IMG_4021.jpg

PaPas MaMas

SPAGHETTI CAFFE

元天満屋緑井店のマリオエプレッソにて、リニューアル施工もあと一息、
毎日遅くまで心身ともにお疲れの川邊店長を連れ出して、
この近所でイタリアンと言えばここしかない!老舗へ。

上安のパパスママスは創業 26年になるかな。以前はHPも無かったけど
なんと Instaがあった。めずらし!
instagram.com/papasmamas_hiroshima/



IMG_4017.jpg
さきほどの前菜盛り合わせといい、このカルパッチョといい
往年の SAN MARIOを彷彿とさせるテイスト。
本家がとっくに無くした味わいを、ちゃんと続けて出されている。



IMG_4019.jpg
MARIOの川邊店長(右)と このメガネのとぼけたおじさんは、
近所の毘沙門台に住むウッチャン。この2人は私が高卒で入社した、
横川のアパレル系会社「増成織ネーム」の同僚だった。
ウッチャンは大卒で一浪してるので5つ上だけど、腰が低すぎて
当時から同期のようなお付き合い。
3人はそれぞれに 今も仕事でつながっており、いいおっさんが
こんな80年代イタリアンで集まると、ロクなこと話さない. 笑

https://www.masunari-net.co.jp/


IMG_4025.jpg
ここで夜、食事したのはもう15年は経つだろうか。まぁ昼と違って
アンチョビキャベツとか、全体的にバリューなメニュー。




IMG_4031.jpg
このピッツア、美味しかったなぁ〜昔食べた時は小判形だったけど
生地もクリスピーでとっても食べやすい。



IMG_4029.jpg
イカの墨煮とか ちゃんとしてる、美味しい。



IMG_4035.jpg
実は先日 TVつけたら、広島のローカルなお昼の番組で
ちょうどパパスママスが紹介されていた。オーナーの大手さんが
しゃべり下手なのに出されていて、どうやらここを推薦した人が
行けば必ずこのカルボナーラを注文するという。

TV放送後、毎日カルボが注文されるようになり、卵が切れたりして
大手さんにその話をすると「このくそ暑いのに カルボばっかり
作らされてイヤになる!( − _ −; 」と笑っていったので
〆のパスタはあえて、カルボナーラで. 笑笑 




IMG_4039.jpg
その大手さん、広島イタリアン界のモト冬樹. 笑(本人がそう言ってるので)
MARIO時代の先輩で、出会ってから35年になる。
昔から印象がほとんど変わらないけど、頭頂部は何センチかは...笑

SAN MARIOが創業からちょうど 50年。 パパスママス や
愛媛のマルブンをはじめ、何十名も独立出店しているけど、なぜか
広島、特に市内は少ないのよね。そして閉店した店も少なくない中で
パパスママス は同じ場所で四半世紀、店舗を拡張しながら
不動の地域No. 1店になった。

近所に安田女子大があるとはいえ、開業当時は飲食業にとって
お世辞でもいい場所とは言えなかった。地域の発展と共に、
店舗も3倍大きくなり、駐車場も増えた。でも出している料理は
そんなに大きくは変化してない気がする。特にスパゲッティは。

今はその息子さんも厨房で働いている。
母親譲りのすらっとした身長で、親父よりイケメンだ。
ずっとこの地で、ここからさらに10年、20年と続けてほしい。

あ、その前に弊社がディスプレイした壁面
全面的にリニューアルするように。笑



IMG_4094.jpg
さてさて、事務所でこんなもん作りました。ピッツァと木トレイを
それぞれプリンターで出力、パネルに貼り 2段に重ねて半立体的に。
ピッツァは 7㎜ 厚 トレイは 5㎜ 厚で よりリアルに。直径 80㎝!
ピッツァの写真は先日、撮影したんだけどイマイチで けっきょく
2年前の冷凍ピッツァから転用。ムズイなぁ。


IMG_3779.jpg

MARIO ESPRESSO


さて感無量のいったん閉店から 1ヶ月、マリオエスプレッソ緑井店は
8月のリニューアルオープンに向けて、厨房の修理や全ての照明器具の
LED化など進めている。店舗自体はまったく変えずに、25年分の
最低限の補修をする。
なので こちらの仕事としては テナント側の
通路にある、ディスプレイコーナーの変更ぐらいね。



IMG_3774.jpg
と、思っていたら床のペイント補修を、スタッフの女性たちがするので
指導しろという。もちろん了解!

写真はまずプロの業者さんが、床のクリーニングしたところ。長年の油汚れなどで
ドロドロだった床を、ポリッシャーなどを駆使して表層を削り落としている。
MARIOは当時、床材もとてもいいものを使っているから、25年経っても
こんなことができる。マリーナ店の時もそうだった。
この後ワックスをかけてもらうのだが、その前にこのペイントを修復する。



IMG_3936.jpg
長くいるスタッフから、このリニューアルから務める新人さんまで
まずはみんなで下地塗り。古い店舗の雰囲気に馴染むよう、ペンキは
薄めて、木目が透けるように。


IMG_3937.jpg
しかもみんなお世辞抜きで上手。私が飲食業のお仕事絡んで 35年、
経験上確かなことは、飲食業で長く働ける女性は、絵心があること。
忍耐力があり、尽くせるタイプの人が多いこと。



IMG_3938.jpg
この 2人は特に上手い。おかげで思ったより早くできそう。


IMG_3943.jpg
一段落ついて、みんなでランチタイム。


IMG_3949.jpg
私はここから仕上げに入ります。


IMG_3945.jpg
なんと、いい感じじゃないですか。




IMG_3776.jpg
それにしてもこのキッチン上の壁ペイント、懐かしいなぁ 。



IMG_4107.jpg
25年前に作った木製の帆船キット。ホコリだらけになっているのを
きれいに洗ったところ。



IMG_4103.jpg
5隻作った中でも、この漁船が一番お気に入り。今も見れば必ず
島の海で漁や養殖のバイトしていたのを思い出す。イタリア船だけど. 笑



IMG_4104.jpg
この甲板、一枚一枚貼ったんよ〜 板を切って。



IMG_4105.jpg
このクルーザーが最初に作った一隻。こっちの甲板は漁船より
もっと大変だった。板を横に曲げて貼る技で、しかも細い板と
交互に貼っていく。死んだわこれ、独立して最初の MARIO仕事が
バイトでキットの造船所。


IMG_4108.jpg
浮き輪にMARIOの文字が、32の私、芸が細かい. 笑



IMG_4106.jpg
こちらのヨットはロープワークがすごいなぁ。



IMG_4100.jpg
この灯台もお気に入りで、スープボウルやココットで作った。







IMG_3967.jpg
そしてこの日は強力な助っ人が登場!
相変わらずパツンパツンのスタイル出立で. 笑


IMG_3971.jpg

touch mach


タチマチの SAKURAさんだよ、現場に強いなこの人は 相変わらず!
こんなペイントもソツなくこなしていく。とても安定感がある。

instagram.com/a2shistagram36/

IMG_4071.jpg
この日はとりあえず ここまで終了。お疲れさんでした。



IMG_4072.jpg
ファサードを含め、全体的に傷や汚れてるところをタッチングして
パッと見た目、きれいになったかな。


IMG_4074.jpg
この看板も下段に 25年前の営業時間が描いてあったので、
塗りつぶして ここからもう少し修正する。


IMG_4073.jpg
その左側の壁面ロゴも、もう少し濃いブルーに上塗りする。



IMG_3996.jpg
さて後日。エイジングも兼ねて、1人黙々と ひたすら塗るべし。







IMG_3975.jpg
仕事終わりの帰り道、祇園の讃岐屋にて。
スタミナがつくのを食べたい。



IMG_3978.jpg
そしていつも明るいドヤ顔、SAKURAさん. 笑




278A0281.jpg

S t e l l a r e


先月の山人での再会から、意気投合して今度は 3人で ステラーレへ。
余裕かましてちょいと早めに行けば、もう山平大将がお待ちかね. 笑
絵になる人だなぁ。

speranza-italia.com


278A0282.jpg
この窓の意匠がとても好みだ。透明なら 目の前は川が見えるのに
川辺の緑と風、ゆっくり黄昏てゆく 光を感じる。



278A0288.jpg
自転車でやってきた山平さんだけ、ソムリエマダムの
ワインおすすめコースにて Saluti  乾杯!




278A0289.jpg



278A0292.jpg
スイカのスープと水牛モッツァレラチーズ。甘いだけじゃない、
強いスイカの香りが印象的、しかも濃厚な。




278A0315.jpg
お料理ごとに セレクトされたワインが次々と出てくる。これはいいね。



278A0294.jpg
出ました! 鮎です。胡瓜とズッキーニのソース? ピューレかな。
それも初めての味わいで、青臭さとフルーティ、スッキリと苦味、
相反するものが口内で引き立て合う。以前から鮎を使うのは
石本シェフのオハコだね。

味わいながら 先日の山人の鮎を思い出していた。


278A0296.jpg




278A0299.jpg
前回、感動をつなげた自家製のパン。1番バッターはやはりブリオッシュ。





278A0303.jpg
本ミル貝とヤングコーン、これも出てきてペロッと食べちゃったから
ミルの食感と味わいは覚えているけど。あとは思い出せない。
やっぱり 40日遅れで blogなんて載せるもんじゃないね。
失礼しました。


278A0301.jpg



278A0307.jpg
旨そうでしょ。美味しいのよ。



IMG_3878.jpg
いいラベル、ベルデッキオも懐かしい響きだ。





278A0309.jpg
本穴子とフルーツトマト、茄子に バルサミコだったかな。
穴子の天ぷらが 繊細なイタリアンフリッタに。
衣の食感も絶妙ですね。



278A0313.jpg
前回、撮れてなかったチーズのパン。この形、かわいいでしょ。



IMG_3888.jpg
ソムリエマダムのとても丁寧なワイン解説と、
ちょっと酔ってきた、うれしそうな山平さん。笑



IMG_3879.jpg







278A0317.jpg
金目鯛と海老、サルモリーリオで。見た目以上、金目の皮が
香ばしく甘〜い! 絶妙な火入れ。


IMG_3892.jpg
すかさず石本シェフ自ら、温かいソースをかけてくれる。
やさしい味わいの繊細なアメリケーヌというべきか。
でもソースが残るから、パンをキープしておくべきだった。





278A0321.jpg
出た! NONだね。オサレなオルタナティブドリンク。
やっぱデザインもいいなぁ。








278A0327.jpg
メインのお肉はロゼール産乳飲み仔羊、無花果と。
またシェフ自ら赴き、大きなトリュフを優しく降らします。



278A0324.jpg
もうこれ、なんていうか... 乳飲み子羊って人生で 2度目か。
お肉がとても甘く、ほんとミルクのような甘味で。以前、カドーレで
出来立てのモッツァレラチーズを食べた時の風味と食感を
なぜか思い出した。


IMG_3897.jpg
パンも無花果、いい顔してる。これまた好み。








278A0329.jpg
パスタは青森産ポルチーニ茸に 36ヶ月パルミジャーノ。
国産のポルチーニって初めて、3年熟成のパルミもだけど
このパスタ、麺がまたいいね。すごい懐かしいの、この噛んだ時の
感触と味わいが最高。



278A0332.jpg
これは もう一皿、食べたかったなぁ。笑

なんとなくだけど、今回のメニューは前回と比べて、ベーシックな
イタリアンに寄せている感じがした。和食の山平さんいたから?
でもないか。2度食して思うのは、ステラーレは
「 和 」とも「 伊 」ともつかない、趣と味わいが愉しめる CASA。

石本シェフらしさが、この10年でいったん成熟した食卓、
広島の新しい リストランテだと思う。





278A0338.jpg
ドルチェのジェラートはエルダーフラワー、カモミールの効いた
エキゾチックな味わい。 あ〜 終わった。



IMG_3906.jpg
そして山平さん〆の一杯、グラッパはなんとベルタの SAKURA。
この木箱に入ったいかにも高そうなボトル、何故にイタリアで桜?
実は京都の有名なバーテンダーとのコラボらしい。
なんでも限定300本だとか、よく入手したね。
これはひと口でいいから味わってみたかったなぁ。





IMG_3908.jpg
このお二人と食事できるのは、とても楽しくて癒される一時であり
私にはほんとに贅沢な、食の学びの時間になる。

この日も料理に全力投球、石本シェフとマダムに

Grazie ! 


278A0272.jpg
FINE DAY


いつも気の利く ベランダカフェの K先生から、美味しいお裾分けが。
いつもの先生一押し、スウィンギングバードキッチンの姉妹店、

「ファインデイ」のドーナッツですね!
これはうれしい〜 しかも 3つも。

swingingbird.thebase.in
instagram.com/fineday_hiroshima/


278A0276.jpg
ファインデイも開店から2年!相変わらずずっと人気なんだよね。
申し訳ないので なかなか行けてないけど、それでもこうして頂いて
食べれてるから、幸せだよ. 笑
このキャラメルナッツ(右)とシナモンロールもさすがの
SHIZUKAさん!   でもでも〜


278A0274.jpg
やっぱり! ドーナッツといえば グレーズドですよ、もちろん。
スタバへ行くと昔から ついついシュガードーナツを買ってしまう。
アイシングはもうちょいと少なめが好みだけど、
とにかく生地が美味しいのよ。

この手のドーナツといえば 子供の頃、好きだったナガイのパン
(フジパン)の
シュガードーナツ? たしか50円だった。
ビンボーだったからめったに買えなかったけど、白いグレーズが
べっとりかかっていて、
それは子供ながらにもかなり甘く感じてた。
なのでおの甘〜い部分だけ先に剥がして食べてから、
ドーナツの生地を
噛みしめるように食べるのが、ちょっとした
贅沢だった。


島の小さな雑貨屋(自宅件お店のさんの奥にあるガラスの戸棚に
週一ぐらいでいくつかの菓子パンが入荷してたけど、
商品が残り少ないときはよく見ないと、古くて
カビが生えてたりする. 笑



IMG_3769.jpg
打ち合わせに行こうと事務所を出たら、信号に引っかかる。
目の前にはよく見かける ロゴマークの保冷車が。

hiroshima-mycook.jp
instagram.com/mycookmy/


IMG_3770.jpg
老舗のお弁当配達「 マイコック 」さんだ。
もうかれこれ 20年前の某経営セミナーにて、当時の松井社長から
声をかけていただき、会社のロゴデザインとこの配送車デザインを
提案させてもらった。この配送車のロゴレイアウトも
当時決めたルールをちゃんと守っている。

マイコックには高齢者向けの弁当を配送するサービスがあるけど、
これは当時、松井社長が始めた新事業だった。
高齢者一人ひとりの健康や病気に合わせて、栄養士指導のもと
弁当を作り配送するという。
その新事業のためにも、経営理念をロゴマークに反映したい。
ディスカッションして出てきたテーマを、すべて盛り込んで提案。
ロゴマークが表現するテーマとして

●マイコックは食材の中でも、特に野菜にこだわっている。
 弁当箱を開ければそこが畑になっている。
 新事業の種をまく = 芽が出る。
 
●経営理念 = 愛こそはすべて LOVE IS ALL.
 マークにハートを入れる  

当時もたしか 8案ほど制作して、この2つのコンセプトを表現した
ロゴマークに決まった。

ちなみにこの「マイコック」カタカナの社名タイポグラフィは
創業時から使っていたもので、とうぜん Aiデータもない。
そこでデータ化するにあたり、ちょっと現代風に(もう20年前. 笑)
こちらでアレンジしたもの。もちろん新しいタイプの書体でも提案した。
けど 私もなんとなくだけど、このタイポは再利用したいなと
思っていたので。おそらく70〜80年代の、それなりに腕の先輩方が
描き起こしたものだと思う。



あれから広島の至るところで、この車を見る度に
松井社長のことを思い出す。

「ネクタイをして経営者として勉強するよりも
 弁当のおかずを作ってる時が、一番幸せなんよ。」

毎日、一回一回、愛を込めて作らないと
美味しくはならないんだよと言っていた。

今はもう会長職に退かれたと聞いたけど、このマークも
いつかは変わり、新しい社長が背負って立つ
新しいマイコックになるだろう。
my-cock.png
愛こそは すべて。



IMG_3428.jpg
ogni modo


7月に入ってもまだまだ仕事も落ち着かない。でもまぁ打ち合わせして
ちょっとランチでも行こうかね?となることも。
近所で同じ店に行く確率が高いけど、ちょっとずいぶん久しぶりに
十日市の懐かしいイタリア料理「 オンニモード 」へ。

検索してみたらこれ詳しく載っていて、しかもおもしろいなぁ〜
「 君はまだ十日市を知らない 」

instagram.com/fumio.tanaka.ogni/


IMG_3424.jpg
定番のパスタランチにしてみた。このサラダが出て、


IMG_3426.jpg
前菜も出るのね。丁寧に調理されてるし、ちょっと
なつかしい味わいがする。これは期待できる。


IMG_3427.jpg
パンもかわいいサイズだけど、美味しい。



IMG_3429.jpg
やっぱりパスタもキチッとされている、女性ターゲットだろうけど
品のある美味しさ。あ〜 でもスマホ写真なのでほんと申し訳ない。

このシェフはどこで修行されてたんだろ?


IMG_3433.jpg
そしてデザートまで。ごちそうさまです! これ店によっては
もう+500円はするランチですよ。いろいろ良く考えられてるなぁ。

ここは昔、老舗の居酒屋だった店舗で 窓がないから暗いのよね。
おそらく居抜きでやってるから、ちょっと店内も居酒屋感が否めないけど
そのギャップをちゃんと活かして埋めて、運営されている。

なのでとうぜん、昼から女性客で満席になった。






IMG_3503.jpg

GOLDEN GARDEN

in Hiroshima WORLD BEER  Pub & Kitchen


またある日、わが故郷のお客様からとつぜんの呼び出し。
3年に一度ぐらいあるのよね この客、仕事にはならないけど. 笑
来いと言われたお店はなんとここ!

instagram.com/goldengarden_beer/
facebook.com/goldengarden/


IMG_3505.jpg
このイワシ?アジ? 魚の重ね焼きがなつかしいテイスト、旨かったね。



IMG_3508.jpg
さて次の店に移動〜なんとここで、ずっと会いたかった男に遭遇!
デザイナーの沖石さんだ。すごいなぁこれは、引き寄せの法則だね。
くつろいでるところおじゃましてすみません〜
では次は Area ku-ga で再会しましょう!

hiroshima-artscene.com/
facebook.com/y.okiishi/about






IMG_3516.jpg

BOCCA ROSSO


さて移動〜 連れて行かれたのがこれまたいつもの「ボッカロッソ」笑
まぁ MARIOでも夜しかやってない、とにかくお手軽なのよ〜


IMG_3515.jpg
定番ながらこのトリッパも 美味しかったなぁ。安いし。



IMG_3518.jpg
ボッカといえば とうぜん居ました、
恵美( えみ・いかついけどかわいい苗字. 笑 )シェフです。
10年越しに帰ってきた 90年代の MARIOヤローで
袋町のマリオエスプレッソが生まれた頃の、30年前の味わいを
再現できるんです。




IMG_3520.jpg
その恵美さんらしい、MARIOベタ中のベタパスタが このイカ墨!
安定感バツグンですね、明日のトイレを気にしながら. 笑


Grazie!!



278A0112.jpg
JAM cafe 


三原のジャムカフェさん、店舗をリニューアルしたのはもう 12年前。
そして雑貨 & カフェから、カフェオンリーになったのが 5年前。
この度コロナ禍でいろいろあって、なんだかんだで思い切って
2度目の全面改装リニューアルへ。

jamnezumi.blog.fc2.com/blog
blog.2017/7


IMG_3448.jpg
外装は壁面の色をブルーに、なんかMARIO DESSERTの並木店みたい。
テントもちょっと破れてたりするけど、予算オーバーで
これはまた来年以降に。



IMG_8225.jpeg

Before

今までの店内は意外と広く、でも壁の半分近くがガラス面で 外からは
丸見え、カフェとしては 14席あるけど、座っていても
ちょっと落ち着かないかも。


IMG_3249.jpg
今回のリニューアルで、まず一番の目的はキッチンの位置を変えて、
厨房機器を新調すること。それに伴いカウンターと壁を2ヶ所立ち上げて
店内を 4ブロックに分ける。
でも内装工事はオーナーの親戚業者がするので、私は店舗施工の
アドバイスとレイアウト、コーディネイトまで。



jam2022-7.jpg
とはいえ予算はとても厳しいので、床の補修塗装はオーナーさんと
二人で仕上げました。写真は同じ三原のサカナザの Tシャツを着て

作業する私。見ての通り暑苦しいヤツ. 笑

この床は 12年前に、ウッドプロの中本社長が自ら 施工したもので
杉の足場板の表層 5㎜だけスライスした薄い板で、当時まだ
プロトタイプの商品を格安で提供してくれたもの。
一見フローリングのように見えるけど、よくあるフロアタイルの上に
5㎜厚の足場板を、カーペット用の両面テープで貼り付けている。

でも杉だから 5年保つかなぁ、ちょっと不安だったけど...


IMG_3207.jpg

After

いい感じに仕上がりましたよ! 足場板もぜんぜん大丈夫だった。
もっと割れや ささくれがあるかなと思いきやである。



IMG_3204.jpg
オイルフィニッシュにしているので、3年ごとぐらいにまた
上塗りすれば、あと 10年は充分 いけそうだね。



278A0119.jpg
窓側の席は依然と同じテーブルで、でも奥の 2席は外に向いていて
お互い干渉しない空間に。



IMG_3219.jpg
この写真の奥にあった狭いキッチンは、お店のセンターまで出して
広くなった。この新しいカウンター越しに調理しながら、
客席を見渡せることがとても大切。




IMG_3209.jpg
写真の奥のスクエアスペースは、今までどおり 洋裁や手芸品を
作るための工房になっている。


IMG_3467.jpg
スクエアスペースのさらに奥には、ちょっと隠し部屋のような
プライベート席を配置した。ここは私もかなりこだわっていたので
このタイトな空間を施工してもらうまで、いろいろ障害を超えたなぁ。
実際、オープン日にお客様が座ってるのを観て納得。
これで正解でした。



IMG_3218.jpg
ファサードの入り口も課題だった。この古い大きなガラスドア、
道路から店内が丸見え、店内からも外を歩く人と目が合うし
良くなかった。ドアを変えるには高くつくし、遮光して店内を
見えなくするだけでは、閉鎖的で暗くなる。
そこでドアを開けた左右に、パーティションとしての壁を建てて
客席が見えないようにした。

こんな壁と店内の 1/3がカウンターで仕切られたのに、
客席数は以前と変わらず、しかも落ち着いてカフェできる。
想定以上のリニューアル成果だと思う。





IMG_3470.jpg



IMG_3451.jpg
もちろんメニューも一新。若干の値上げもこのご時世だから
やむを得ない。





278A0115.jpg
オープン日だから という訳ではないが、いつもとながらJAMさんの
美味しいランチ。しかもこのリニューアルから新しく、
酵素玄米を提供することに。写真のはまだテストで炊いたものだけど
完璧の仕上がりに! これはうれしいね。

とりあえず週に 2日は酵素玄米が選べるようにするとか。そのための
酵素玄米専用の炊飯器は、なんと「 まめそら 」空田さんから
購入させてもらったもの。まめそらは一旦、閉店しちゃったけど
酵素玄米は三原でも、食べれるようになった。



IMG_3460.jpg
食後の珈琲はもちろんイリガン珈琲。わざわざ広島から毎週持ち帰り
この味わいを三原で守っている。ただイリガンはちょいと高価なので
ノーマルなブレンドコーヒーも選べる。



278A0122.jpg
ここの手作りまるパンとスコーンもかなり個性的. 笑 美味しいけど。






IMG_3473.jpg
今回のリニューアル、コロナ禍でカフェとしての方向転換や
いろんな葛藤もあったらしい。
でもオーナーの JAMさんが、何度と言われてたのが
これからの 10年をリアルにイメージしたということ。

がんばるのは当たり前ですが
でもたのしんで。
今まで通り、そしてこれからも。


278A0108.jpg
7月に入り、k i r i n の沖村さんがよく手伝ってくれて、助かってる。
休日返上で来てるから、ほんとありがたいことだね。



278A0107.jpg
それにしても20代の頃の、人として成長する速度は なんて早く
大切なことだろう。
彼女が穴吹デザイン専門学校の学生だった 7年前からすれば
ほんとにすごい成長ぶりだ。この頃の経験が、その後の人生の
20年分を ほとんど決めるんじゃないかと思っている。



IMG_2845.jpg
同じ穴吹出身でひとつ下の代田さんも週 1、2度ほど、短い時間でも
バイトに来てくれる。同級生の鈴木さんと合わせ、穴吹出 3人で
現在の絵図屋は成り立っている。ありがたいね。





IMG_3189.jpg

touch mach


ありがたいと言えばもう一人、忘れてはいけないこの笑顔。
「タチマチ」の SAKURAさんも、快進撃の活躍ぶり。


instagram.com/a2shistagram36/


IMG_3193.jpg

Kamal Cafe


この日は久しぶりにランチで「 カマルカフェ 」へ。前から気になってた
横川駅裏のインドカレーだけど、カフェなのね。

instagram.com/kamal.cafe
ja-jp.facebook.com/KamalCafe


IMG_3187.jpg
店内は居抜きの店舗ぽくて、ちょっと怪しげだけどメニュー見たら
このノリですね。先程のナンも美味かったし〜



IMG_3198.jpg
なかなかねちこい壁画がいいね。ただテーブルの真ん中に大きな
アクリルスタンドがあるから、向かいの彼女がこんな写真になる。



IMG_3196.jpg
カリーも申し分なし。また来よっと!



IMG_3197.jpg
1年前よりちょっと丸く?なったけど. 笑 とにかく前向きで行動的、
特に仕事において、物事を構築していくスキルが高い。
とてもこの春卒業した新人とは思えないほどね。見た目ちょっと
ヤンキーっぽいけど. 笑

まだまだ タチマチなところだけど、未来が楽しみな人だ。



IMG_3133.jpg
MARIO ESPESSO 


天満屋緑井店が本日をもって閉店する。これで広島の天満屋は

すべて撤退へ。25年間、公私にとても思い出深い 場所なので
最後を見届けに。
marugoto.love/archives/


IMG_2797.jpg
マリオエスプレッソ 緑井店で、天満屋としての 〆のパスタを。
店長のおすすめで、博多の辛子明太子とイカの和風スパゲッティ、大盛りで。
明太子がこれでもかと〜 これは入れ過ぎよ、サービス過剰でしょう. 笑



IMG_3122.jpg
エスプレッソは既存のまま残ることになった。8月の再開店に向けて
このディスプレイコーナーも一新するので、お楽しみに。



IMG_3119.jpg
25年前の開店は、私が関わらせてもらった 飲食店の仕事の中でも
最も成果の出せた、キツくて楽しい仕事だった。
退職して、ここの近所のアパートでバイトを掛け持ちしながら
この仕事を受けて、やる気と不安に溢れていた。若かったねぇ。

ezuyalan.com/room/1997/08/wood-ship.


IMG_3129.jpg
最後の仕事も落ち着いた頃、川邊店長にいったん ごあいさつ。






IMG_3130.jpg
なんていい笑顔するんだ。こいつは何年経っても。

店長とは40年来のお付き合い。私が高卒で横川のアパレル系会社に
就職したときの同期だった。その後、私は 2年ちょっとでクビになり
ケンちゃんは(当時の川邊のあだ名)その後、退職。
偶然再会したのが、なんとサンマリオ庚午店で働いている彼だった。

あれから 33年。この 25年間はずっとこの緑井店の店長として
まさかここまで MARIOで働いてるなんて、本人が一番、
びっくりしてるだろうね。
33年前、あの頃の MARIO に勤めてた者なら、それがどれほど
たいへんで すごいことなのか、言わずもがな。
彼の頭頂部がずいぶん後退しているのは、遺伝ではないと思う。
職場でのストレスが原因だと、私は断言できる。


何はともあれケンちゃん、お疲れ様でした。
またここから、終わりの始まり。
身体は大事にね。



278A10043.jpg
スパゲッティバジリコ 

13日、木彫りパスタもすべて完成し、14日は6時発の新幹線で
いざ新横浜へ。施工用の材料とか忘れ物はないか?  ヒヤヒヤながら. 笑

saint-marc-hd.com/kamakura/brand/bajirico/


IMG_3068.jpg
そのディスプレイ施工から 2週間、 開店前日に最終仕上げと撮影のため

再び新横浜駅へ。写真は開店直前の店舗前、いよいよだなぁ〜




278A10039.jpg
ファサードの左側、レジとテイクアウトコーナーはこんな感じに
プラザ通路からもここがよく見える。




278A0051.jpg
その奥のキッチン入り口には、パスタをテーマにした洋書と
木製のカトラリーをディスプレイ。すべてフリマサイトで集めたもので
ほんとフリマサイトは素晴らしいね。



IMG_3033.jpg
鰻の寝床的な、細長い店舗でセンターにはオープンキッチンとカウンター席。




278A0032.jpg




IMG_3037.jpg
カウンター奥にはテーブルが 4卓、壁のセンターにも木彫りパスタ。



278A0006.jpg
シンプルだけどクールでインパクトあるトレイに、手作り感あり過ぎの
木彫りパスタがギャップ強いなぁ。



IMG_3074.jpg
これが実際のパスタ、ちなみにこれは一押しの「 しょうゆバジリコ 」
オープン記念で半額でしたよ。



IMG_3070.jpg
でもさすがチェーン店グループの開店スタッフ、ほとんどバイト・
パートさんなんだろうけど、仕事ぶりがめちゃいいです。
教育もいいのだろうけど、この開店の賑わいというか熱量、
久しぶりだなぁ。









278A0062.jpg

横濱 元町ドリア


さてバジリコのある 1階から 9階へ、スパゲッティ店よりちょっと
客単価も高い、ドリア専門店へ。
写真は店舗受渡しの最終チェック、ポリディアインク設計デザインの
中住さんが、細部まで徹底的に指示しているところ。
この人は優しいイメージだけど、仕事ぶりがほんと かっこいいなぁ。

saint-marc-hd.com/doria/


IMG_3061.jpg
パリのイメージフォトフレーム 23枚は、このハンガーフックの棚に
レイアウト。中住さんに位置決めしてもらい、ひとつずつ
シリコンで接着して固定する。地震で倒れて、お客様の頭上に
落ちてこないように。



278A0093.jpg
それにしても中住さんのレイアウト感覚、さすがのセンス。



IMG_3056.jpg
客室は L字型になっていて、席数も多い。





278A0071.jpg
ファサードのサンプルケース、下段の寸胴鍋 5個も広島で用意して
送ったもの。これが意外とトラブってしまい、一番大きな鍋 2個が
横浜に配送する日まで届かず、結局持参するハメに。
中国産は納期に余裕のある時のみ、注文しよう。



278A0078.jpg
それにしても美味しそう〜 バジリコのスパゲッティが思いの外
ボリューミーで、ドリアは食べれんかったなぁ。残念ながら。



278A0068.jpg
いよいよ開店、ファサードにも期待感と緊張感でいっぱいに。




IMG_3080.jpg
もう最近はこの LEDパネルスタンドが定番だよね。このぐらいの
グループともなると、社内に広報制作室やデザイナーがいて、こんな
A1サイズの透過用プリントまで、自社ですぐ出せるようになった。
しかもランニングコスト安い。うちの仕事が無くなるわけだ. 笑




IMG_3079.jpg
この隣には横浜老舗の洋食屋さん、そこはすぐ満席になっていた。
店の正面にはちょいと高級ステーキハウス。
それにしてもやっぱり横浜、客層が明かに違う。
品がいいな。


まぁとにかくなんとか 2店同時開店、完納できた。
素晴らしいお仕事を、ありがとう。