ひろしまデザインびと n-9
Kirin  2022.03.31 Thu

20220425150241.jpg

木 

林  

Brand Planting Studio

k i r i n  

 

k i r i n(キリン)の永戸くんは、先日の grab 山田くんと同じく

ペンギングラフィックス 出身のデザイナー、2018年に独立して

k i r i nを設立した。

 

kirin1.com

instagram.com/nagato_shuji/

 

 

20220425150257.jpg

k i r i n は 3名、永戸くんをはじめ みなさん穴吹デザイン専門学校卒。

スタッフの沖村さん(左)は、私が穴吹で非常勤講師した時の教え子で

卒業したのはもう、6年前になる。

 

 

 

20220616191559.jpg

この写真は( 撮らしてもらったのに目瞑ってた、ごめん〜 )一昨年の

ローカルクリエイター Tシャツの打ち上げの時、永戸くんから

声をかけてくれた時のもの。このイラストは沖村さんが描いたもので

よく見たらとても根気と執念のいる作業を成し遂げている。

私は学生の頃の沖村さんしか知らないから、これはほんとすごい!

ことでね( 笑. 失礼 )それよりも彼女を雇っていることで挨拶してくれた

永戸くんのデザインに、以前から興味があった。

 

 

 

 

 

20220425150311.jpg

2013年のH-ADC審査会にて、 "H"ADC賞をとった永戸くんの

「 べっぴんうどん おつるさん 」のロゴやデザインが、個人的に

とてもお気に入りだった。実はうどんもジャケ買いして何度か食べてたし

SO@Rモノづくりプロジェクトでもよく見ていた。なによりも

あの審査会にて、個人的には彼がグランプリだと思ったからね。

 

さて前回の山田くん倉田さんと、たまたまペンギン出身のデザイナーと

会ってきたけど( あとMくんという稼ぎまくってる色音がいる. 笑 )

ペンギン組は皆さんとても個性的で、当然デザイナーとしてのセンスや

スキルもめちゃ高い。中でも永戸くんは私より 22歳も下で、

今まで話したこともなかったけど。でもペンギンにいた頃から

そのデザインされたモノには、とてもいい意味での違和感を感じてた。

 

そんなこんなで初めて話す若いデザイナーであり、経営者に

遠慮なくいろんな質問をして、彼も臆さず明確に答えてくれた。

まぁここでその内容まで、詳しく載せる気はないけど

k i r i n という屋号の意味からこれまでの成果、仕事への姿勢まで。

通して印象的だったのは、やはりブランディングとしての

デザイナーの仕事の在り方に、とても注力していることだ。

大きなクライアントや メジャーな仕事もこなす中で、k i r i nが一貫して

続けてきたことは

ブランディングのミッション = お客様の利益を出すということ。

 

若くしてそこにずっとシフトして、デザインしているのがすごい。

私が今の永戸くんと同じ 35の頃は、独立して 2年目で

ちょうど今の事務所を開いた時だった。その頃は毎日、ただこなす

仕事ばかりで、目の前の日銭のことばかり気にしていた. 笑

1年でも事務所が継続できたらそれでいいと思ってた。

この理念の差が、現実だね。

 

 

 

 

職場としての事務所の節目に、面と向かい、ねほりはほり

聞いてよかった。それとやはり、デザインから伝わるものは

人柄なんだね。

その作り手の想いや向き合い方、生き様まで

表現したモノに宿る。

 

 

 

 

 

20220425150328.jpg

さて k i r i n の事務所におじゃまして、いきなりびっくりしたのが

ちょうどこの日、3月 31日をもってこの事務所を撤退して

移転するとのこと。なんとまぁです、このタイミングで行けて

丁寧に応対してくれて、ありがとう。

 

久しぶりに会えた、かわいい沖村さんも

ちゃんと真面目にがんばっているようで、安心した。