IMG_6807.jpg

杪 秋 kantyukyo 



閒中居(カンチュウキョ)尾込真貴子展へ。

おそらく 4年ぶり?ここに来て、この空間に入ったのは。コロナ禍で

しばらくは閉じていたみたいだけど、オーナーとは何度か食事会で
お会いできてたけど。
彼女が日本のどこかで出逢い 連れて来た ARTたちを
この空間で観れる、触れるのは特別。

11月 3日〜30日まで。
http://www.kantyukyo.jp


IMG_6801.jpg

ここで展示されるものは、まず観たときの第一印象が

「 なに?」から始まる。手にとってみると、どうやら
朽木と枯れ葉でできた「 鳥 」たち。




IMG_6805.jpg
とても暗い空間(これでもいつもより明るい方. 笑)
これiPhoneで撮ったから らしく見えるけど、実際はもっと見えない。



IMG_6811.jpg
この一番 小さな崩れかけてる鳥が 最初の一羽、ルーツらしい。
枯れ葉がなにげに 鳥の羽に見えたのが、きっかけだったとか。



IMG_6799.jpg




IMG_6809.jpg
う〜んでも iPhone は ついつい、 Instaのストーリーズに載せる
クセで、タテに撮ってしまう。



IMG_6810.jpg
この方が作家の尾込さん。何歳だろ? 細くて柔らかい物腰で
作品のことを語ると、とてもナチュラルな表情をされる。



IMG_6800.jpg
この小枝をくわえてる子と、その奥の
首を曲げて寝ているような子。 お気に入り。



IMG_6806.jpg




IMG_6803.jpg
ラクアの MARIOでペイント作業してもらった、SAKURAさんと。
興味津々。



IMG_6815.jpg
ここで女学院大学の三桝教授と再会。
声をかけていただき、私の兄貴とのつながりを語ってくれた。



IMG_6814.jpg
教授とはいえ、生粋のアーティストさんだね。







IMG_6797.jpg
では最終日にまた来よっと。
お気に入りがまだ飛び立ってなければ、連れて帰りたい。



IMG_6816.jpg





IMG_6518.jpg

山 椒 魚

プライベートでお世話になっている方と、その娘さんの
仕事における大きな決断への、ささやかなお祝いで「 山椒魚 」へ。
以前行ったのが もう 4年前か、5年ぐらい経ってると思ってたけど。

sanshouo.com
instagram.com/hiroshimasanshouo

IMG_6519.jpg
予約していくと、コース料理のみとなっていた。
日本酒とスパイス料理がテーマのお店だったけど、車なので
お酒は呑めないし、コースに期待しちゃうね。

最近、このblogに載せている写真はほとんど iPhone 11で
しかも Instagramの弊害で 縦撮りばかり。

もう一眼デジカメ離れがヤバイ〜 なのでカメラ変えたい、
買いたい。笑


IMG_6520.jpg
柿とクミン出汁 すりながしで始まり。



IMG_6524.jpg
自家製ハーブ生春巻。この花も食べれる。



IMG_6527.jpg
鶏つみれ汁碗。見た目ほとんど白味噌汁、味はもろアジアン。
この葉っぱは確か、グリーンカレーとかで見かけるコブミカンの葉。
食べれますよ。


IMG_6528.jpg
北広島町の猪肉 ネパール蒸し餃子 ここの名物ですね、
小籠包みたいだけど、より味わい深い、美味しい!!
でも 4年前も思ったけど、やっぱりこれ3つは食べたいな. 笑



IMG_6534.jpg
旬の野菜、スパイス炒め。濃く甘い味のするじゃがいもと銀杏、
生ピーナッツなど、スパイス炒めと言っても香る程度で
ほとんど素材のままの味わい。



IMG_6532.jpg
スジカツオ ゴアソース ブーランジェリードリアンのカンパーニュと。
懐かしいドリアンのカンパが、いい仕事する。
久しぶりにドリアンのパン、あのラスクも食べたいなぁ。

derien.jp/

IMG_6537.jpg
北広島町 鹿肉 炭火グリル。鹿頂くの久しぶり〜 
しかも( 鹿も )美味い!




IMG_6541.jpg
〆は ダルバート タルカリ。チキンカリーと豆のスープ、
季節のタルカリ、季節のアチャール、バスマティライスで。
やっぱりアジア系のカリーはインディカ米が合う。
このバスマティ米はほんと美味しかった。


IMG_6543.jpg
仲良く 3人並んで、ご馳走さまでした。私でもけっこう、
おなかいっぱいになったよ。大満足のスパイスコースだった。



IMG_6546.jpg
デザートもマサラチャイのアイスクリーム、

加賀紅茶ブラックマサラティーと。

このチャイのアイスが絶品!だった。この玉であと
3個は食べたい。


IMG_6516.jpg



IMG_6514.jpg
コロナ禍でなんと、自動ドアを復活させたらしい. 笑

泣けるねぇ。
また行きたいけど、やっぱり日本酒 呑まないと
もったいないな、ここは。




IMG_6340.jpg
この日は仕事ではなく、身体を整えるため松山へ。
宇品から車でフェリーに乗り これは途中の呉港にて、いつもこの
呉海上自衛隊の艦艇が見えると、ワクワクするなぁ〜 
とても好きな景色、能美島育ちだからね。
mod.go.jp/msdf/

でもフェリーがシーパセオじゃなかったので、残念。

setonaikaikisen.co.jp/newferry/


IMG_6344.jpg
造船所との隙間に、潜水艦が見えたりするのよね。


IMG_6352.jpg
海辺に錆色だらけの工場が、やっぱりインダストリアを思い出す。
(未来少年コナンより)


IMG_6358.jpg
音戸大橋をくぐったら、1時間半寝て待つ。





IMG_6359.jpg

ゑびす丸

松山に着いたら時間もないので、久しぶりのマルブン「 ゑびす丸 」へ。
海鮮丼はイカをいただきました。美味しいねやっぱり!


IMG_6364.jpg

隣の瀬戸内 海響市場にて、熊福の「 美豊卵 」たくさん売ってた!
買って帰ろっと! 

さて神の手を持つ河野先生の治療院へ、何年ぶりだろう。
デブデブの身体、しっかりと整えてもらい指導されて来ます。恐

kumafuku.jp/bihouran/



IMG_6329.jpg
USAGIYA 

Salon

ウサギヤサロンさんが フランス雑貨屋から飲食店として開店してから
7周年を迎えた。どうやらお店でパーティーをするらしく、お呼ばれに。
instagram.com/usagiyasalon


IMG_6327.jpg
リゴロデセール安田オーナーからも誘われて、行ってみると狭い店内は
すでにごった返していた。それぞれお店を経営している 3名のオーナー、
バーテンダーと生ハム職人、カレー職人を連れ込んで、
その 3セットを会費でいただくという。狭いキッチンに大きなヤローが
3人も立って、ちょっと無理ないか? 笑

rigolo2008.com/
instagram.com/rigolodessert


IMG_6339.jpg
この生ハムもよかったけど、カレーもフィン喫茶さんだったから

とうぜん美味しかったね〜 おかわりできたし。


IMG_6336.jpg
ウサギヤさんはもっぱらサービスに回り、続々と来る客も
彼女マターなヤローたちで溢れてきたので、早々に退散した。
リゴロさんもお酒ものめないし、お祝いだけして帰りましょ。





IMG_6435.jpg
さてその 3日後、またまたウサギヤサロンへ リゴロ安田さんと。


IMG_6433.jpg
実はリゴロさんがここのかき氷を食べたいと。なんでも来年、
お店でかき氷を売りたいらしい。
リゴロは以前から、カフェスペースで出しているパフェも人気で
テラス席が 5席も増えたからね。


IMG_6430.jpg
それにしてもさすがの ウサギヤサロンのかき氷。
今や年中出している定番メニューで、週に 2、3度は食べに来る

ヘヴィーユーザー( しかも女子 )も少なくないらしい。
金曜日だけ夜営業もしているけど、仕事終わりの若い女性?が
かき氷を食べていたし。
毎年季節限定のテイストで変わるメニュー、平日でも予約しないと
まず入れない。

この日食べたこの 「 芋栗プリンモンブランのメルバ 」も
めちゃ美味しかった。


IMG_6440.jpg
とにかく 7周年を迎えられて、おめでとうございます。
お客様の商売が当たりそれが 1年、3年、10年と長く続くことが
デザイナーとして最高のよろこびです。



IMG_6241.jpg

MARIO ESPRESSO

Wraqua Midorii


ラクア緑井のマリオエスプレッソ、リニューアルオープンの施工時に
追加仕事じゃないけど、この WELCOME看板の位置を
替えてほしいと依頼が。ちなみにこれは完成写真ね。
ezuyalan.com/room/2022/08/

278A0414.jpg
Before

修復前。これはもともと2001年、福岡キャナルシティに出店した
「 サンマリオ イタリアーノ」のディスプレイ看板。
これと同じサイズのパスタ、ピッツァの看板など 5枚も製作して
オールヴィンテージの巨匠、寺山さんの車で福岡まで取り付けに行ったのは
もう遠い昔だな。 ちなみに一番大きなシーフードイタリアン看板は今、
観音マリーナのマリオエスプレッソにて現役中。


278A0416.jpg
まずこの貝の割れ目を塞がないとね。これはハンズで購入したもので
塩ビのような素材でできている。


278A0427.jpg
和紙をちぎり丁寧に貼って補強する。乾いたらペンキを
何層にも塗り重ねる。


278A0430.jpg
ペイントしていく、エスプレッソに合わせてベースは赤にした。





IMG_6239.jpg

After


ファサードのドアフレームにアームを取り付けて、完成。


IMG_6240.jpg
いい感じだね、これであと 5年〜10年は充分、保つだろう。




278A0613.jpg
いつもながら、毎朝この景色を見ながら仕事するのって
なんて素晴らしいことだろう。


278A0611.jpg

Shimahei


久しぶりの戸山巡り〜 天気も最高の 10月、まずは燻製シマヘイへ。

shimahei.com/
instagram.com/kunsei_shimahei/

278A0610.jpg
相変わらず気持ちいいファサード。秀逸なハンドミーダウン デザイン。

hand-me-down.jp/


278A0596.jpg
朝陽が店内を暖かく包むように。


278A0605.jpg
その空間で + 明るくかわいいマダムのサービスが居心地いい。



278A0608.jpg
アイスコーヒーとおすすめのジュースをいただく。



278A0606.jpg



278A0598.jpg



278A0609.jpg
この蜂蜜を買ってみた、ついジャケ買いで. 笑

instagram.com/hachimitsuyama/




278A0604.jpg
新しくギフトケースができていた。デザインはもちろん
地域デザイン研究所、納島さんだ。
local-design-labo.com/


278A0612.jpg
シマヘイの駐車場はお店より少し上がったところに整地されている。
そこまでの道がまた、気持ちいい眺め。






278A0593.jpg

THE BREAD MART

Cadona

もちろんカドナへ行かないとね。広島パン職人の四天王、
戸山の BOSSへご挨拶。


278A0584.jpg
BOSS、ご無沙汰でした。戸山だから私の家から15分で行けるけど
近くて遠い名店だね。今はもう予約しないとパンはほぼ持ち帰れない。
土・日は Katsuraさんがいるから、すごいサンドなどが食べれるけど

お客様も多いのよね。

BOSS は SNS興味ないから、KatsuraさんのInstagramでチェック!
instagram.com/masao_katsura/

278A0588.jpg
鮮やかな BOSSの生地分割作業。見ていて早いね〜と言うと

「 これで? ぜんぜん〜 」もちろんわかってますよ、それぐらいは。
秤がデジタル式になってたし、やはり昔の上皿槓桿じゃないとね。



278A0586.jpg
カドナさんもこの地に来てもう10年になるのかな。早いようで
やっぱりずいぶん昔のように感じる。


IMG_5931.jpg
外にはなぜか?屋台が置いてあり、なんかまたやらかしている
みたいですよ. 笑








278A0614.jpg

STRATO

burger & grill

さてと、ランチはやっぱり無難にバーガーにしよっと。
instagram.com/strato_burger/


278A0616.jpg
この日は タチマチクリエイティブの SAKURAさんと
打ち合わせとベンチマークに同行してもらって、美味しい時間。
instagram.com/a2shistagram36/


IMG_5941.jpg
 この目の前をゆっくり流れる川と景色がまた、なんとも気持ちいい。






IMG_5943.jpg

a n a n a s

そしてタイムリミットギリギリだけど アナナスへ。
ほんと希少な田舎のケーキ屋さん。開店からもう 21年になるかな。
私にとってはお客様だけど、贔屓なしに
広島 No.1のテイストとクオリティ。

これ、久しぶりに詳しい blogみっけ。
yukinekokeikatsu.com/entry/ananas
marugoto.love/archives/


IMG_5942.jpg
でもなんと、この日は朝から水道トラブルでお店は閉店に。
でも名物のメレンゲとバターケーキが残っていたので GET!
久しぶりにアナナス妹さんにも会えてよかった〜
ではまた来ますね!


278A0482.jpg

広 協 HIROKYO


お客様でもあり、もうかれこれ 35年はお世話になっている、
保険の「 しまづ 」さん。うちの保険はほとんど

島津さんにお任せしている。この度、社名変更によりサイン類を
リニューアルすることに。まずはこの A型立て看板から。



278A0481.jpg
このサインボードもかれこれ15年?前に製作したもので、下部は
黒板のようにボードマーカーでメッセージを書ける。
営業後は室内に入れていたので、思ってたより痛みが少ない。


IMG_5333.jpg
ベースを徹底的に磨き上げ、ロゴを落として白ベースを塗り直す。
新しいロゴをトレスダウン、ペイントする。


IMG_5378.jpg
ちょうど鈴木さんが来ていたので、久しぶりにペイント!


IMG_5536.jpg
枠の傷を補修してから、青く塗り直す。木製の脚も当時と同じく
オイルステン仕上げに。



IMG_5535.jpg
なんとか完成〜 さっそく納品に。



IMG_5590.jpg
ここがいつものポジション。



IMG_5591.jpg
ドアガラスのロゴ、カッティングシートも貼り替えて いい感じ!






IMG_5592.jpg
私の親戚に保険屋になった叔母がいて、急に人が変わったように
勧誘しかしなくなり、親戚だけどまったく縁が切れてしまった。
だから若い頃は保険と聞くだけで、けぎらいしていた。

20代の頃、島津さんと自動車保険の契約してから、その誠実な対応に
何度と救われたものだ。私はよく事故をしたからね。
ほんと小さな案件でも すぐ動いてくれるし、それはもう
30年経った今でも、これからも変わらないんだろう。

ここは旧街道沿いだけど、車線も狭く交通量も多い。
なので車からだとA型立て看板はとてもよく目立つ。
ここからあと 5〜10年?は保ってね。



278A0527.jpg

MARIO DESSERT & CAFE

Wraqua Midorii

天満屋からラクア緑井として開店して、50日。残りの店舗も来年の春?まで
五月雨式に開店するらしい。今風だね。
2階にあったマリオデザート & カフェは本日、無事オープン!

写真、どこの子かはわからないけど、ウインドウに張り付いて
いつの時代も子供はそんなに、変わってないのかな。



278A0518.jpg
正面入り口から右側、天満屋の時と同じく駐輪スペースになってる。



278A0515.jpg
まぁローカルなのは仕方ないか。25年、地域に根差しているからね。



278A0514.jpg
スムーズに開店。1階とはいえ かなり開けたオープンカフェになった。





278A0548.jpg
黄色と青のコントラストが、この頃のマリオデザート定番。


278A0549.jpg



278A0544.jpg
土曜日だし、朝からカフェを楽しむお客様が続々と。年齢層も様々に。



278A0542.jpg
オープンキッチンで前の店よりも開放的に。





278A0531.jpg



278A0524.jpg
ケーキのショーケースは以前のようなドーム型ではなく、
よくある 3段タイプに。コストや管理面、アフターコロナでの
サービスの在り方など、時流だね。


278A0540.jpg



278A0538.jpg
新しくクロワッサンと揚げたてのドーナッツや、大きなパニーニ、
定番のスコーンなどラインナップ。





278A0526.jpg
焼き菓子やクッキーは変わらずに、ギフトやお土産にセットできる。


278A0525.jpg








278A0546.jpg



278A0536.jpg
ん?  見覚えのある濃い面々が. 笑



278A0535.jpg
マネージャことサンマリオ永田社長(中)と、MARIOといえば
寿珈琲の割方社長(左)ご無沙汰してました。やはりオープンは

ちゃんと見届けに来られますね。

poppo-cafe.co.jp


278A0512.jpg
サンマリオグループ専属の設計デザイナー、岩田氏。
もう 25年来のお付き合いだけど、若い頃から常にクールガイ。
老舗工務店の社員であり、MARIOマスター(会長)の良き理解者。


278A0552.jpg
彼のおごりでランチもここのナポリタン〜 試食で食べた時より
ずっと美味しくなっているな。



278A0510.jpg
そしてデザートには今回、肝煎りのドーナッツ。リングではないけど
フワッフワの生地が美味しかったですね! けっこう大きいし。






IMG_5588.jpg

なぜかこのハット?がディスプレイされていて
たしか会長室に置いてあったから、たぶんマスターの
思い入れがある品なのだろう。

まずはともかくオープンして
落ち着いたらすぐまた、追加のディスプレイなど入ってるので
よろしくです。



IMG_2803.jpg
MARIO DESSERT & CAFE 


緑井の天満屋が閉店して、1階のマリオエスプレッソはこの 8月に
なんとかリニューアルオープンできた。続いてもう 1店、2階にあった
「 マリオデザート & カフェ 」は 1階に移転されることに。
2004年、隣のコジマやフジと連絡通路でつながり その入り口に開店。
マリオデザートにカフェを併設したのはここが最初、地域の主婦層に
とても人気のカフェになっていった。

この写真は閉店前に撮影したものだけど、検索したら
とてもわかりやすい YouTubeが上がっていたので。
やっぱりここまで編集して載せれるのって、すごいなぁ. 笑
https://www.youtube.com/watch?v=n_MtKkGbMwI


IMG_2810.jpg
18年前、この頃はどのデザートの開店も、壁のサインもストライプも
すべて手描きペイントで。しかも店舗によって毎回、ストライプの太さと
色の濃さを変えるこだわりよう。



IMG_2805.jpg




IMG_2809.jpg
ショップの奥は細長いカフェスペースになっていて、平日の昼間は
安佐北区の奥様方で、常にほぼ満席。

ちなみにこの開店から、あの木彫りケーキディスプレイが始まった。
ezuyalan.com/room/2004/


IMG_3123.jpg
最終日の閉店直前は、ケーキケースの前に 30人ほどの列が並び
売り尽くしはすぐ完売に。18年は伊達じゃないね。



IMG_2853.jpg
この正面から見える、2階の窓がすべてカフェスペース。
25年の歴史と共に、これで広島の天満屋はすべて幕を閉じた。







IMG_5334.jpg
さて、1階に降りるマリオデザート&カフェは、エスプレッソが
8月に開店してから、2ヶ月間でオープンさせないといけない。
そこで MARIO本部にあるデッドストック倉庫から、使えそうなこの看板を
掘り出してリペアする。これは以前、ゆめタウン店用に 製作したもので
汚れを落とし、再ペイントしてる途中。それにしても
よく彫ったもんだ。



IMG_5294.jpg
オープン 1週間前には店舗としての施工はできてるけど、ここから
ディスプレイや細かな微調整が始まる。



IMG_5296.jpg
MARIO専属の設計デザイナー、岩田さん(左)とマスターこと
池田真理雄氏( 現・サンマリオ会長 )施工完了して受け渡し後も
入念にチェックする。追加の施工指示や変更など、2人で決めていく。
MARIOの新店舗は95年からすべて、岩田さんの設計デザインなので
2人が組んでもう 27年。



IMG_5295.jpg
商業施設内でテントがあるのは、カフェスペースでも屋外のような
リゾート感を演出しているため。そこでこの左側の壁面が
塗装しただけではのっぺりとしているので、いつものごとく かる〜く
エイジングすることに。


IMG_5430.jpg
オープン3日前、夜中までせっせと染みを付けていく。
エイジングと言っても、ハンドミーダウンさんみたいに出来たての壁面を
20〜30年分、経年劣化させるようなレベルの施工ではないからね。
90年台の MARIOはそんなエイジングもやってたけど、ここは
ベタ塗りされたこのキレイな黄色が軽くて、浮いて見えるので
もうちょっと落ち着かせるように。立体感をつける。

hand-me-down.jp


IMG_5431.jpg
川邊店長に撮られた仕事中。楽しそうにやってるけど
さすがに歳はとるもんで、塗り出して 2〜3時間で 手があちこち
痛くなった. 笑 



IMG_5444.jpg
この椅子もテーブルも、2階にあったカフェからのお下がりで
それと新しい店舗とのギャップを、エイジングによって緩和させる。


IMG_5441.jpg
ちょっとやり過ぎたかな? 笑



IMG_5442.jpg
ま、いいか。良しとしよう。







IMG_5434.jpg

MARIO ESPRESSO

MIDORII

さて、やさしい店長から賄いのサービス! マジありがたいね。


IMG_5438.jpg
マリーナのエスプレッソ自家製のバジリコで作ったペーストで
イカとジャガイモのジェノベーゼ。  濃いなぁ〜 美味しいね〜



IMG_5440.jpg
このナポリタンは、カフェで出るメニューを試食させてもらった。
味はいいけど、ちょっと上品で物足りないな。





IMG_5575.jpg
そんなこんなで、なんとか移転オープンです。




278A0459.jpg

Boulangerie

LAPAIN

先日フレスコサンドカフェのスタッフさんに、西条で美味しいパン屋は?と
聞くと、ラパンだということで。さっそくゆかわ歯科から車で 20分、
ラパンといえばもう 7年前の「 パンやミーティング 」思い出す。

instagram.com/boulangerielapain/

IMG_5254.jpg
以前はかなり郊外で、田んぼがある住宅街の小さな店舗だったけど
昨年の 11月、前の店舗を閉店したらしい。


IMG_4708.jpg
明るいパン屋さんで商品も豊富、美味しそうだ。ただしコロナ禍で、
お客がセルフでパンをとることはできず、ケーキ屋さんみたいに、店員に
オーダーしてレジに。人気店だからお客も並んでいて、
店内での撮影も気が引ける。



IMG_5255.jpg
大きな通り沿いで開放的な一軒家、コロナ前はここでも
食べれたんだろうか。



IMG_5252.jpg
ゆかわ歯科の施工後に2度目の来店、今度はパトリックさんがいた!
お元気そうでお変わりなく、レジ前でいろいろ話したけど
やっぱり「 パンやミーティング 」がなつかしく、また集まりたいねと。
でも移転とコロナ禍で、だいぶ たいへんだったそうだ。
コロナ禍はパン屋やケーキ屋さんにとって、特需になったお店も
少なくないけど、それも一概には言えないのよね。