礼と祈り。
OISEMAIRI 4  2019.05.31 Fri

20190705122049.JPG

内 宮

皇大神宮

外宮からバスに乗り、いざ内宮へ。

11時ぐらいだったけど、すでにすごい観光客。外宮もだけど、

6、7時とか早朝に行った方がいいよと言われたのは、正論。

 

isejingu.or.jp about/naiku

 

 

20190705122105.JPG

入り口の宇治橋を渡る。この橋も遷宮に合わせ20年ごとに

架け替えるらしい。木除け杭が風情あるなぁ。

この橋を越えたら、そこからは 2000年を超える神の域へ。

 

 

 

20190713181536.JPG

五十鈴川御手洗場

みたらいしという。清流五十鈴川の川辺まで降りて、身を清める。

写真には写ってないけど、撮ってる私の後ろには大勢の参拝者が

手を洗い、気持ちいい〜とか、冷てーとか言ってる。

 

 

20190705122123.JPG

修学旅行の団体もたくさんやってきて、まぁ当然。

 

 

 

20190705122139.JPG

まっすぐ 日本 No.1 の神様の元へ。

 

 

20190705122158.JPG

今朝外宮より 500年前に祀られた内宮。

そこら中神木だらけ、でも外宮とはちょっと趣が違う。

 

 

 

20190705122229.JPG

正 宮

「 しょうぐう 」の前へ。 撮影できるのはこの階段の下まで。

これ人が少ない時を狙って撮ったけど、もうすごい人、人。

小学生からじじばば、家族連れ、車椅子できたお年寄りまで

それに外国人も少なくない。

 

 

 

20190705122407.JPG

正宮を囲むように 神木が外宮よりも高く、密に立ち並ぶ。

階段を上がると正面の御門以外は、ほとんど見えない。

この鳥居を潜ると、中にも三重の塀があり、その隙間から

ほんの少し覗けるぐらい。

 

より下界とは隔たれた、別空間のように感じた。

 

 

 

20190705122329.JPG

外宮同様、願いごとなど してはいけない。

名を述べ、今日までの報告と感謝を。

これから想いを。

身近な人たちのことを。

 

そして

日本を想った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190705122250.JPG

 

 

 

20190705122451.JPG

別宮 荒祭宮へ向かう。

外宮でも感心したのが、この道順の標識。

神宮内は徹底して、文明的なものを排除されているので

こんな看板はもちろん、照明やちょっとした小物まで

徹底しているね。

それは観光地によくある、景観のためではない気がした。

古代から2000年守り続けてきたことを、これからも守り

未来へ受け継ぐためなんだろう。それがきれいごとではなく

尋常じゃない営みだったのを、直に感じることができた。

 

内宮の案内では、古代のたたずまいを今日に伝えると書いてあった。

よくあるキャッチコピーだけど、ここでは決して大袈裟ではなく

まさに神宮の様々な場所で見てとれるし、認識することができる。

 

この 1日で見たもの、触れたもの、NETでも普通に見れる情報でも

これだけのことを続け、ちゃんと残しているということの凄さを

否応なしに体感したから。

 

 

 

20190705122538.JPG

 

 

 

 

20190713181511.JPG

内宮のそこら中で樹が石を喰っている、生命力と時の流れ。

 

 

 

 

 

 

 

20190705122624.JPG

荒 祭 宮

別宮「あらまつりのみや」荒御魂(あらみたま)を祀る、

別宮 No.1の神位。

 

 

 

20190705122558.JPG

階段の真ん中に大樹が生えてる。

後から生えてきたのか、こんなのそうは見ない景色だろう。

自然のままに、樹を優先しているのがわかるし

そうしている人々が仕事なんだろうけど、やっぱり粋だね。

 

 

 

20190705122705.JPG

 

 

 

 

20190713181718.JPG

島路川にかかる 風日祈宮橋を渡って。

 

 

 

20190713181742.JPG

風 日 祈 宮

別宮「かざひのみのみや」 風雨を司る神を祀る。

 

 

20190705122644.JPG

内宮も外宮も、正宮も別宮も社殿の創りとコンセプト

同じようなもので、規模や位によって装飾が若干変わるようだ。

唯一神明造という日本古来のもの。基本20年ごとの遷宮のために

とことんシンプルにしたのかな。潔いデザインになっている。

屋根の鰹木や千木などの金の部分(真鍮製かな?)以外は

無垢のヒノキのままで、よくある神社仏閣のような、華美な装飾や

彫りもの、極楽浄土へのイメージ〜  なんてものが一切ない. 笑

 

 

 

20190713181804.JPG

そしてどの社殿の横にも、古殿地が広々と空いていて

次の遷宮まで20年、まるで待っているように。

 

 

 

 

20190713181947.JPG

 

 

 

20190713181829.JPG

大きな御池があって、そこを過ぎるといいタイミングで

大きな休憩所がある。けっこう歩いたからね〜 外宮と違って

観光としての導線、サービスもよく配慮されていた。

 

 

 

 

20190713182023.JPG

大山祇神社・子安神社

とっても小さな神社が二つ並んでいて、ひっそりと。

子授け・安産・子育ての信仰がある。

 

 

 

 

20190705122732.JPG

これで内宮お参りコンプリート。朝の外宮から始まり、ここまで

なんか一連の行事をやっと終えたような、いい疲れと達成感。

 

 

 

20190713182050.JPG

子安神社への道に植えられていた台杉。

実は今、これに関わりのあるロゴデザインをしているので

ついつい何枚か撮ってしまった. 笑

 

 

 

そんなこんなで天気は曇ってたけど、

晴れ晴れした気持ちで宇治橋を渡った。

また10年ぐらいしたら、もう一度

ここへ来たいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190705122754.JPG

おはらい町・おかげ横丁へ

内宮のすぐ横道からたくさんの土産物店、飲食店が建ち並ぶ。

これまたいいところだった、写真も撮ったけどキリがない〜

NET 見てね。

ise-kanko.jp

 

 

20190713182328.JPG

 

 

 

20190713182428.jpeg

もちろん伊勢うどん食べてみた! いかにも観光客向けの

大型店ではなく、老舗っぽい食堂で。

想定よりも美味しかった〜 やっぱり讃岐とも

きしめんとも違う食感と風味。でも出汁はちょっと甘いな。

 

 

 

 

 

20190713182312.JPG

歴史的建造物も多数あり、全体の景観もよく守られている。

観光客はとても多いのに、なんか媚びてないというか。

ゆっくり歩いていても、いい感じだった。

 

宮島もこれぐらい徹底してほしいね。

 

 

 

 

20190705122913.JPG

 

 

 

 

20190705122931.JPG

フルオープンセンターキッチン. 笑

 

 

 

20190705122947.JPG

酒徳昆布

職人技に見入り感動して買った、老舗の昆布。

高いけどすごい!

 

sakatoku-kombu.jp

 

 

 

 

20190713182503.JPG

猿 田 彦 神 社

さて、おはらい町から歩いて猿田彦神社へ。

有名な「 みちひらきの大神 」要はお導きしてもらえる神様。

どうかこの迷えるデザイナーを導いて下さいませ。

 

sarutahikojinja.or.jp

 

 

 

 

20190705160950.JPG

月 読 宮

別宮「つきよみのみや」 月の満ち欠けを教え、暦を司る神。

猿田彦神社からまた歩いてこちらまで、これが思ったより

ちょいと遠かったわ〜 ついた頃にはもう夕暮れ始め。

 

isejingu.or.jp  naiku tsukiyomi

 

 

 

20190705123004.JPG

四つの別宮が並んで鎮座していて、参る順番も決まっている。

 

 

お伊勢参り、やっと 二日目が終わった。

外宮から内宮へと参り、ひたすらに報告とお礼を

祈りをささげた一日。

 

さて旅館へ帰って美味しもん食べて

明日に備えよう。

心の奥から充実した一日だった。

  

 

感謝しかない。

 

 

 

 

<R