ひろしまデザインびと n-11
Hiroshima Designer / creator SEKIURA DESIGN  2022.02.05 Sat

20220211184120.jpg

SEKIURA DESIGN

 

セキウラデザインの関浦さん会いたくて、失礼ながらアポなしで

ボノベイクへ〜 お店の横にあるデザイン事務所は以前と変わらず

コンパクトながら、陽射しが空間を柔らかく包み込む。

 

関さんとは 12年前、H-ADCで 出会ったけど

あの納島さんと同じく、広島では今や伝説の 草分け広告制作会社

サブロー広告の出身だとか。私も広告系で初めて勤めたのは

「太田デザイン事務所」なので、ルーツはどっぷりサブローの血統。

だから関さんには一方的に、勝手に親近感を覚えている. 笑

 

でも関さんは、ぜんぜんサブローらしくない

グラフィックデザイナーだと思う。

 

sekiraracom.tumblr.com

bonobagel.thebase.in

 

 

20220211184044.jpg

飾り気のない事務所に、1番に目に付くやつ。笑

 

 

 

 

20220211183110.jpg

ごぶさたしてました、何年ぶり? たぶん H−ADC以来だから

6、7年ぶりかな? とはいえ見た目の印象が変わらない、むしろ

若くなってるような感じがするね。

 

 

 

20220316175109.jpg

事務所に入ってまず話してもらったのが、この「 倉橋島お宝地図 」です。

ありがたいことに一部いただいたので、これは帰ってから撮影したもの。

以前から彼のSNSで見て、とても気になってた。倉橋島といえば お隣は

私の故郷、江田島( 旧 能美島 )であり、とてもなじみ深いところなので。

 

お宝地図、詳しくはこちらから。active-hiroshima.jp/

 

 

 

20220316175221.jpg

倉橋島の地元食材を、広島に縁のある東京のイタリアンシェフと

一緒に開発した、新しい郷土料理「倉橋島お宝フリット」

表にはそのレシピとかわいい井上朝美さんのイラストが、これまた

関さんらしい、ミニマルかつゆる〜いデザインで展開している。

 

asamiinoue-illustration

http://kazamai-asami.com

instagram.com/asamiinoue_illustration/

 

このdancyuから必見 dancyu.jp/

 

 

20220316175149.jpg

A2サイズを 4つ折りにしている、開くと倉橋島の地図に

このフリットが味わえるお店や旅館などが載っている。

 

 

 

20220211183812.jpg

ちょうどその「 倉橋 ZIMAE 」のブランディングセミナー用に制作した

プレゼンシートも見せてもらった。

 

 

 

 

20220211183754.jpg

 

 

 

20220211184007.jpg

そのシートがまた秀逸なデザイン。わかりやすく色数も抑えて

シンプル過ぎるぐらいなのに、なぜかクールにならないのが関さん。

 

この日関さんに会えたら、聞きたかったことは 2つ。

まずはこの倉橋島のお仕事だけど、発信している情報を見ると

どうも島、丸ごとブランディングしてる感じがする。

詳しく聞いてみたら、最初は一軒の旅館からお仕事が始まり

そこから 7年経った今では倉橋島ブランドの立ち上げ、情報発信から

イベント開催、なんと移住促進まで〜 それらのデザインを通して

ひとつの島に特化したブランディングとして、成果を出している。

 

その情報発信としてのHP「 ストーブリッジ 」を観ても、裏方としての

関さんのデザインとディレクションが、一貫している。

 

storbridge.net

 

 

 

私も隣の島のご当地デザイナーとして、10年ほど前に何度か

島でのブランディング会議に呼ばれたり、特産品のパッケージデザインも

いくつか関わってきたけど、うまく定着してないのよね。

SNSでの発信など時流の違いはあれど、この倉橋島のように

関さんのように、横に拡がっていかないと続かない。

 

 

 

20220211184145.jpg

出た!関さんスマイル。この笑顔にどれだけのクライアントさんが

導かれていることだろう。

 

 

そうだ、もうひとつの質問は コロナバイアスで、これからの

グラフィックデザインの仕事と 関さんも講師をしている

穴吹デザイン専門学校の学生さんたちについて 聞きたかった。

私が 穴吹で 1年だけ講師させてもらったのが 2015年、関さんはその

4年後から? だからもうね、聞けば聞くほど

ジェネレーションギャップがハンパない. 笑 自分がどんだけ業界や

世間一般からズレてるのか、なんとなく腑に落ちたよ。

 

そんなこんなで、無駄な時間を使わせてしまった、

ほんと関さんにありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

20220211184818.jpg

このコーナーだけ、妙にほっこりパーソナル. 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

20220211185211.jpg

Bono Bake

 

さて、ここまで来て三度目の正直、ボノベーグルは

12時ちょっと過ぎて行ったのに、もう 4個しか残ってないのよ。

インスタでまだ開いてるか、情報見ながら行ったけど、前回と前々回は

13時過ぎでも閉まってたからね。やっぱり午前の早めに行かないと。

ホームラン食堂とかでも出張販売もよくされているから

やはりインスタは要チェックですね。

 

bonobagel.thebase.in

 

20220211185230.jpg

でもこの日は珍しい〜 花巻(ホアジュアン)が一個だけ残ってた!

bonoの花巻は前から食べてみたかったので、よかった〜

 

 

 

20220211185256.jpg

やはり見た目から普通じゃないな. 笑     

なんとフェンネル風味、塩がよく利いている。寒かったので

オーナーで美人マダムが、自分が食べたいから作ってるとか。

私は中華店で花巻があれば必ず頼むほどで、肉まんもまず先に

皮だけ食べるのが絶対ルール。

 

 

20220211185315.jpg

なんと琥珀糖を売ってる、これも食べたいから作った!らしい。

フェンネルやアニス、グランマニエと 3種のテイストで。

まったく何屋さん?笑

 

 

 

20220211185150.jpg

ちょうど来られたお客様?お友達?からの差し入れで、抜きたての

大きな大根をお裾分け頂いた。これまさに大根足で、私の

ふくらはぎよりも太いものだった. 笑

さっそく翌日煮込んだけど、でかいのに鬆(す)もなく筋もなく

柔らかく炊けて美味しくできた。葉も捨てはしないのでね。

 

 

 

 

20220211184839.jpg

そして希少なボノベーグル、リベイクしてゆっくり味わう。

よく噛まないと出てこない、このほのかな香りと甘み。

 

初めて食べたベーグルは New Yorkだった。

懐かしい時代。