20210815130315.jpeg

ソフトクリームと水餃子のお店

雲 庭 

 

近所にオープンしたカフェへ。なぜか水餃子とソフトクリームが売りの

お店らしい。どうやら前の店が生クリーム専門店で、移転してきたらしい。

とはいえ 妙な組み合わせだなぁ〜 

 

instagram.com/cumoniwa_gyoza

 

20210815125913.jpeg

ランチタイムだったので、とりあえずルーローハン定食で

水餃子が 6個とスープ付きで 1000円。美味しいけどボリュームが

昔のカフェサイズね。オープンして間がないせいか、お客さんも

満席だったけど、ちょっとうまく回ってなかったし。

 

 

 

20210815130144.jpeg

こちらは水餃子10個のランチ、やっぱり美味しくても

水餃子でこのテイストだと、これは難しいかな。

オサレな店舗でも やっぱり中心街と違って十日市〜本川町は

もうちょっとね、厳しいと思う。

それにこの通りには人気のカフェが 2店、老舗のむさしなど

飲食店が8店以上はあるかな。電車通りにもたくさんあるよね。

 

でもあのハコニワの姉妹店なんだね。なつかしいなぁ〜

なるほどオサレなわけですよ。

 

 

 

 

20210804111418.jpg

なのはな家

 

さてこちらは定番の和食ランチ、なのはな家さんへ。

この日は珍しい茄子の詰め物揚げ。これは美味しい〜

 

nanohanaya.jp

 

20210804111338.jpg

横川駅からけっこう離れていて不便なのに、ランチはいつも満席で

小さなお店でも効率よく回転させているのがわかる。

店の前にはこれまた人気のイタリアン「 MONO 」がランチは常に満席。

不利な場所で駐車場代がかかっても、いいお店には客が来る。

 

20210804111459.jpg

この頃はめっきりパスタ率高く、ランチに和食とは

珍しい鈴木さん。

 

 

 

20210804102630.jpg

SUPER×SUPER BLOOM

 

先月「 ひろしまデザインびと 」でもおじゃまさせて頂いた、

川原さんの個展へ。

 

nov-kawahara.jp

 

 

20210804102250.jpg

いつもの福屋の会場、日曜日だけどコロナの感染が増えてるせいか

街中でも人が少ない。

 

 

 

20210804102447.jpg

 

 

 

20210804102501.jpg

川原さんらしい、毎回新しい試みにチャレンジしている。

一昨年の個展もそうだったけど、今回はこの額装にも筆が入り

モダンな仕上がりになっていたね。

 

 

 

 

20210804102527.jpg

 

 

 

 

20210804102553.jpg

これとかバランスが絶妙で、川原さんらしい。

 

 

 

20210804102609.jpg

この右のは蓮の葉だろうか。大作だけに 今回 1番よかった。

 

 

 

 

20210804102730.jpg

これも渋かった、さすがですね。

 

 

 

 

 

 

20210804102833.jpg

福屋の季節袋デザインを川原さんが手がけてちょうど 20年。

全デザインをミニチュアサイズにして展示。

 

 

20210804102850.jpg

アーティストでも、こんな お仕事は一生に一度あるかないか。

羨ましいですね。

 

 

 

 

 

 

20210804102425.jpg

それとこれがとてもよかったね。来た人が芳名録の代わりに

好きな絵葉書を一枚選び 宛名を書き込めば、後日切手を貼って

送り届けるというアイディア。

芳名録に多くの人が触れて、接触感染になるのを防ぐのと

後から礼状を送るのに、住所を書き写す手間も省ける、一石二鳥。

川原さんが今、ブログで続けている「 一日一花 」の写真をプリントして

230枚から選べる。粋だなぁ。

 

 

 

 

20210804102905.jpg

この蛙ちゃん、連れて帰りたかったな. 笑

 

 

 

 

 

20210804102401.jpg

今回はオリジナルグッズも展開していて、これはお求めやすい!

 

 

20210804102921.jpg

Tシャツやエプロンなどもよかったけど、

 

 

20210804102936.jpg

今回はエコバッグを購入〜 とても川原さんらしいデザイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

20210804102952.jpg

昔から小さな身体でトコトコ動きまわって、

集中したら疲れ知らずで とことん没頭し制作を続けられる。

まさに生粋のアーティストだと思う。

 

川原さん、まだまだ長生きしてね。

 

 

 

20210823160308.jpeg

後日、ちゃんと届きましたよ。 つくし・すぎなのカード。

花じゃないけど、この感じがよかったのと

no.119も縁があって。

Thanksの一筆も川原さんらしい。

 

 

20210804101722.jpg

HOME MADE BAKE

SWINGING BIRD KITCHEN

 

さて五日市駅から車だと 3分、ここまできたら久しぶりに

相変わらず超人気の焼き菓子を 持って帰りたい〜 しかも

バードマンに案内してくれた友が あらかじめ予約してくれてた、

なんてうれしいこと。もちろんこの NYチーズケーキ!

同じチーズケーキばっか、よほど好きなんやね。

 

instagram.com  shizukaoyatu

facebook.com  SWINGINGBIRDKITCHEN

 

 

 

20210804101817.jpg

珍しくマフィンも残ってたし、なによりチーズケーキの次に

お気に入りのプレーンスコーンもあったのよ。そりゃ買うでしょ。

 

 

 

20210804101456.jpg

いつもながらいい顔してるなぁ、Shizukaさんのお菓子は。

でも私より丸い旦那さんに 会えなかったのが残念。

 

 

 

20210804101325.jpg

 

 

 

 

20210804101436.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20210804101522.jpg

ここのスコーンも安定の味わい〜 美味しいのよ。

 

 

20210804101538.jpg

 

 

 

 

20210804101555.jpg

コロナ禍で座ってお茶できないのは、仕方ないけど

まぁいつも常連みたいなマダムたちが、延々と喋ってたりするので

これはこれで いいのかなと。

 

 

20210804101613.jpg

この近所の姉妹店、ドーナッツ屋さんも行ってないなぁ。

コロナ禍が落ち着いたら、そろそろ見てみたいな。

もちろんハンド・ミー・ダウン施工だよね〜

 

instagram.com  fineday

 

 

 

 

 

 

 

 

20210804101645.jpg

さてと、帰ってから食べる前にまず撮影。毎回同じ

シュチュエーションなんだが許してね。

 

 

 

 

20210804101913.jpg

これは美味しそうだろう〜 いただきまするぅ。

 

 

 

20210804102028.jpg

こちらは iPhoneで、黄金に輝いてますね Shizukaさん〜

 

 

 

 

 

20210803105718.jpg

バンコク食堂 バードマン

 

ちょっと気になってたお店に やっと連れて行ってもらった、

五日市のバードマンへ。この 6月にオープンしてすぐに人気店に。

ランチメニューは 5種類、写真はパッタイ〜タイの焼きそばですね!

ああ〜  この感じはほんと なつかしい。

相変わらず 若旦那のblogが丁寧でわかりやすい。

 

instagram.com  tsukasafujii

 

 

20210803104815.jpg

なんとプラス 200円でこのグリーンカレーが食べ放題に。

ちゃんと旨い、ライスもちゃんとしたタイ米でいい!

 

 

20210803105739.jpg

カオマンガイ、バッチリです! このソースもパクチーもいいし

この生唐辛子の刻みがさりげなく、いい仕事している。

これはたまらない。

 

 

 

 

 

 

20210803105907.jpg

トムヤムめんがすごいいい! 海鮮辛口麺の味わいが最高です。

 

 

 

20210803105849.jpg

これはまいったなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

20210803105831.jpg

とても狭いカウンター6席のお店、ラーメン屋の居抜きかな。

真面目そうなオーナーは仕事も早いし、動きが絵になってる。

 

 

20210803144420.jpg

 

 

 

 

 

 

20210803105925.jpg

これは夜もぜひ食べてみたい。久しぶりに大満足のアジアンだな。

 

 

 

 

20210803110056.jpg

ん? いろんなステッカーに混じって、見覚えのある顔のイラストの

キレのいいデザイン!笑 深夜的シェフもよく来られているとか。

ここは当たりだね、やっぱり〜

検索してたら、このサイトも凝った紹介している。

genki-h.site/store

 

 

 

 

 

 

 

 

20210803110111.jpg

いや美味しかったなぁ。また来よう。

看板の鶏のお顔は、オーナーのお母さんらしい. 笑

 

 

 

 

20210803110126.jpg

五日市JR駅から歩いていける線路沿い。元ラーメン横丁だね。

駐車場はこの右側に 1台のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

20210803110204.jpg

篁 庵 KOUAN

 

さて美味しいアジアンに満足して 話し足りないから

これまた駅の南口、近所の甘味処 「 篁 庵 」こうあんへ。

店主おすすめの抹茶プリンを抹茶セットで。美味しい! ちゃんとしてる。

なかなか穴場的和カフェ、モーニングやうどんなどもある。

 

adad.ne.jp/bs/kouan/shop

 

 

20210803110218.jpg

たまにはこんな、リラックスできる人と美味しいもの食べて

たわいもない話、するだけの時間が大切。

 

 

 

 

20210804111016.jpg

Roastery Cafe 

n o t e

 

たぶんオープンしてから 2度行ったかな? 宇品のカフェ ノートへ

運良ければ 横の駐車場に入れる。

昨年から半年ぶり「 食の勉強会 」料理人からお呼び出し。

ほんとご無沙汰でした。

 

cradle.coffee

 

 

20210804110959.jpg

定番のワッフル、安定の美味しさだなぁ。チーズケーキも個性的。

 

 

近況報告と言いながら、すごいネタが出る出る. 笑 

もう来年にシフトしてきてるなぁ。

あっという間に2時間経って、アイスカフェも 2杯。

暑い中のとても涼しい時間でした。

 

 

 

20210804110740.jpg

とってもミニマムなお店で、決して便利なカフェじゃないけど

15時で満席、若い女性客のみ、オーナーさんは相変わらず明るく

いい仕事していますね。

 

 

 

20210729101319.jpg

先日の「 苺蛙研究所 」訪問の時、紫陽花ほしいなぁ〜と

リクエストがあったので、久しぶりに切ってみた。もう見頃はとっくに

終わってるけど、じつは枯れていく紫陽花も乙なもの。

 

 

 

20210729101257.jpg

これ、すべて同じ株の紫陽花ですよ。すごくない?

3株ある中で、ドゥジエムに頂いたブルーの株は まさに七変化。

ピンク〜 紫〜 ブルー 〜 マリンブルー 〜 藤色〜 ターコイズ系が混ざり〜

黄緑が混ざり〜  端からピンクが混ざり〜  の、ほんといつ枯れるの? 

 

たしかこれは花弁じゃなく、萼(ガク)だから

普通の花が枯れるのとは、違うものなんだろうけど。

咲き出してから、切らなければ この状態になるまで 2ヶ月半。 

この後さらに色が抜けて、グレーぽくなるまで楽しめる。

 

 

 

20210729101010.jpg

 

 

 

20210729101223.jpg

この下にある薄いピンクのは別の株で、他のはこのように

端から茶色に枯れていくもの。

 

 

 

20210729101241.jpg

紫陽花の花言葉は「 移り気・浮気・冷酷 」 紫陽花好きな女性は

コロコロ気が変わると聞いたことあるけど、思い当たる節はある. 笑

それは偏見だろうと、最近は別の解釈が優先されていて

「 団らん・和気あいあい・辛抱強い愛 」など。 なるほど。

 

 

 

 

20210729102444.jpg

ほっといても毎年たくさん花をつけ、好きな人に持って行くだけで

無条件でよろこんでもらえる。

花の力は ヤローの私には一生、わからない。

 

 

 

 

 

20210804111302.jpg

丸亀製麺

 

可部の現場で打ち合わせの後、ランチはあまりにも暑いので

近くの丸亀製麺へ。12時ちょっと前に着いたけど、相変らずの行列が。

で、やっぱり ざるにしてしまう。まぁ冬でも ざる食べる人ですから。笑

 

 

 

20210804111248.jpg

丸亀で ざる食べる理由のひとつに、ここには「わさび」があるのも

ポイント高い。一般に讃岐うどんで ざるというと、どこも

生姜しか付けてないけど、わさび派なんですよ、昔からずっと。

サンモールの地下に、「うどんのかめや」があったころから。

 

 

 

20210804111320.jpg

クライアントのリゴロデセールさん(右)と左官職人の かいちょ(左)

iPhoneのカメラ、ポートレイトモードは 背景がキレイにボケて撮れるけど

この窓の風景はいくらなんでも やり過ぎじゃろ. 笑  

アニメの背景画みたいだね。

 

rigolo2008.com

 

 

20210804111517.jpg

さてその後日、かいちょは朝から30℃を越える中、一人黙々と

リゴロのテラスで作業開始。ほんと午前10時、立ってるだけで

汗が吹き出るからね… 毎日現場で作業する職人さんは偉い!

 

 

 

20210816141947.jpg

まず昨年の10月に、ガーディナーのオリーブカーキさん

大きくなり過ぎた樹々を大幅に剪定してもらった。ファサードの無駄な

アプローチ部分を拡張してテラス席を作る作戦。

コロナ禍で店内でのカフェ用席数が減ったのと、シェフ一押しの

賞味期限が超短いスイーツを テラスでも食べてもらいたい! ためだ。

ちょっと広島では珍しいこのスイーツは、また後日実食!

 

 

 

20210804111532.jpg

左官屋のかいちょとは、高校の同級生で親友。

かいちょというあだ名は、彼が当時 県工の(県立広島工業高等学校)

生徒会長だったから。会長(かいちょう)の(う)は付けない、

昔から かいちょ!と短く切るのが決まりなのだ。

 

卒業後、私は広島でサラリーマンになり、彼は東京の建設会社に就職。

何年かして広島に戻り、家業の左官を継いでからは 公私に渡りいつも

助けてもらってる。ほんとありがたい、いいヤツなんだ。

 

 

 

 

 

20210804111549.jpg

そんな灼熱の中、かいちょを一人残して リゴロのケーキを買い

後ろ髪を引かれながら事務所に戻る。

安田シェフのスペシャリテ、ロゴマークにもなったシブーストを

いつもの鈴木さんと頂いた。

 

 

 

20210726155236.jpg

研究所のドアを開けると、超リアルな 50㎝ぐらいのジョーカーがお出迎え。

数有るジョーカー史上、最高傑作だったダークナイト。

この研究所の主人と どこかしら共通点を感じる。

 

 

 

20210726155330.jpg

しかも足元に注目. 笑 大切なものは細部に宿る。

 

 

 

 

20210726155133.jpg

AFROG DESIGN UNIT

MASARU YAMAMOTO

 

 AFROG「 ヤマモトマサル 」  彼と初めて会ったのはもう 8年前、

ギャラリー yo-haku( ヨハク )にて。こけらおとしの展示会に

いっしょに参加した時だった。

当時はマルチクリエイターという肩書きだったが、まさに多才、

WEB デザイン、制作までを主な生業にしているが、やはり特筆すべきは

フォトグラファーとしてのヤマモトさんだった。

 

2013年、yo-hakuで開催した 個展「 NO MATTER × UK 」は

静かに、衝撃的だった。

仕事柄、広島でも多くのカメラマンを知ってるけど

こんなアーティスティックな撮影できる人が いたんだなと。

センスよく会場まるごとコーディネイトしていて、そこに最高レベルの

プリントで、とにかく写真を観せる。一般的な写真家がする個展とは

一線を画すものだった。

とても繊細な現像処理をした作品はどれも、モニターでそれなりの

解像度で観てもいいものだろうけど、やっぱり写真は

プリントしてナンボだな、と改めて気づかされた。

 

NO MATTER × UK 

uk.afrog.jp

 

 

 

20210726155121.jpg

そんなこんなで彼のファンになって(向こうは気持ちわりーだろうけど. 笑)

密かに SNSなどマメにチェックしてたら、とにかく粋な男でセンスいい。

才能もだけど、仕事でもARTでも趣味でも、とことん深掘りしているし

ちょっとし過ぎなぐらいなのに、バランスよく収まってる。

撮った写真とパーソナルティが ぴたっと重なる感じ。

 

ところがこの 2年ぐらい?インスタにも HPにも写真を載せなくなった。

新しいアカウントでもとったかな? ちょっと悶々としていた。

ヤマモトロスは長く、意外と効いていた. 笑

 

MARU-ch.

instagram.com/afrog/

 

 

20210726155411.jpg

strawberryflog LAB

 

新しい事務所は八丁堀三越の正面側、ミスドの前の古い雑居ビルに

#苺蛙研究所という屋号らしい。 以前の名称は AFLOGで

アフロヘアとフロッグ(カエル)を掛け合わせたと聞いたけど、

カエルがモチーフなってるのが 勝手ながら親近感を覚える。

私の事務所は 2年前までカエルだらけ、知人から頂いたカエルの

置物やグッズを 50匹以上、至る所に飾っていた。

一昨年に選抜して 今表にいるのは24匹、大人しく配置している。

 

脱線したけど、さて「 苺蛙研究所 」とはまたヤマモトさんらしい、

ユニークな屋号にしたもんだな。もう興味しか湧かない。

 

 

 

20210726155207.jpg

そしてこの春ぐらいかな、ツイッターとインスタのストーリーズで

断片的な動画が上がってきて、復活? どうやらこれは事務所を

開いたのかな? 研究所って… とまぁ、これはどうにかして

会いたい、できれば研究所に伺いたい〜と、アポどり法を模索してたら

カレーメイソンの K-COさんが タイムリーにアクセスしてくれて

念いは通じる もんね、グラマラスな K-COさんに感謝。笑

 

 
 

20210726155445.jpg

久しぶりのヤマモトさん。なんか会うたび印象が変わる。

初めて会った時は着物で来たからね。ハットもよく似合ってたし。

クリエイターで着物、着こなすなんて 羨ましいなぁ。

 
 
 
 

20210726154901.jpg

SNSでよく上がっていたカフェコーナー。エスプレッソマシンは

ASCASO、セレクト渋い。こいつは扱いにくいやつだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20210726155718.jpg

豆から挽いて、とても丁寧に一杯を淹れる。

 

 

 

 

20210726155530.jpg

これは美味しい… 好みの味わいだ、香りがいい。見た目より深い。

今年飲んだアイスコーヒーでは暫定 1位。

 

 

 

 

20210726155752.jpg

するとおもむろにヤマモトさんがミルクを持ち出した、しかも木次! 

これはうれしい〜 ブラックもいいけど、カフェオレは別格なんだよね。

ここからたっぷりとラテに味変。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20210726155811.jpg

さて一息ついてから いろいろ質問攻め. 笑 コロナ禍で今日までの

仕事のことや、この研究所を起こした流れ、その屋号の由来とか etc. 

なにを聞いても躊躇なく、的確に返してくれる。

 

 

 

20210726155427.jpg

特に気になっていたのは、ここでなにを研究しようとしているのか。

すると話しながら おもむろに立ち上がって、ホワイトボードに向かい

わかりやすくチャートにして解説してくれた。 

彼は 2つの専門学校講師をもしてたので、これはもう ちょっとした

セミナーだったね。

 

 

 

20210726155839.jpg

このあとボードにはテキストがびっしりと書き込まれていく。

これまでのいきさつ〜これからの推測、内に宿す 心理的な背景も

織り交ぜながら、フローチャートを組み立てて見せた。

 

具体的にはこの研究所としてのビジョンなんだけど、これが今の私には

とてもタイムリーなレクチャーになった。大きな気づきがあったので

ありがたいなぁ。なので、ここでその内容までは載せれないね。

 

 

 

 

20210726155859.jpg

そんなこんなで 2時間半、長居はすまいと決めて来たけど

こちらが勝手に熱が上がってしまい、会話が止まらない。

めんぼくない。 とにかく

まだまだ「 ヤマモトマサル 」からは目が離せない。

 

 

 

 

 

 

20210726155504.jpg

写真はがんばって撮っても、彼にはボロがバレるので

ここに入ってすぐ、何も考えずに軽くシャッターを押した。

 

帰って現像してみると

このエヴァ弐号機のが 唯一のお気に入り。

 

 

 

 

 

20210720150628.jpg

Dolce e Salato dal

polipo 

 

何年ぶり?かの友達から うれしいお誘いでランチへ。話し足りないので

ちょっとまた行きたかった「 ドルチェ エ サラート ダル ポリポ 」まで。

( 長いな. 笑 )

 

facebook.com DolceSalato

 

 

20210720150607.jpg

ここに来たなら自家製のブリオッシュを温めて

ジェラートをサンドして食べるのが美味しい。

ちなみにこれは濃厚なピスタチオ味。ポリポではこれが

個人的に一推しテイスト。

 

 

 

20210720150525.jpg

相変わらずどれも気合を感じるジェラートたち。この日は左上の

フレッシュミルクが絶品!

 

 

 

 

 

 

 

20210720150550.jpg

窓際に 10席ほど、あと立飲みできるカウンターもあり。

デザートでお茶してもいいし、ポリポで食べた後、呑み直してもいい。

 

 

 

20210720150352.jpg

定番中の定番、ババもコッテリと美味しそう。

 

 

20210720150701.jpg

これはリモーネかな? 広島のレモン?

 

 

20210720150449.jpg

なぜか流行を意識したものを ちゃんと用意している。

 そこがシェフらしい. 笑

 

 

 

 

 

 

20210720150735.jpg

こんな珍しいパスタが売ってたり、

 

 

 

20210720150507.jpg

モッツァレラや生ハムなどなど、レアなイタリア食材も売ってる。

たぶんシェフの趣味的なセレクトで、たぶんどれも

お得な価格になってる。これでちゃっかり儲けようとか、

セコい人じゃないので. 笑

 

 

 

 

 

20210720150758.jpg

そんなこんなでシェフの最近凹んだ話を聞いてると、サービスで

美味しいエスプレッソが出てきて〜 ごちそうさまです!

 

タイトルの闘いとは、そんなシェフの「 コロナ & 行政との闘い 」であり

広島でも少なくはない、飲食店オーナーたちの苦闘なんだと思ったから。

ワクチンが広まっても、まだまだ先は観えない。

踏ん張ってほしい。

 

 

 

20210720150818.jpg

ポリポの 2軒横の 2階、また行こうっと。

 

 

 

 

 

 

 

20210709151339.jpg

DESIGN  OFFICE  KAWAHARA

 

広島の女性グラフィックデザイナーの草分けであり、現在は

カリグラフィー( 書 )作家としても有名な 川原さん。

私が 1990年から 6年半 在籍していた「 デザイン オフィス カワハラ 」で

なんと 70代半ばを過ぎても、現役でデザインもされている。

 

1996年から作家としての活動にシフト、初めての個展は忘れもしない

米国ニューヨークの TORAYAにて( 虎屋ギャラリー 1993〜2003 )

最近ではやっぱり 一昨年の個展がインパクトあったなぁ。

 

nov-kawahara.jp

 

 

20210709151312.jpg

先日、紫陽花を届けた時に お会いできなかったので、この日は再訪問にて。

長く続けられている blogも欠かさずチェックしているので、想定通り、

月末の個展に合わせ、製作に追われていた。

 

 

20210709151404.jpg

作品に合わせて、多くの和紙や箔押し紙を使用する。

箔押しはもちろん「 歴清社 」で、川原さんとは先代さんからの

長いお付き合いになる。

 

rekiseisha.com

 

 

20210709152944.jpg

タペストリーには日本の野草や野花が描かれていた。

よく見たら全く同じ絵が、なんとこれプリントなんですね。

こんな麻生地に、これだけきれいに表現できるって すごいなぁ。

プリントなら手入れも楽だし、お求めやすい価格かも?

 

 

 

 

20210709153048.jpg

SUPER×SUPER Bloom 2021

記憶と共に咲く20年分の花

 

もちろん個展の案内もいただいた。

福屋季節袋 20周年記念としての EXHIBITIONになる。

昨年は東京フォーシーズンズホテルロビーの天井ARTを手掛け、

青山での個展を開催した。

広島では 2年ぶりの個展、福屋のデザインを手掛けてきた 

20年分の季節袋を記念にした商品と、最新の「 銀焼き箔絵 」など

展示する。

 

 7月29日 木曜日〜8月4日 水曜日まで  福屋八丁堀店 7階

 

 

 

 

20210709151432.jpg

朝顔と向日葵のプリントを施したエプロン。お揃いのデザインで

Tシャツも販売する。

 

 

20210709152928.jpg

お茶目な川原さんに よく似合ってる。笑

 

 

 

20210709153027.jpg

広いアトリエが画材やら作品やらで、脚の踏み場もないぐらい。

25年前を彷彿と指せる 1枚。

小さな川原さんが、より小さく見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20210709153004.jpg

なんて懐かしい「 一 生 」の書。まだ初期の作品で書家っぽい一枚。

以前の事務所はタイル張りの床で、そこに膝をついて

毎日のように書いていた。

 

25年前、なぜアーティストに転身しようとするのか…

当時勤めていた T先輩と私には、まったく理解できなかったけど

今、やっとわかる気がする。

 

 

 

 

 

 

20210726134640.jpg

絵図屋事務所の、一番落ち着いて見れる場所に「 生 」の書がある。

退職の時に 無理やり頂いた 1枚。

 

 

 

二度とない人生だから。