20190619190511.JPG

MAZDA  MUSEUM 

松山から来られた社長2人の目的はこちら、マツダミュージアムへ。

ここで久しぶりに横倉さんと再会。彼は初代ユーノスロードスターの

エンジン開発プロジェクトのチーフを務めたプロフェッショナル。

今はもう引退されているが、故郷のマルブンでは

プレミアム顧客としても有名人。

 

mazda.com museum

 

 

20190619190733.JPG

どうやら眞鍋社長がマツダ車を購入されたので、

マツダミュージアム見学ツアーになったんだろう。

 

 

20190619190748.JPG

すごいモダンなデザイン。

 

 

 

 

20190619190804.JPG

オート三輪がなんてなつかしい・・・

昔、故郷の島でよく走っていた。ボロボロのがノロノロと。

 

 

 

20190619190842.JPG

これもあらためて見ると、大胆で未来的なデザイン。

 

 

 

 

 

20190619190906.JPG

もう冗談抜きで、このままのデザインで最新の車を造れば

間違いなく売れそうじゃないか。

 

 

 

20190619190959.JPG

 

 

 

 

 

 

20190619190824.JPG

出ましたコスモスポーツ!

当時、街中で実車を見た覚えがないんだけど、なによりも

「 帰ってきたウルトラマン 」マットビハイクルだよね〜

もろリアルタイム世代だった。

 

 

20190619190930.JPG

この Cosmoのエンブレム、超細い! なんて繊細な手仕事だ。

 

 

 

 

 

 

20190619191046.JPG

これもかわいい〜 モダァ〜ン。

 

 

 

20190619191118.JPG

出ました!  サバンナ RX-7。

これはよく覚えている、このグリーンが好きだったなぁ。

リトラクタブルがかっくいー!!

 

 

 

20190619191027.JPG

そしてユーノスロードスター。

マツダ名車中の名車ですね、なんて懐かしい。。。

 

 

 

20190619191141.JPG

そして未だ鮮明に覚えているこのデザイン。

1991年、ル・マンを制した 787B。

 

 

ひさしぶりに実車を見たけど

そんなカーマニアでもマツダ車のぜんぜんファンでもなかったけど

やっぱりこれだけの名車を一望にするのは、感無量だね。

 

 

 

 

 

 

20190619191216.JPG

もちろん名車の展示をしているだけではない。

マツダの歴史から、車創りの流れやモデルなど見応え充分。

 

 

 

20190619191233.JPG

 

 

 

20190619191251.JPG

この後 通路を挟んで進み、工場の製造ラインの見学に入った。

ラインは撮影禁。なんとこのミュージアムはマツダの工場敷地内にあり、

見学はまず本社で受付して、バスで工場内を移動すること10分。

外観からしてミュージアムを建てたというより、元は倉庫か

工場の一部のようなところに、上手くリノベして創ったような気がする。

予算もおそらく抑えられているのだろ。

 

なんせ工場の脇に併設してるものだから、ドア 1枚で

ガチリアルな(出川風)ラインが見学できるという gimmick。

 

男の子なら何歳になっても

ちょっとワクワクするのはなぜだろう。

 

 

 

 

20190619191358.JPG

そしてラストに 未来のマツダのあるべき姿を、明確に示している。

それは大手企業にありがちな きれいごとではなく、

とてもリアルに感じるヴィジョンだった。

 

ここでその内容まで、グダグダ書いてもウソくさくなるので. 笑

これはぜひ見学してほしい。広島人なら、特に経営者は必修かも。

予約すれば誰でも見学できる。

www.mazda.com  museum

 

あ、それとこれを忘れてはいけない、このガイドのお姉さん

完璧です。素晴らしい仕事ぶり、まさに Professional。

教育だけではできない、想いが伝わります。

 

 

20190619191337.JPG

もちろん小学生の社会見学もやっている。今時の子供は

いいもの見れていいなぁ。

 

 

20190619191522.JPG

みんなで駆け回り、ベタベタさわりたい放題。

たぶん毎日ピカピカにして、ベタベタになるんだろう. 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

20190619191655.JPG

本社ロビーに戻って。 この度眞鍋さんが購入した「 MAZDA 3 」

今までベンツ、アルファロメオ、フィアットなど乗ってた眞鍋さん、

唯一国産で乗ってたのは、やはりマツダのロードスターぐらいだった。

 

なんとも美しいラインの車。同じマツダのお顔だけど

今までのマツダでもないような風格がある。

やはりデザインがいいんだね。

 

 

 

20190619191542.JPG

そのロビーの横には、こんなオブジェを展示している。

 

 

 

20190619191600.JPG

MAZDA HEADQUARTERS, HIROSHIMA

デミオのミニカーを吊り下げて表現した、マツダのロゴ。

インスタスポットかな. 笑

 

 

それにしても灯台下暗し。 広島に居ながら

まるでマツダのことがわかってないという現実。

でも広島の 1デザイナーとして、ここに

マツダのデザイン哲学「 魂動 」にリスペクトします。

 

 

SOUL of MOTION

魂動

mazda.com/ja/next-generation/design

 

 

20190619191624.JPG

 

 

 

 

 

20190616171645.JPG

DELI CAFE

Bongouter

朝から松山からのお客様をアテンドして、まずは早めのランチ。

リクエストでボングーテまで、座って食べるの 久しぶりだなぁ。

 

ezuyalan.com bon-gouter

 

 

20190616171405.JPG

久しぶりにとなっても、やっぱり頼むのはいっしょ。

パンケーキ食べたぁい〜パンケーキ食べたぁい〜

ここのガレット生地を使ったパンケーキ、美味いんです。

 

 

 

20190616171716.JPG

ゲストはこの 2名、マルブン眞鍋さんとアービンズの松本さん。

燃える油と水のような、愛媛の業界トップランナー. 笑

marubun8.com      

earvin-s.com

 

20190616171736.JPG

定番、そば粉のガレットも美味しそうでしょ。

 

 

 

20190616171754.JPG

ここに来ると、このクイニーアマンをお土産に外せません。

眞鍋さんはわかるけど、なんと松本さんもこのクイニーファン!

さすが Globalizeされた頭脳と舌を持つ、アービンさん。

と、アービンさんに合わせて英語入れてみた.  笑

 

 

 

20190616171820.JPG

さらに魔女化が進んでるオーナー荒木さん。ご無沙汰でした。

相変わらず痩せてるのが気になったけど、ほんと働き者です。

 

 

 

 

 

 

20190621162956.jpeg

ANT  BAKERY

by mugimugi

さてそのあとグラマーペインに行こうとしたら、眞鍋さんが

石内ぺノンを知らないと言うので、アントベーカリーへ。

 

ishiuchi-pennon.com

 

20190616171836.JPG

ここもちょっとご無沙汰でしたけど、お変わりないようで

いろいろと変化してきている、気がしたね。

 

 

 

20190616171857.JPG

やっぱりここのパンたちは、よく焼き込んでいるな。

美味しそうだ。

 

 

20190616172059.JPG

このバタール?バゲットがよかったね〜 美味しい。

ここにしては値段もかなり抑えてある気がした。

 

 

 

20190616172014.JPG

ここのクロワッサンは開店時から攻めている。

 

 

20190616172037.JPG

サンド類も充実しているのがわかる。

 

 

 

20190616172125.JPG

タルト系のケーキたちも人気。

チーズケーキは、焼き過ぎなぐらい焼き込んでいて絶品。

 

 

20190616172153.JPG

 

 

 

 

20190616172213.JPG

やっぱり松本さんが絵になってるな。

 

 

 

20190616172255.JPG

スタッフさんも変わらずいいサービスしている。

 

 

 

 

20190616172229.JPG

さてこの後は、本題へ行きます。

 

 

 

 

20190616170410.JPG

CURRY MASONRY KK

とりあえず 2ヶ月に 1度、開催されるらしい「 カレーメイソン K K 」

今回も素敵なメンバーだった。

写真はベランダカフェからの黄昏れ。

 

 

20190616170227.JPG

豆のカレーはかなり好みのテイスト。

 

 

20190616170327.JPG

 

 

 

 

 

20190616170347.JPG

クスクスのサラダ、ここにも豆がいい感じに

味付けもたまらないね。

 

 

 

20190616170500.JPG

シメのカレーは写真が悪いけどバターチキン、しかもインディカ米が

これまた美味しい・・・ 久しぶりに食べたよ。

 

 

 

 

20190616170551.JPG

デザートはレアすぎる、絹ごし豆腐のようなチーズケーキ。

今回もごちそうさまでした!

今回はステキな女性たちが 3人、来ていたね。

カリーメイソンに登録です。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190616170653.JPG

LIFE MARKET  HARBOR CLUB

COLD BREW COFFEE

 

 

さて後日談ですが、当日飲めなかった このハーバークラブの

コールドブリューボトルコーヒーを、代表の K先生が届けてくれた。

ありがたい。 さっそく2人で開栓ですよ。

 

lifemarket.co.jp

 

 

 

20190616170714.JPG

おやつに先生の自家製チーズケーキも。贅沢だなぁ〜

 

 

 

20190616170633.JPG

なるほど・・・これはグァテマラだけど、とても

スッキリしていて、でもクセのある香りが個性的。

 

なっといってもこのボトルとデザインが すばらしい。

決して安価ではないけど、オサレに 2人で開けて飲み干す

シーンができるね。 さすが元さん・・・

 

 

 

 

20190616165740.JPG

USAGIYA salon

ちょっとピノスタイル 山田さんと 、打ち合わせでこちらまで。

ウサギヤサロン〜 昼間、客として入るのは ほんと久しぶり。

 

net/tag Usagiya salon

 

 

20190616165859.JPG

この 2年あまり、「 広島 1 インスタ映えするパフェ 」で

ちょっとしたブームにのってるらしい。1度食べてみたかったので

実食!・・・ なるほどですよ、これは。想定通りの

おフランステイスト. 笑 旬のテイスト限定で、ちなみにこれは

サクランボパフェ。やっぱりギリギリ濃い〜

ちなみに検索したら、どこもパフェだらけ. 笑

 

驚くのはこの日も平日のカフェタイム、客のほとんどが

10〜20代のインスタ女子。 このパフェも安くはないんだけど 

いやいや恐るべしですよ。

 

 

 

20190616165920.JPG

意外と言えばここのカフェも美味しい。豆はもちろん

このフレーバーがまた ギリギリおフランスなのよ、けっこう

甘いけど.  笑

 

 

 

 

20190616170020.jpeg

ここはフジグランの路地裏にある、かなり古い物件。

フランス中心の雑貨屋さんとして開店してから 10年、

2015年にカフェとして改装のお仕事させてもらった。

 

当時もはっきり言ったけど、カフェとしてはお世辞でも

いいとは言えない場所。

時流に乗って、まさかここまでやるとはね。

さすがですよ。

 

 

20190616170000.jpg

 

 

 

 

20190525174836.JPG

伊料理

ROGGIO

先日の衝撃だった「 つむぐ 」より4日、またまた某料理人との

「 食の勉強会 」。 夜は私のリクエストでイタリアン、ロッジョへ。

流川という場所柄、けっこうスタイリッシュでも どこかチープさも

憎めない店内装。

オーナーはあの伝説の「 AIUTO アユート 」で修行したシェフ。

 

先日はここでアユートの村井シェフが凱旋晩餐会! 1ヵ月滞在し

コース料理を振る舞った。もちろん完全予約制、予約も開始と同時に

殺到したらしい. 笑 まさに伝説、レジェンドだね。

アユートさんらしいや、容易に想定できたからお誘いは受けたけど、

あえて行かなかった。

あの閉店から もう7年になるのか。

 

ameblo.jp an-sasa

 

 

20190525174816.JPG

呑めないので と伝えると、これが出てきた。

コース料理のみ、メニューらしきものがないので

飲み物もどうやらオーナーシェフとやりとりしながら、

決めていくスタイル。会計が恐いよね〜  って、そうゆうヤツは

来るところじゃないのか. 笑

 

ふだん料理をしっかり味わいたいのと、車で田舎の家まで

帰るので、お酒は呑まない。

遺伝上、いくらでも呑める自信があるけど、呑むときは

事務所に泊まってでも呑むので。

シャンパンの代わりにこのサイダーなのかな、美味しい。

 

 

 

20190525174736.JPG

ご無沙汰だったオーナーシェフ。

以前は並木の店で、店長兼シェフもしていたけど、

どうやらお店を持ったのね。

 

 

 

 

20190525174913.JPG

前菜のカルパッチョは サヨリだったかな?

 

 

 

20190525174754.JPG

某料理人が呑むワイン、その都度 好みを聞きながらセレクト。

 

 

 

20190525174932.JPG

なぜかカウンターに、ランチョンマットサイズの畳が

はめ込んである。

その理由は聞いたけど、なかなか奇抜なアイデア。

 

 

 

 

 

20190525175028.JPG

パスタ一皿目はリングイネ、インゲンとジェノベーゼ。

パスタはさすがのアユート仕込み。

 

 

 

20190525175056.JPG

2杯目はこれ、ワインじゃないよ〜 なんとお茶です。

 

 

 

 

 

 

20190525175114.JPG

メインはこれ、久々に見たよ〜瞬間燻製ってヤツですね。

 

 

20190525175132.JPG

すでに厨房からも、すごく香ってきました。

 

 

 

20190525175148.JPG

鴨ですね、ぶ厚くて肉汁もほんと美味しい!

いい鴨はいいね〜 当たり前だけど.  笑

 

 

 

 

 

 

20190525175208.JPG

2皿目のパスタは量も選べて、アスパラソバージュのアーリオで。

これで大盛り、満足です〜

 

 

 

 

 

 

20190525175227.JPG

デザートも面白いアプローチで、フルーツの盛り合わせ。

ちょこちょこ和のテイストを 盛り込んでくるんだな。

 

 

20190525175245.JPG

やっぱり畳がおかしい.  笑

 

それにしてもビルの 4階、結構な広さの店舗を

オーナー 1人で回している。

この日もカウンターのみ、女性客が 3組か座り 次の料理を待つ。

キッチンもよく見えるし、手際もいいから

お客様皆さんと話しながら、しっかりと提供していく。

 

それにしても、店舗はまさにオーナーそのもの。

随所にオーナーのパーソナリティが視えてしまう。

 

私も歳をとったもんだ。

 

 

 

 

 

20190525174435.JPG

Dining  Jin

この日もとつぜん、年に 1、2度連絡してくる 古いお客様から

今更ですが誕生日でおごってやろう〜とメールが. 笑

もう1ヵ月も前なんですが・・・ イタリアンがいいと言うし

何軒か回ったけど空いてなくて。

 

そんなこんなでなぜかこちら、ダイニングジンです. 笑

夜は初めて、オススメの ¥2200パスタコースで、これ

なかなかのボリュームですよ。

 

 

20190525174451.JPG

アメリケーヌのスープ。海老が濃い、美味い。

 

 

 

 

20190525174508.JPG

茄子とベーコンのトマトソース。王道で どノーマルな味わい

茄子の揚げ加減も最高。

 

 

 

20190525174524.JPG

きのこのジェノベーゼ、生麺のフェトチーネ。これも美味しい。

 

 

 

20190525174551.JPG

あとバゲットも付いていて、デザートも選べてこれは安い。

ちょうど座れたけど、この場所からはちょっと不思議なぐらい

年配者やマダムっぽい、いい客層ばかり。ゴチでした〜

お昼はサラリーマンでいっぱいだったけど、老舗なバリュー

ハンパないね。

 

夫婦でやってるのかな? 

ホールのチャキチャキのおばさん(失礼)が

キレの良いサービスするよ。

 

 

 

 

20190525172656.JPG

pizza

R i v a

お昼にとつぜんお誘いがあって、急遽お店選びに翻弄。

GW明け、早い時間だから運よく座れた ピッツァリーヴァへ。

前菜はこの鯛の窯焼ソテー、めちゃ美味い!

素材そのままの味わいをジューシーに、ワイルドに。

 

pizzariva.com

 

20190525172815.JPG

豪快な生ハムのサラダ。リーヴァでは おそらく基本として、

ピッツァを美味しく食べてもらうための 前菜しか出さない。

だから前菜も、お肉や魚料理にしても、シンプルなテイストで

ちゃちゃっと出してくる。どれもリーズナブル。

ピッツア以外で儲ける気もないのだろう. 笑

 

先代の頃からとことん、

ピッツェリアとして勝負している。

 

 

20190525174142.JPG

そのピッツァ、ここは必ずお任せで頼むんだけど

水牛モッツァレラのマルゲリータが出てきた。

めちゃ美味しい・・・

 

 

20190525174206.JPG

広島にはナポリピッツェリアの名店、数あれど

リーヴァはやっぱりリーヴァの味がするんだよね。でも

老舗でありながら、何度と変化を恐れないのもリーヴァだと思う。

 

 

20190525174224.JPG

デザートはめずらしくショコラで、

テッパンはチーズケーキがオススメ。

 

突然ではあったけど、それ以上に うれしい報告と

お仕事のご相談だったので、とてもありがたい。

いろんな意味で、ごちそうさまでした. 笑

 

 

 

人生の giftは、もう無いなと

忘れた頃にやってくるもの。

 

 

 

20190525164930.JPG

Hand-Me-Down

2019

宮島口からの帰り、寄り道してまた ハンドミーダウンまで。

hand-me-down.jp

 

 

20190525164828.JPG

前回もちゃんと見れなかったので、ゆっくり見させてもらった。

 

 

 

20190525165027.JPG

相変わらずどこ撮っても、絵になる空間。

 

 

 

20190525165046.JPG

 

 

20190525165010.JPG

これのグリーンのを一目惚れで買ったけど、いいのよ。

マジで丈夫過ぎるぐらい、丈夫な帆布。

 

 

 

 

 

20190525165108.JPG

 

 

 

20190525165155.JPG

やっぱり木下さんは留守だったので、また来よっと。

客でもないのに迷惑だろうけど. 笑

 

 

 

20190525165215.JPG

 

 

 

 

20190525165232.JPG

この輸入錆び付鉄板の壁面が、何度見ても痺れものだ。

 

 

 

 

20190525165324.JPG

 

 

 

 

 

20190525165256.JPG

 

 

 

 

20190525165431.JPG

ちょっとお隣が今、建築中なので騒々しいけど

ここはほんと、いい空気が流れてますね。

 

 

 

20190525165413.JPG

 

 

 

 

 

20190516174004.JPG

e p i l o

book cafe shop gallery

宮島口に来たならとうぜん寄りたいお店は 3軒あって

まずはエピロへ〜 久しぶりだなぁ。

 

epilo.net

 

 

20190516174039.JPG

ここでよく、しゅんしゅんさんのポストカードを買うのよね。

けっこう使ってるので。

でも思えばあの時、原画を買っておくべきだった. 笑

 

shunshunten.com

 

 

20190516174100.JPG

平日だから さとうさんはいないのよね、あたりまえか。

 

 

 

 

 

 

20190613192539.jpg

MIYAJIMA  ITSUKI  COFFEE  factry

伊都岐珈琲

美味しい食事の後、やっぱりここで美味しいカフェを。

残念ながらオーナーさんは、タッチの差で逢えず。

 

sarasvati.jp

 

20190516174320.JPG

いつもながらここの珈琲は強い。アイスでもガツンとくる。

美味しい・・・

 

 

20190516174726.JPG

かわいい店員さんに勧められ、やめときゃいいのにスイーツなんぞ。

これ美味しい〜    ちょっと SBKよりなテイスト。

 

 

 

20190516174810.JPG

 

 

 

20190516174838.JPG

こちらから見たクリームのたれ具合が秀逸と、料理人は言う。

 

 

 

20190613192614.JPG

待ちわびた大切な時間は、いつもあっという間に過ぎるもの。

 

 

たしかここもいったん、立ち退きになるのかな。

宮島口のこれからは、

また大きく変化していくらしいけど。

 

商売だけの視点にとらわれないよう、創ってほしいな。

 

 

 

20190516172955.JPG

宮島口食堂

つ む ぐ 

tsumugu

 

3月末にオープンしてたから、そろそろ

お落ち着いた頃かなと・・・ 宮島口まで、

ナビで行っても見落としてしまう、極細のファサード。

 

epilo.net/cafeteria

 

 

20190516173118.JPG

気どりのない、でもかわいくオサレな玄関とサイン。

 

 

 

 

20190516173152.JPG

宮島口定食

まだランチタイムのみ営業、まとまった人数で予約すれば

夜営業もできるらしいけど。

 

 

 

20190516173136.JPG

まずこれがいきなり感動モノだった、穴子の薄造り。

 

一緒に食事した某料理人は、私が「 食の勉強会 」と題して

食事に付き合っていただいている方で、板前としても

稀な経歴の持ち主。その方曰く

「これは昼に出す料理じゃない。」

 

穴子自体のクオリティと造りの腕前、なによりも味が

しかもこの価格で出すもんじゃないらしい。

 

島育ちの私でも 穴子の刺身なんて、初めて食べたかも。

 

 

 

20190516173232.JPG

ウドと分葱のぬたも、とても丁寧で上品な味わい。

山菜の天ぷらとサラダも、まさに美しく味わえる。

 

 

 

20190516173249.JPG

箸置きがまたいい。エピロでも販売しているとか。

 

 

 

 

20190516173308.JPG

鶏つくねと新じゃがのスープ煮。

このつくねもやはり、昼に出すもんじゃないらしい. 笑

私でもわかる ちょっと食したことのない、味わいと食感で

繊細な仕込みなのが想像できる。

 

 

 

20190516173352.JPG

穴子茶碗蒸し。出汁がまた利いている、美味しい。

 

 

 

20190516173408.JPG

筍とわらびの塩炊き込み飯。

初わらびがなつかしく、たまらない味わいに

おかわりしてしまう贅沢。

 

ほんとに昼間からご馳走でした。

いい時間を、過ごさせていただきました。

 

ランチは今のところ、この定食と自家製カレーのみ。

今はまだオープン特価なので. 笑 早く値上げして

夜営業もやってほしいな。

 

 

 

20190516173213.JPG

かわいい女将さん、じつは高校生の頃、

この近所のマリオディマーレで、アルバイトしていた。

求人広告の取材で撮影もしたんだけど、店長がベタ褒めで. 笑

写真は 1枚しかないけど、印象的だったのでよく覚えている。

しかも(株)ハーストーリィ、さとうみどりさんの

娘さんと聞いてびっくり! 3人姉妹の長女さんだった。

 

検索したらとても懐かしい 2ショットが出てきたので. 笑

hs-plus.jp  satomido

 

 

 

20190516173515.JPG

それにしても宮島口のこんな稀な場所に、

なんていい物件が出たものだ。3年も探していたとか。

普通の中途半端に古い民家を、とても上手にリノベしている。

 

 

 

20190516173816.JPG

私たちが座ったカウンター席がよく見える。

狭いながらもイカした、ここからのアプローチが素敵。

 

 

20190516173549.JPG

庭木もいい。でもこれは夏場、管理がたいへんだな。

早く稼いで、細い通路に日除けの塀でも建ててやと

嘆願しといた. 笑

 

 

 

 

 

 

20190516173427.JPG

忙しい中、わざわざ出てきてもらい撮影。

山人にいた頃からイケメンで人気者だったご主人も、

ご無沙汰でした。

実は今時珍しい、愚直なほどの料理馬鹿らしい. 笑

 

 

 

20190516173454.JPG

あのバイトが無かったら、この場所でこの笑顔の 1枚は

無かったかも知れない。

でもたいへんなのは ここからです。いつまでも

二人仲良くね。

 

また世話焼きな さとうさんのお顔がちらほら浮かぶ. 笑