278A0112.jpg
JAM cafe 


三原のジャムカフェさん、店舗をリニューアルしたのはもう 12年前。
そして雑貨 & カフェから、カフェオンリーになったのが 5年前。
この度コロナ禍でいろいろあって、なんだかんだで思い切って
2度目の全面改装リニューアルへ。

jamnezumi.blog.fc2.com/blog
blog.2017/7


IMG_3448.jpg
外装は壁面の色をブルーに、なんかMARIO DESSERTの並木店みたい。
テントもちょっと破れてたりするけど、予算オーバーで
これはまた来年以降に。



IMG_8225.jpeg

Before

今までの店内は意外と広く、でも壁の半分近くがガラス面で 外からは
丸見え、カフェとしては 14席あるけど、座っていても
ちょっと落ち着かないかも。


IMG_3249.jpg
今回のリニューアルで、まず一番の目的はキッチンの位置を変えて、
厨房機器を新調すること。それに伴いカウンターと壁を2ヶ所立ち上げて
店内を 4ブロックに分ける。
でも内装工事はオーナーの親戚業者がするので、私は店舗施工の
アドバイスとレイアウト、コーディネイトまで。



jam2022-7.jpg
とはいえ予算はとても厳しいので、床の補修塗装はオーナーさんと
二人で仕上げました。写真は同じ三原のサカナザの Tシャツを着て

作業する私。見ての通り暑苦しいヤツ. 笑

この床は 12年前に、ウッドプロの中本社長が自ら 施工したもので
杉の足場板の表層 5㎜だけスライスした薄い板で、当時まだ
プロトタイプの商品を格安で提供してくれたもの。
一見フローリングのように見えるけど、よくあるフロアタイルの上に
5㎜厚の足場板を、カーペット用の両面テープで貼り付けている。

でも杉だから 5年保つかなぁ、ちょっと不安だったけど...


IMG_3207.jpg

After

いい感じに仕上がりましたよ! 足場板もぜんぜん大丈夫だった。
もっと割れや ささくれがあるかなと思いきやである。



IMG_3204.jpg
オイルフィニッシュにしているので、3年ごとぐらいにまた
上塗りすれば、あと 10年は充分 いけそうだね。



278A0119.jpg
窓側の席は依然と同じテーブルで、でも奥の 2席は外に向いていて
お互い干渉しない空間に。



IMG_3219.jpg
この写真の奥にあった狭いキッチンは、お店のセンターまで出して
広くなった。この新しいカウンター越しに調理しながら、
客席を見渡せることがとても大切。




IMG_3209.jpg
写真の奥のスクエアスペースは、今までどおり 洋裁や手芸品を
作るための工房になっている。


IMG_3467.jpg
スクエアスペースのさらに奥には、ちょっと隠し部屋のような
プライベート席を配置した。ここは私もかなりこだわっていたので
このタイトな空間を施工してもらうまで、いろいろ障害を超えたなぁ。
実際、オープン日にお客様が座ってるのを観て納得。
これで正解でした。



IMG_3218.jpg
ファサードの入り口も課題だった。この古い大きなガラスドア、
道路から店内が丸見え、店内からも外を歩く人と目が合うし
良くなかった。ドアを変えるには高くつくし、遮光して店内を
見えなくするだけでは、閉鎖的で暗くなる。
そこでドアを開けた左右に、パーティションとしての壁を建てて
客席が見えないようにした。

こんな壁と店内の 1/3がカウンターで仕切られたのに、
客席数は以前と変わらず、しかも落ち着いてカフェできる。
想定以上のリニューアル成果だと思う。





IMG_3470.jpg



IMG_3451.jpg
もちろんメニューも一新。若干の値上げもこのご時世だから
やむを得ない。





278A0115.jpg
オープン日だから という訳ではないが、いつもとながらJAMさんの
美味しいランチ。しかもこのリニューアルから新しく、
酵素玄米を提供することに。写真のはまだテストで炊いたものだけど
完璧の仕上がりに! これはうれしいね。

とりあえず週に 2日は酵素玄米が選べるようにするとか。そのための
酵素玄米専用の炊飯器は、なんと「 まめそら 」空田さんから
購入させてもらったもの。まめそらは一旦、閉店しちゃったけど
酵素玄米は三原でも、食べれるようになった。



IMG_3460.jpg
食後の珈琲はもちろんイリガン珈琲。わざわざ広島から毎週持ち帰り
この味わいを三原で守っている。ただイリガンはちょいと高価なので
ノーマルなブレンドコーヒーも選べる。



278A0122.jpg
ここの手作りまるパンとスコーンもかなり個性的. 笑 美味しいけど。






IMG_3473.jpg
今回のリニューアル、コロナ禍でカフェとしての方向転換や
いろんな葛藤もあったらしい。
でもオーナーの JAMさんが、何度と言われてたのが
これからの 10年をリアルにイメージしたということ。

がんばるのは当たり前ですが
でもたのしんで。
今まで通り、そしてこれからも。


278A0108.jpg
7月に入り、k i r i n の沖村さんがよく手伝ってくれて、助かってる。
休日返上で来てるから、ほんとありがたいことだね。



278A0107.jpg
それにしても20代の頃の、人として成長する速度は なんて早く
大切なことだろう。
彼女が穴吹デザイン専門学校の学生だった 7年前からすれば
ほんとにすごい成長ぶりだ。この頃の経験が、その後の人生の
20年分を ほとんど決めるんじゃないかと思っている。



IMG_2845.jpg
同じ穴吹出身でひとつ下の代田さんも週 1、2度ほど、短い時間でも
バイトに来てくれる。同級生の鈴木さんと合わせ、穴吹出 3人で
現在の絵図屋は成り立っている。ありがたいね。





IMG_3189.jpg

touch mach


ありがたいと言えばもう一人、忘れてはいけないこの笑顔。
「タチマチ」の SAKURAさんも、快進撃の活躍ぶり。


instagram.com/a2shistagram36/


IMG_3193.jpg

Kamal Cafe


この日は久しぶりにランチで「 カマルカフェ 」へ。前から気になってた
横川駅裏のインドカレーだけど、カフェなのね。

instagram.com/kamal.cafe
ja-jp.facebook.com/KamalCafe


IMG_3187.jpg
店内は居抜きの店舗ぽくて、ちょっと怪しげだけどメニュー見たら
このノリですね。先程のナンも美味かったし〜



IMG_3198.jpg
なかなかねちこい壁画がいいね。ただテーブルの真ん中に大きな
アクリルスタンドがあるから、向かいの彼女がこんな写真になる。



IMG_3196.jpg
カリーも申し分なし。また来よっと!



IMG_3197.jpg
1年前よりちょっと丸く?なったけど. 笑 とにかく前向きで行動的、
特に仕事において、物事を構築していくスキルが高い。
とてもこの春卒業した新人とは思えないほどね。見た目ちょっと
ヤンキーっぽいけど. 笑

まだまだ タチマチなところだけど、未来が楽しみな人だ。



IMG_3133.jpg
MARIO ESPESSO 


天満屋緑井店が本日をもって閉店する。これで広島の天満屋は

すべて撤退へ。25年間、公私にとても思い出深い 場所なので
最後を見届けに。
marugoto.love/archives/


IMG_2797.jpg
マリオエスプレッソ 緑井店で、天満屋としての 〆のパスタを。
店長のおすすめで、博多の辛子明太子とイカの和風スパゲッティ、大盛りで。
明太子がこれでもかと〜 これは入れ過ぎよ、サービス過剰でしょう. 笑



IMG_3122.jpg
エスプレッソは既存のまま残ることになった。8月の再開店に向けて
このディスプレイコーナーも一新するので、お楽しみに。



IMG_3119.jpg
25年前の開店は、私が関わらせてもらった 飲食店の仕事の中でも
最も成果の出せた、キツくて楽しい仕事だった。
退職して、ここの近所のアパートでバイトを掛け持ちしながら
この仕事を受けて、やる気と不安に溢れていた。若かったねぇ。

ezuyalan.com/room/1997/08/wood-ship.


IMG_3129.jpg
最後の仕事も落ち着いた頃、川邊店長にいったん ごあいさつ。






IMG_3130.jpg
なんていい笑顔するんだ。こいつは何年経っても。

店長とは40年来のお付き合い。私が高卒で横川のアパレル系会社に
就職したときの同期だった。その後、私は 2年ちょっとでクビになり
ケンちゃんは(当時の川邊のあだ名)その後、退職。
偶然再会したのが、なんとサンマリオ庚午店で働いている彼だった。

あれから 33年。この 25年間はずっとこの緑井店の店長として
まさかここまで MARIOで働いてるなんて、本人が一番、
びっくりしてるだろうね。
33年前、あの頃の MARIO に勤めてた者なら、それがどれほど
たいへんで すごいことなのか、言わずもがな。
彼の頭頂部がずいぶん後退しているのは、遺伝ではないと思う。
職場でのストレスが原因だと、私は断言できる。


何はともあれケンちゃん、お疲れ様でした。
またここから、終わりの始まり。
身体は大事にね。



278A10043.jpg
スパゲッティバジリコ 

13日、木彫りパスタもすべて完成し、14日は6時発の新幹線で
いざ新横浜へ。施工用の材料とか忘れ物はないか?  ヒヤヒヤながら. 笑

saint-marc-hd.com/kamakura/brand/bajirico/


IMG_3068.jpg
そのディスプレイ施工から 2週間、 開店前日に最終仕上げと撮影のため

再び新横浜駅へ。写真は開店直前の店舗前、いよいよだなぁ〜




278A10039.jpg
ファサードの左側、レジとテイクアウトコーナーはこんな感じに
プラザ通路からもここがよく見える。




278A0051.jpg
その奥のキッチン入り口には、パスタをテーマにした洋書と
木製のカトラリーをディスプレイ。すべてフリマサイトで集めたもので
ほんとフリマサイトは素晴らしいね。



IMG_3033.jpg
鰻の寝床的な、細長い店舗でセンターにはオープンキッチンとカウンター席。




278A0032.jpg




IMG_3037.jpg
カウンター奥にはテーブルが 4卓、壁のセンターにも木彫りパスタ。



278A0006.jpg
シンプルだけどクールでインパクトあるトレイに、手作り感あり過ぎの
木彫りパスタがギャップ強いなぁ。



IMG_3074.jpg
これが実際のパスタ、ちなみにこれは一押しの「 しょうゆバジリコ 」
オープン記念で半額でしたよ。



IMG_3070.jpg
でもさすがチェーン店グループの開店スタッフ、ほとんどバイト・
パートさんなんだろうけど、仕事ぶりがめちゃいいです。
教育もいいのだろうけど、この開店の賑わいというか熱量、
久しぶりだなぁ。









278A0062.jpg

横濱 元町ドリア


さてバジリコのある 1階から 9階へ、スパゲッティ店よりちょっと
客単価も高い、ドリア専門店へ。
写真は店舗受渡しの最終チェック、ポリディアインク設計デザインの
中住さんが、細部まで徹底的に指示しているところ。
この人は優しいイメージだけど、仕事ぶりがほんと かっこいいなぁ。

saint-marc-hd.com/doria/


IMG_3061.jpg
パリのイメージフォトフレーム 23枚は、このハンガーフックの棚に
レイアウト。中住さんに位置決めしてもらい、ひとつずつ
シリコンで接着して固定する。地震で倒れて、お客様の頭上に
落ちてこないように。



278A0093.jpg
それにしても中住さんのレイアウト感覚、さすがのセンス。



IMG_3056.jpg
客室は L字型になっていて、席数も多い。





278A0071.jpg
ファサードのサンプルケース、下段の寸胴鍋 5個も広島で用意して
送ったもの。これが意外とトラブってしまい、一番大きな鍋 2個が
横浜に配送する日まで届かず、結局持参するハメに。
中国産は納期に余裕のある時のみ、注文しよう。



278A0078.jpg
それにしても美味しそう〜 バジリコのスパゲッティが思いの外
ボリューミーで、ドリアは食べれんかったなぁ。残念ながら。



278A0068.jpg
いよいよ開店、ファサードにも期待感と緊張感でいっぱいに。




IMG_3080.jpg
もう最近はこの LEDパネルスタンドが定番だよね。このぐらいの
グループともなると、社内に広報制作室やデザイナーがいて、こんな
A1サイズの透過用プリントまで、自社ですぐ出せるようになった。
しかもランニングコスト安い。うちの仕事が無くなるわけだ. 笑




IMG_3079.jpg
この隣には横浜老舗の洋食屋さん、そこはすぐ満席になっていた。
店の正面にはちょいと高級ステーキハウス。
それにしてもやっぱり横浜、客層が明かに違う。
品がいいな。


まぁとにかくなんとか 2店同時開店、完納できた。
素晴らしいお仕事を、ありがとう。





278A0017.jpg

スパゲッティバジリコ


何年ぶり? たぶんMARIO DESSERTのフジグラン店以来だから 11年ぶりかな?
木彫りディスプレイの依頼、しかもパスタですよ。なんとこちらも先日の

牛の頭オブジェ製作を頂いた、神戸のポリディアインクより。 

「 メガネの田中 」で お仕事いただいた中住さんとも、4年ぶりの再会。

その時からいつか木彫りの仕事、したいのよねと言ってくれてた。


ezuyalan.com/room/2022
polidea-inc.com


IMG_1700.jpg
とはいえクライアントは大手の外食チェーン店。アツアツの鉄板パスタで、
まずメニューの写真をいただき、それをイラスト化する。
納期もたっぷりあり、この時は 10種ほど作る予定だった。



IMG_2207.jpg
開店まで 1ヶ月を切り、そろそろベースの板をカットでもしようかと
用意していた時に、いきなりメニューがすべて一新されることになり
新しいメニューの写真が届く。
それにディスプレイのコーナーが増えて、15個製作することに。


このタイミングで全変更なんて、やっぱり外食チェーン店だな〜  と
思っていたら、これにはロシアの戦争が大きく影響していて
商品コンセプトを変えるまでに至ったらしい。



IMG_2210.jpg
まぁでもまだ木板を切ってなかったからよかった。イラストを描き直し
いよいよ製作に。開店まで 3週間もない。




IMG_2477.jpg
さてイラストが決まったら、さっそく木板にトレースしてカット。
ジグソーでガンガン切るのも久しぶりに。



IMG_2476.jpg
切ったらカッターで 切り口と角を落としていく。



IMG_2600.jpg
とうぜん時間もないので バイト4名、手伝ってもらい なんとか彫り上げた。



IMG_2489.jpg
そんなある日のバイト彫り師、沖村さん(左)とSAKURAさん。
みんなで手分けしてひたすら彫り続ける。




278A9992.jpg
納品まであと 3日。 間に合うか?






IMG_2594.jpg
同時進行でこんな黒板パネルもペイント。ブラックボードといえば
本骨頂の SAKURAさんの出番ですね。



IMG_2596.jpg
さすがですね、いい感じ!








278A0004.jpg
さて休日返上〜 一気に塗っていく。





278A0007.jpg
水性アクリルと、透明感を出したい部分にはカラーインクで着色。




278A0060.jpg
仕上げにクリアを塗って、食材には艶ありで、下のトレイと鉄板部分には
半ツヤ or 艶消しでリアルに。トレイが 28cmあるから、ほぼ原寸大かな。



278A0029.jpg
こうして並べてみるとインパクトあるでしょ。
久しぶりに木彫りモノ やりきったけど、もうこんな仕事は
こないと思っていた。感慨深いなぁ。








IMG_2492.jpg

横濱元町 ドリア


そうだ これもあった! この横浜お仕事、とてもありがたいんけど
同じ施設内で同日に開店する、ドリア専門店のディスプレイも
お仕事いただいて、ちょっと久々に焦った。
しかも岡山の和牛頭部オブジェも、納品日が被ってさぁたいへん〜
でもありがたいことです、ほんとほんと。

写真はポリディアインク から送られてきた、フランスはパリの
イメージフォトをセピア調に加工してプリントしたもの。
できれば昔、私が撮ったパリの写真を 使いたかったけど
間に合わずで 残念無念〜



IMG_2560.jpg
全部で 23枚、フォトフレームはピカソ画房で買った 4枚を除き、すべて
フリマサイトで探して購入。IKEAの商品も少なくないけど、
意外とクラッシックで程度のいいものが、とても安価に揃えられた。
使えないハズレも一品、あったけどね。650円だったし許してやろう. 笑

さてなんとか間に合ったか? 翌朝横浜へ持参してディスプレイです。




278A9984.jpg
6月に入ってから、以前から見積もり出していた飲食店開店の仕事が、

一気に動き出す。4年前にお仕事いただいた、神戸のポリディアインクより
大手チェーン店の開店、3店舗ほぼ同時オープンのディスプレイ製作。
おかげでこの blogも 2ヶ月遅れで更新中。

ezuyalan.com/room/2022

polidea-inc.com


IMG_2169.jpg

まずは岡山の「グリル蔵敷」ハンバーグや鉄板焼きのお店で、店内に飾る

和牛の頭部オブジェ。ほぼ原寸大の 60㎝角ぐらいある。

本来なら一から自分が作りたかったけど、他の 2店舗がもっとタイトな

スケジュールになったので、旧友のモデラーさんに無理やり頼み込み

ベースは外注させてもらった。

製作の仕方も相談にのってもらい、壁にかけるので軽く作るため

アルミの針金で骨組みを組むことに。





IMG_2285.jpg
その上からアルミホイルで肉付けしていく。




IMG_2371.jpg
その上から和紙を貼り付けて、柔らかいフォルムに。




IMG_2440.jpg
いい感んじだ。大きさがわかると思うけど、インパクトすごいな。

ここまで作って頂き、ここから仕上げに。







IMG_2529.jpg
さて事務所にて。メルカリで購入した英字新聞を、コラージュしながら貼る。
あったなぁ〜こうゆうの、70年代風? 昔( 30年以上前 )はこんな英字新聞、

入手するのもほんと大変だったけど、フリマサイトで300円だからね〜

すぐ届くし、すごい世の中になったもんだよ。




IMG_2551.jpg
ここまでできたら、ポリディアインクへメールして仕上げの相談に。



278A9983.jpg
こんないたずら心も忘れずにアピール. 笑




IMG_2547.jpg





IMG_2555.jpg
ちょっとインパクトが強過ぎるとのことで、薄く透ける程度に白をのせてみる。





IMG_2557.jpg
う〜ん? ちょっとどうでしょう。
いろいろ試してから、仕上がりはこちらにて。

難しいな、現場も見れてないし。



278A9942.jpg
割烹料亭

山 人    santo


先日の BaKuRo(麦浪)から、山平さんに会いたいねぇ〜と
いう流れで帰ってから LINEを入れてみた。そしたら今、忙し過ぎて
店休日しか外食できないとのこと。それなら こちらから
会いに行くしかないね〜   という事で山人へ。


santo-saiyo.jbplt.jp

278A9948.jpg
いらっしゃいました。やっぱり焼いています. 笑
ここで一番いい席に座らせてもらいました。



278A9946.jpg
これは...

鮎 A Y U 

ですね! やった初モノだ〜  これはうれしい。

278A9950.jpg
この日のメニューは山平さんお任せで、お刺身は 5種盛り。



278A9955.jpg
碗ものはしんじょで なめことあっさりと。そして待ってました〜







278A9957.jpg

この出で立ちですね、鮎さん!


焼き過ぎじゃろ〜という方もいるでしょう。けど
山人の火入れは奥が深いのです。


278A9958.jpg

鮎も天然のいいところのモノなので、当然ですが頭も骨も
すべていただきます。




278A9963.jpg

八寸で整えて、美味しいです。



278A9966.jpg
やさしい味わいの茶碗蒸し。






278A9968.jpg
〆は素麺で、あっさりと。ごちそうさまでした。




278A9964.jpg
美味しい料理を食べながら、食の話ばかりして、
焼き入れしてる山平さんの技を観ながら、また美味しい話をする。

山平さんのお店なのに、
どこか独占しているような居心地のよさ。



278A9974.jpg
隣の席のおじさん二人組のお客さんが、金目を注文。それもでかい!



278A9965.jpg
それを長時間かけてじっくり過ぎるぐらい、じっくりと焼く。




278A9972.jpg
うらやましいなぁ...




IMG_2521.jpg

r i t .

CRAFT CHOCOLATE AND COFFEE 


クライアントの JAM cafeさんは、バンドの ザ・コレクターズの
永年の信者。コレクターズと言えばMods、なので以前からここに
どうしても連れて行きたかったけど、ちょうど店休日がいっしょなので
今まで来れなかった。

この度、JAMさんの店舗を改装することになり、広島での打ち合わせに
来たタイミングで、ようやくリタルダンドにご案内できた。

rit-craftchocolateandcoffee.com
instagram.com/rit.


IMG_2501.jpg
いつ見ても圧巻のレコジャケコーナー! 25種類だからね。



IMG_2502.jpg

スマホで撮るからフレームが縦型ばっかりになる、blogあるある。



IMG_2508.jpg
センターのディスプレイタワーも、いつもセンスよく変えている。



IMG_2507.jpg
ひとつひとつの細かい意匠が 凝ってるのよ。



IMG_2506.jpg
これも一度、飲んでみたいやつ。



IMG_2504.jpg
前職は広島でも尖ってた、孤高のデザイナー。なので
おそらく朝飯前のデザイン。



IMG_2503.jpg




IMG_2505.jpg
ショーケース内パッケージもコーデも 痺れものですよ。



IMG_2509.jpg
スタッフのユニフォーム、エプロンもカッコいいけど、



IMG_2511.jpg
そのスタッフさんがめちゃかわいい♡ 絵になるなぁ〜どこ切っても。
この日はオーナーも美人マダムも居なかったので、なんとまぁ
3年でもう余裕だね〜



IMG_2520.jpg
でもこのタブレットスタンドはやり過ぎじゃろ. 笑







IMG_2519.jpg

Mods

The Collectors


オーナーとコレクターズ話はできなかったけど
念願だったので、よかったね。



IMG_2516.jpg
平日の遅めの時間は空いているから、狙い目ね。




IMG_2517.jpg
4年間、オーナー自ら施工しながら店舗を進化させている。
それがとてもすごいことなのよ。



IMG_2525.jpg
Jamさんから送られてきた 1枚にて。
また行きましょう。



20220611105807.jpg
みやじまぐち そぞろあるきマルシェ

あの BONSAI-中村屋が 並木ジャルダンに続き 今度は宮島口で出展。
さとうさん仕掛けたな. 笑 また観に行かなくちゃね。

instagram.com/miyajimaguchi/

miyajimaguchi.net

 

20220611110710.jpg

ギャラリーBOX


JRの宮島口駅から歩いて30秒、おそらく空き店舗?を居抜きで
ギャラリーにした、オサレなレンタルスペース。

 

 

20220611110554.jpg

スケルトンにしたままの無骨な空間、錆びた脚立と足場板で
上手くアレンジして、盆栽のGreenが映える 展示になっている。
さすが中村さん。

 

 

 

20220611105913.jpg

それにしてもまたなんか すごいの持ってきているな。




 

20220611105854.jpg

 

 

 

20220611105240.jpg
入ってすぐ右側、このコーナーのレイアウトが粋だね。



 

20220611105436.jpg
もちろん生きているんだけど、ここまでの意匠になるのに、
どれだけの時間が過ぎているんだろう。

 

 

 

 



20220611105415.jpg

なんか全体的にお求め易い価格になっている気がする。

広島〜宮島だからか。それによく見ると...



20220611105358.jpg

遊び心も欠かさない、ここも中村さんらしい. 笑

 

 

 

20220611105508.jpg




20220611105343.jpg

今回バリエーションもすごいなぁ。

 

 

 

20220611110138.jpg
この右下のやつ、



20220611110023.jpg

こんな豆盆栽すごくない! 黒松がどうやったらこうなるのよ。

 

 

 

20220611105632.jpg

 これもいいなぁ〜 飛び出した一枝はいったい、どうしちゃったの. 笑



 

20220611105751.jpg

 

 

 

 

 

 

20220611110210.jpg

これも圧巻だった。このサイズで醸している風景がある。
ひとつの盆景になっている。




 

20220611110234.jpg
この、クニャクニャ〜としてるのとか. 笑



 

20220611110257.jpg

このサイズで 松林になっちゃってるし、向こうに海が見えそうだ。



 

20220611110337.jpg

この紅葉も! 思わず買いたくなったけど、まぁ誰かが手にするでしょ。





20220611110320.jpg





20220611110420.jpg








20220611110356.jpg

あら!なつかしい〜  もう 9年前なのね、これやっぱりいいなぁ。
いま見ても古びない、シンプルで普遍的な意匠。

shoemaker-chair.html

 

 

 

 

 

20220611110501.jpg

 

 

 

20220611110516.jpg

これもすごいな。 鉢もいいし、この細さで
この生命力を感じる立ち姿。

 

 

 

20220611110536.jpg

これが今回の No.1でした、個人的にだけど。



並木ジャルダンの時も思ったけど、どうやら自分は
盆栽がそんな好きとかじゃないけど、中村さんの仕込んだ盆栽が
見応えあるから好きなんだよね。
今までずっとペンギングラフィックスのポスターやデザインなど

観てきたので、その意匠に馴染みがあり愛着があるのかも。
それになんていうか、彼の盆栽とデザインには共通のベクトルで
アイデアやユーモア、人間味といったものが 内包されていると思う。

同じ人間が生み出すものだから、当然といえば当然だけど。

という訳で中村屋フリークというか、単なる
フェチなんだよね. 笑

penguin-g.com


20220611110808.jpg
宮島口食堂

つむぐ t s u m u g u


ギャラリーには中村さんが居なかったので、スタッフさんに聞いて
どうやらさとうさん接待でランチに行ったらしい。
宮島口で さとうさんと言えば、もうここしかないね.

instagram. tsumugu


20220611110749.jpg

さとうさん(右)もお変わりなく、というかお若いなぁ〜
したたかな怪物ですよ. 笑

もうすでに出来上がっていた、中村さんに挨拶して
さて目と脳の保養になった、仕事に戻ろう。






IMG_2191.jpg

森田太一デザイン事務所


森田くんは 2007年から4年間 いっしょに仕事していた、絵図屋で唯一の
男性スタッフだった。 8年前に独立、ソロでデザインの仕事をしている。
でもけっこういいお仕事しているのに、サイトもないしインスタも

やってないとか。クライアントとの関係だろうか? 

ほんと何も出てこないけど、検索してたら穴吹でのサイトに
表情のいい写真が 1枚上がっていたよ。

note.com/aspac/n/


20220617184109.jpg

PARCO della PACE


こちらの都合で誘ってからずいぶん経ってるけど、まずはランチでも

リクエストはイタリアン、ただ時間もタイトだったので、
またしてもこちら!  今年は月一ぐらいで行ってるなぁ. 笑

instagram  pizzeria_parco_hiroshima
facebook  Pizzeria-PARCO-della-PACE


20220617184731.jpg
touch mach

タチマチ クリエイティブスタジオの SAKURAさんと。
この二人を並べるのも、新旧ちょっとおかしな違和感. 笑

instagram.com/a2shistagram36/

20220617184130.jpg

ピッツアはまず、旬のセロリとカボチャ? なんか特種なカボチャだったね。
品種名忘れたけど、なんか甘くないのよ、歯応えも違う。



20220617184208.jpg
トマトソースは定番のビスマルクで。米を餌に与えた白い黄身の卵が
匂いもなくマイルイドなのよね。



20220617184228.jpg
これもちょっと変わっていて美味しかった! たしかスモークしたお肉が...
忘れた. 笑


 

20220617184429.jpg
ジェラートで〆て、もっと聞きたいことがあったけど、タイムオーバーで
でもまた遊びに来てね。





278A0131.jpg
やっぱり絵図屋にとって森田くんといえば、この年賀状のデザイン。
毎年クライアント数社の年賀状を、付け合わせで印刷するので
森田くん個人用に一枠あげてデザインさせてみたら、これが出来てきた。

「 森 田 太 一 」の その文字の意味をタイポグラフィとして表現して

太一の一は、元旦の 1月 1日と合わせて赤の数字に、その下に
2009をさりげなく入れて、全体のバランスをとっている。
実にシンプルかつ大胆で、森田くんらしい繊細なデザイン。

これで2009年の第 1回 H-ADC審査会で
ジェネラルグラフィックにおいて部門賞を獲得した。


うれしかったね〜

自分が受賞するよりも うれしかった。