

ごちそうさまでした!!!

 

 

 

20220425143756.jpg

S t e l l a r e

 

昨年、スペランツァの石本シェフが開業から 10周年を迎え、

そのタイミングでお店の 2階に「ステラーレ」を開店した。

完全予約制のリストランテ、自宅だった 2階を大胆に改装していた。

オープンからずっと話題になっていた、検索しても いい評価しか出てこない。

 

speranza-italia.com

instagram.com/stellare

 

 

20220425145629.jpg

特注の有田焼 Kamachi の器が とても個性的。

kamachi.co.jp

 

 

20220425143813.jpg

ん?なんだこれは〜 SNSでよく見ていたけど、おもしろい。

 

 

 

20220425143827.jpg

ブッラータチーズにキングトマトのジュレ。さっぱりしながらも

味わいは濃いめ。

 

 

 

 

 

 

20220425143942.jpg

大きなホワイトアスパラにサヨリのカルパッチョ、キレイだね。 

もちろん美味しい。

 

 

20220425145829.jpg

これも器がおもしろい。贅沢な雰囲気で食も上がる。

 

 

 

 

 

20220425144012.jpg

この日の相方はソムリエで、ワインにはもちろんうるさい。しかも飲助。

なので 10年経っても変わらない、かわいいソムリエの美人マダムが、

その料理にベストなボトルを出してくれる。

しかもこのお二人は、ソムリエ試験会場で知り合った仲よしだから。

縁とは不思議だね。

 

 

 

20220425143958.jpg

こうゆう言い方したら誤解をされそうだけど、パンが凄かった。

料理はもちろん想定以上だったし、こちらの期待を裏切らない、

石本シェフらしい全力投球の料理は健在だ。

それでもこの自家製パンはちょっと感動したね。

それぞれの料理に合わせて 5種類ほど、どれもとても凝っていて

まずこのキュービックのブリオッシュで心掴まれた、秀逸もの。

レストランで自家製パンを焼いてるシェフならわかると思う、

これができるのはすごいこと。

これあと 3つぐらいは食べたかったけど、お客様の人数と

1日に焼ける数がギリギリらしくて。まぁパン屋じゃないからね. 笑

 

 

 

 

 

20220425144030.jpg

蛤とマッシュルーム、上に乗せてるのはカラスミで。

見た目と反する、柔らかい温度の優しい味わい。

 

 

 

20220425144055.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220425144132.jpg

白子と舞茸を和えた? 繊細な食財同士、絶妙に火が入っていて

見た目はちょっと?でもこれもあと 2皿は食べたい、美味しい。

 

 

 

20220425144149.jpg

同系色の器に、色味足すために野暮な葉っぱとか飾らない。

スペランツァ以上に、和のテイストを感じる料理たち。

 

 

 

20220425144223.jpg

それにまたこのパンがよく合う。これもあと 3つほしい. 笑

 

 

 

 

 

20220425144207.jpg

10年前の「 恩人 」さんとの再会。 料理が出る度、目の前で

ワインが次々と流れていく。

 

歳とって想うんだけど、いつも恩って

施した方は覚えてなくて、受けた方は一生忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220425144247.jpg

お魚は香ばしく焼いた甘鯛に、エンドウ豆のディップ? 和食なら

餡 みたいな。そこに生ハムで出汁をとり、ブロードに。

残念なことに写真が撮れてないけど、シェフが急須に入れたブロードを

目の前で器に注いでくれた。なんて美しい味わい方の提案。

ベタな表現だけど、石本シェフの日本人魂を感じた一皿。

 

 

 

20220425144312.jpg

アクアパッツァでは出せない、薄く優しくて深い味わい。

言葉にすると矛盾しているようだけど、どれもそんなイメージが

口内に染みるようだった。

 

 

 

 

 

 

 

20220425144336.jpg

お肉は王道の仔羊に赤ワインソース、この赤いパプリカだったかな?

ペーストをつけると、なんともフルーティな味の変化を楽しめる。

それにしても何年ぶり?久々に羊を食したけど、とても美味しかった。

甘くて濃い羊ならではの風味、ボリュームもこの全てがちょいどいい。

 

お肉になった羊ちゃんに、改めて合掌したよ。

 

 

 

20220425144405.jpg

最後のパンは無花果だったかな。お肉とのバランスが想定通り。

どのパンももう 2、3個ずつは食べれたね。それぐらいよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

20220425144423.jpg

すっかり堪能して満足してたら、パスタが出てきて、そうか

まだパスタがあるんだったと、感無量。

自家製麺かな?忘れたけど、筍と36ヶ月熟成のパルミジャーノで

和えただけのような、これは素材の風味がとても強くて

まさに石本シェフらしい、満足度の高いパスタだった。

 

 

 

20220425144437.jpg

器が素晴らしい。どれも見栄えだけじゃなく、機能美なんだな。

 

 

 

 

 

 

20220425144514.jpg

デザートはキウイとバナナ、カルダモンのジェラート。

上に積もっているのは、粉糖ではないのよ。

 

とても贅沢な時間でした、ごちそうさまでした。

 

 

 

 

20220425144531.jpg

それにしても、このエスプレッソのカップがウケた。

なんでこんな端っこに置いて、持ってくるときにバランス、

崩しちゃったの?

 

 

20220425144553.jpg

なんと、そぉゆうことね。失礼しました. 笑

 

 

 

20220425145710.jpg

 

Mia cara  allo chef Ishimoto e Signora

  Grazie !

 

 

 

 

20220425142032.jpg

並木ジャルダン

 

このお休みは並木通りで初のイベント「 並木ジャルダン 」へ。

なんとペンギングラフィックスが、BONSAI-中村屋として

出展してるので、これは観に行かないとね。

 

namikiconso.com/

instagram.com/namikijardin/

 

 

 

 

20220425135928.jpg

いました、いつものペンギン女史お二人と、OB grab 山田くん。

 

 

 

20220425141918.jpg

これは高そうだ〜 売る気はないのだろうけど。

 

 

 

 

20220425140026.jpg

このちっちゃいのだったら〜とよく見たら、20〜30万だったりする.  笑

盆栽は小さく創るのも技だよね〜。

 

 

 

20220425141841.jpg

この松なら買えそうだ. 笑

 

 

 

20220425140654.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220425142128.jpg

おっ! 中村先生がまったくの素人客にも丁寧に、解説していました。

 

 

 

 

20220425142155.jpg

これオリーブですよ! よかったなぁ〜ほしい〜

 

 

 

 

20220425142217.jpg

ピントあってないけど なんとこれ、中村さんが中学生の時から

お世話しているとか!! もう40年越しですよ。

 

 

20220425140732.jpg

並木通りのアスファルトに、このコントラスト。天気もいいし。

 

 

 

 

 

 

 

20220425140010.jpg

このあと中村先生直々の盆栽教室があるらしい。いいなぁ〜

 

 

 

20220425143115.jpg

そうこうしてたらもう一人の広島グラフィックデザイン界の

大御所、納島教授も来られて。二大巨頭揃いましたね. 笑

 

 

 

20220425140710.jpg

さりげなく引っ掛けてるポスターが秀逸すぎる。

 

penguin-g.com

 

 

 

 

 

 

 

20220425142545.jpg

それにしても並木通りの一車線を出店で埋めて、

一方通行にしてしまうなんて、社会実験とはいえすごいことするなぁ。

 

 

 

20220425142611.jpg

コロナ禍でずっと中止になってるけど、さすがトランクマーケットを

仕掛けたメンバーだね。巻き込む規模がすごい。

 

 

 

20220425142249.jpg

深夜的中華食堂

 

なんとこんなところで、すごい中華の鉄人がいたよ。

麻婆豆腐求めてお客が10人以上並んでるのに

「 麻婆豆腐は外でつくるもんじゃないでぇ!」

ちょっと切れ気味. 笑

 

facebook.com/shinyateki/

 

20220425142512.jpg

でもちゃんと笑顔で調理する、中華の鉄人。

 

 

 

 

 

 

 

 

20220425142527.jpg

GOLDEN GARDEN

in Hiroshima WORLD BEER Pub & Kitchen

 

その横で出店していたのは クラフトビールのゴールデンガーデン!

この並木ジャルダン世話人のおひとり、ナル姐さんですね。

長くご無沙汰してました〜 やっと会えたわ。

 

facebook.com/goldengarden/

 

 

20220425142657.jpg

オーナーも久しぶり〜  仲良く?お二人でサーブしてましたね。

 

 

 

 

 

20220425142631.jpg

叢 

Qusamura

 

 

そのパルコの横に、すごいグリーンコーナーが!

なんと叢さんが このイベント会場全体の植物プロデュースしている。

叢さんはもう東京が拠点なんだろうけど、いつもながら

すごいの持ってくるね。あぁ、本店にも長く行けてないのよ。

 

qusamura.com

 

 

20220425143029.jpg

他にも広島の人気店が一道に 軒を連ねて賑わっていたね。

 

 

 

20220425143015.jpg

ここはどこでやっても、常に並んでる人気店。

instagram.com/you_ichi_promotion/

 

 

20220425142753.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20220425142712.jpg

並木通りがまた 広島トレンドの発信ストリートに戻ったらいいね。

 

 

 

 

20220425143612.jpg

入 魂 jyukon

 

さてどのお店も賑わっていて落ち着かないので、ランチは街中出てからと

歩いていたら、並木通りの出口付近に居酒屋が和食ランチをやっていた。

しかも日曜日に、さすが並木通りだなぁ〜

奥まった入り口、店名がいかついけど. 笑 昼間からこの

鯛のアラ煮が食べれたのはうれしい〜 しかも 900円!マジ美味い!!

うなぎの寝床店内に席数も多く、他の客もジジババばっかり。

 

元広島1 オサレなストリートは、

広島1 粋な人たちの通りでもあった。

 

 

 

 

 

20220425150539.jpg

春になって暖かくなると、コロナ禍もなんかもういいかげん

気にしていられない。絵図屋もなにかと変化あって落ち着かないね。

 

 

 

20220425151550.jpg

Fresco Sand Cafe

 

この日は珍しくスタッフさん 2人が来ていて、3人で西条の

フレスコサンドカフェへ。もちろん打ち合わせ兼ねてだけど

まずは美味しい腹ごしらえ。

 

frescosandcafe.com

instagram.com/frescosandcafe

 

 

20220425150620.jpg

サンドイッチとのセットがとてもいい!  この iPhone写真は

イマイチだけど。

 

 

20220425150649.jpg

鈴木先輩とSAKURAさん。並べて見ても対照的な 2人だけど

お互いが自分にとって、大事なスキルを持っている。

 

 

 

 

 

 

 

20220425151617.jpg

P A N

 

この日も打ち合わせのついでにランチは外食。

リクエストは肉!だったので近場でも久しぶりのしゃぶしゃぶ老舗へ。

検索しても なかなかいいリンクがないなぁ。

 

aki-tokitamago.hatenablog.com

 

 

20220425151759.jpg

ランチでこのボリューム、しかもずっと変わらずリーズナブル。

お一人様でもしゃぶできるから、すごい店だよね。

 

 

20220425151707.jpg

この日はSAKURAさんと。彼女を紹介頂いた竹爺( 竹元教授 ) の

触れ込み通り、今時のよく食べる子だ。しかも呑助らしい。笑

 

 

 

 

 

 

 

20220504171426.jpg

そしてもう 4月。この日はスタッフ鈴木さんの穴吹時代の親友で

絵本作家のミスズさん( misuzu: )が

先日の個展以来 ちょっとコンタクトして、この春から少しずつだけど

お仕事手伝ってもらうことに。

彼女は弊社も大変お世話になっている「中本本店」に在籍してたので

頼もしいし、鈴木さんとはこの写真でもわかるように

これまた真逆の性質のお二人なので. 笑

職場も3年ぶり? ちょっと賑やかになってきたなぁ。

 

nakamotohonten.co.jp

 

 

20220425151730.jpg

 

 

 

 

20220507112743.jpg

RISTRANTE MARIO 

 

タイミングよく、福山から広島にこられている大先生を

無理やり捕まえて かなり遅めのランチ、空いてるイタリアンは

久しぶりのリストランテマリオ。

 

5年ぐらい前にも行ったような気がするけど?

blogにはなかったなぁ。

 

 

20220507112657.jpg

NUDE ELEMENTARY

 

大先生とはこちら、ヌードエレメンタリー髙本さんですね。

先生の経営する雑貨店、ダレンアーモンドで頼んでおいた 雑貨を

わざわざ持参してきてもらった。ありがとうございます。

 

nude-e.jp/

 

 

20220507112642.jpg

リストランテのランチは前菜とパスタを選ぶプリフィックスで、

凝っていて美味しかったけど、意外と高くない?

 

 

 

20220507112720.jpg

積もる報告話はまず、先日開店した植田商店から。

オープンはできたけど、まだまだ前途多難です。引き続き切に

よろしくお願いいたしますね。

 

 

 

20220507112809.jpg

 

 

 

 

20220323180343.jpg

DELI CAFE

Bon gouter

 

五日市のデリカフェボングーテはこの日、10周年。

今までも多くのお店の出店仕事をしてきたけど、10年続けられる、

特に飲食店では簡単ではないこと。そして出店仕事をいただいて、

開店させてからも、継続してお仕事をいただけるのは少ないからね。

ボングーテさんも、仕事でのお付き合いはもうないけど、それでも

10年前のことは、今でも鮮明に思い出せるほど覚えている。

とにかく印象的なオーナーさんだった。

 

bongouter.com

ezuyalan.com/room

 

 

20220323180410.jpg

そのオーナーさんが なんと10周年になったのを忘れていたので. 笑

この日は簡単なお祝いと、開店以来ずっと人気の名物商品を

食べたくて来店することに。

写真は10年前 デザインしたオープン用 DMで、そこに

お祝いのメッセージを書き足してお届けに。

 

 

 

20220323180427.jpg

10年も経つと、外壁の特注ペンキ塗料も色褪せてるね。

開店当初 ロゴのカモメも、お客さんに鳩?と言われたし. 笑

 

 

 

20220323180444.jpg

美人オーナーの荒木さん!ご無沙汰です、マスクなのが残念ね。

飲食の女性オーナーらしく実直な方で愛嬌があり、

けっこう気の強いところもありますが. 笑 でも開店時から現在も

働いてるスタッフさんがいるぐらい、気遣いもできる経営者です。

 

この10年はどうでしたか?と聞くと、笑いながら間髪入れずに

「しんどかったわ! 10年苦労だらけよ〜」と言い放って。

でも感慨深そうだった。

 

この 5、6年はお店に行くことも、滅多になかったので

商売がどうなってるとか、店がどっち向いてるとかはわからないけど

それでも外から観ていても、わかることがある。

どんな苦労かも、なんとなく想像できる。

飲食業なら なおさらで。

 

 

 

20220504183312.jpg

10年前、荒木さんと初めてお会いしたのは、私が入院していた

病院だった。電話で入院してるからとお断りしたら

病院まで行きます!と、ほんとに来ちゃったのね. 笑

退院してから何度も打ち合わせして、彼女が当初、仮契約までしてた

ブラック施工業者を解約して、やっと開店まで漕ぎつけた。

 

お見舞いに頂いたこの本は、当時の私にはとてもタイムリーな内容で

入院中のベッドで何度と読んだもの。 

今見ても、内容もイラストも素晴らしい。

 

 

 

 

20220323180303.jpg

フランス北西部 ブルターニュ地方の伝統菓子クイニーアマン。

一見デニッシュのようだが、リベイクすると香ばしいバターが

溢れ出るほど濃厚で、1個食べればで充分満足できる味わい! 

本場では小麦粉、砂糖、バターをそれぞれ 4:3:3で混ぜて作るので

とても甘くて重いので、美味しく焼き上げるのも難しいお菓子。

それとフランス産の蕎麦粉を使った、本物のガレットが広島で食べれる、

カフェにしたい。そんなオーナーのこだわりはとても強かった。

 

 

 

20220323180321.jpg

でも飲食店で働いた経験が少なく、クイニーもガレットも 0から始めた。

店舗は元々ドコモの物件で駐車場も 7台あり大きい、五日市なので

家賃もけっこう高い。飲食店でカフェや喫茶店といえば、人気店になっても

利益がほんと少ない。ほとんどの個人店が自転車操業だと思う。

スタートする前から、苦労するのはわかっているけど、それでも

覚悟を決めて本気で調理して、お客様に食の悦びを与えている人を

ずっと応援したい。手伝ってあげたい。

 

だから仕事でも、仕事じゃなくても飲食業で

ちょっとでも関わったことのある人なら、わかると思う。

個人店で 10年という節目を迎えることは、ほんとに苦労した人ができる

素晴らしいことなんだ。

 

 

 

 

 

20220323180138.jpg

お花でも届けようかと思ったけど、たぶん荒木さんはきれいな花より

こっちの方がウケるかなと。以前もオーナーからリクエストで

仕込んであげたボトルビオトープをプレゼント! ちょいどいい

フラワーポットもありいい感じにまとまった。

アイビーやドクダミ、水生植物や苔も合わせて10種類ほど仕込み、

タニシもつがいでセットして。

 

 

 

 

20220323180238.jpg

サバサバしている荒木さんも、以前持って行った時と同じく

うれしそうに受け取ってくれた。

コロナ禍や戦争や円安や… まだまだ苦労は絶えないけど

ここからまた10年、続いて欲しいなぁ。

( でもやめる時は スパッとやめそうだけど. 笑 )

 

 

 

 

 

20220323182124.jpg

もう 3月、やっぱり歳をとるとこの 3ヶ月までが早い。

 

 

 

20220323182204.jpg

事務所の机のアクアリウム、この時期のある時間だけ

エメラルドの光線が走る。

 

 

 

 

20220323182438.jpg

昨年注文したスタッフ用の新しい Macがやっと納品された。

前のMacが 7年目、まだ不具合などまったくないけどね。

ひと回り小型になって、しかもケーブルがタイプC〜 まったく

20年経ってもこの業界は、SDGsとは真逆の消耗推進業界。

 

 

 

 

 

 

 

20220323182338.jpg

ruga! ruga! 

 

さて打ち合わせで廿日市まで、お客様の近所にあるルーガ!ルーガ!へ。

homerenovate.net/

 

 

20220323182419.jpg

相変わらずルーガさんらしい、こってり系の 80年代イタリアン。

 

 

 

20220323182353.jpg

いつの間にかこの壁画〜 派手だけどおもしろくないなぁ。

もっと店とあったディスプレイや、客層にリンクしてないと

インパクトだけで逆効果だね。