20200912181328.jpg

アジア池

 

先月から何度と誘われるランチで、このアジア池さんが出るけど

これがなかなかコロナのせいか、不定休とかで行けてない。

 

この日はお客様が予約入れてくれて、ようやくランチミーティング。

 

asiaike.com

 

 

20200912181503.jpg

本日のランチは沖縄タコライスのプレートのみ。

生春巻きが美味しい〜

 

 

 

 

 

 

20200912181522.jpg

相変わらず楽しくも美しい盛り付けに、もちろん美味しい。

 

 

 

20200912181544.jpg

 

 

 

 

 

20200912181604.jpg

8月も終わるのに、残暑も超キツイ〜

コロナで窓も開けてるから、メタボにはなおさら。

 

 

 

 

 

20200912181630.jpg

打ち合わせもして、満足して帰る階段をパチリと。

 

 

 

20200912181649.jpg

こいつ、持って行かれないかしら、心配になる可愛さよ. 笑

 

 

 

 

20200905185752.jpg

il nebbio

 

1年ぶりのイルネッビオへ。その人気はオープンしてからも

盤石の安定感。コロナ禍もなんのそのかな。

 

il-nebbio.shopinfo.jp

 

 

20200905185810.jpg

北海道産 焼きトウモロコシのパンナコッタ。

このショベル型のスプーンで食べる、かわいい〜

 

 

20200905185826.jpg

丸ごと鮎のリエット 胡瓜とライチ ライムの薫り。

なんと鮎がこんなお姿に、スプーマ活躍してるね。

 

 

 

 

 

 

 

20200905185859.jpg

フォアグラのクレスペッロ マルサラ風味。なんと筆とチューブが、

その中にはマンゴーとパッションのソースが詰めてあり

それを筆で自由に塗って料理を自らの手で完成させるという、

遊びゴコロ. 笑

 

 

20200905185923.jpg

筆を汚すのもなんだかもったいないという昭和生まれ。なので

チューブからダイレクトにメッセージを書いてと。

 

 

 

20200905185842.jpg

フォアグラは美味しいけど、これからはもう

食べることはないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200905185955.jpg

生ハム”クラテッロ” と赤肉メロン、水牛モッツァレラの冷製カッペリーニ。

冷たいチーズの繊細な味わい、極細のカペリーニは ほとんど揖保の糸. 笑

 

 

 

20200905190011.jpg

浜田産 水タコと枝豆のフリット 青のり 枝豆クレマ。

シェフ流のイタリアンたこ焼き、香ばしくも新鮮な組み合わせ。

 

 

 

 

 

20200905190027.jpg

メインはイタリア産 乳飲み仔牛のモモ肉と舌  大葉風味のブロード仕立て。

〆は正統にイタリア産で、昼間っからなんて贅沢なこと。

この大葉のスプーマが繊細ながらも、バジルにはない清涼感で〆ている。

 

コロナ禍の影響も少しはあるのだろうけど

広島でもこんな 5000円を超えるランチや、たっぷり楽しめる時間を

昼間から提供できるお店が、増えてきたと思う。

 

 

 

 

 

20200905190125.jpg

デザートはなんだったけ?笑 美味しかったよ。

 

 

 

20200905190140.jpg

 

 

 

 

20200905190111.jpg

あら? これはシェフからのサプライズサービスで…

 

 

20200905190042.jpg

CRAFT JOURNAL

 

そう、この日は 1年前と同じく、この店舗をデザインした

クラフトジャーナルの榎さんといっしょに。先日の椅子のリペア

してもらった時の流れで ちょっと相談にのってもらった。

我が商売の女神さま、やっぱりおっしゃる言葉が重い. 笑

 

クラジャが開業して 16年になってたのを、シレッと

さり気なくラストに出してくる。

さすがその気遣いでも人気のモテシェフ. 笑

 

craft-journal.com

 

 

 

 

 

 

 

20200905190156.jpg

広島でも抜群の知名度、TVでも馴染みの谷口シェフ。

キッチンでの真摯な眼差しをスナップ。

コロナ禍のダメージもそれなりにあったと言ってたけど、この日は

平日のランチでも満席、客層の良さも一目瞭然。すごいなぁ…

 

こんな窮屈な夏の日に

贅沢な2時間をご馳走さま。

 

Grazie!!

 

 

 

 

 

20200824184609.jpg

Stick  Sweets  Factory

 

久しぶりにインスマートさんからお呼びがかかり、仕事?

某スティックスイーツファクトリー店で打ち合わせ。

インスマートと言えば代表の奥原さんとも、呉で会って以来、

お元気だろうか〜

広島の製造業のために、尽力し過ぎてる方だからね。

 

in-smart.co.jp

 

 

20200917131238.png

 

さて打ち合わせは以前デザインしたスマートマルシェロゴ

変更依頼だった。これも 5年前だけど、もうずいぶんとなつかしい。

 

 

インスマートの農学部

〜ええのうか〜

インスマートでは早くから畑を所有していて、野菜の自社栽培にも

力を入れている。しかもよくある契約農家ではなく、自分たちで

栽培しているのがすごい。

 

 

 

20200824184639.jpg

お土産にスティックのケーキを頂いた。久しぶりに食べたけど

やっぱりこのスタイルを構築して全国展開したのは、すごいことだね。

 

 

 

 

20200824184624.jpg

IC4 DESIGN

 

そしてなによりもこのデザイン。言わずもがな

IC4 DESIGNの神垣さんだ。

遊びゴコロに満ちたパッケージデザイン。ここまでイラストを

全面に入れて見てるだけでたのしくなる! 見たことないね。

往年のミスドパッケージ、ペーター佐藤以来のインパクトだよ。

広島が世界に誇るイラストレーターであり、アーティスト。

 

このblogを初めた 10年前に彼の個展が広島で開催、

それはもう感動し過ぎて、興奮ものだったけど

やっぱりあん時、買っとけば良かったなぁ・・・ 笑

 

ic4design.com

 

 

 

 

20200824184116.jpg

CHIKURIN   

中国菜館 竹琳

 

久しぶりの中華ランチで竹琳へ、納品も兼ねて。

 

 

 

20200824184034.jpg

元スタッフ鈴木さんは酢豚ランチをチョイス。美味しそう。

美味しいに決まってるが. 笑

 

 

 

 

20200824184241.jpg

出汁が濃い〜 センチュリースープのごとき 透き通っている. 笑

 

 

 

 

 

20200824184203.jpg

出ました! ここのお粥が好きなんよ〜美味しい。

この日も おかわり〜してしまった。

 

 

 

20200824184301.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200824184138.jpg

メインはお魚でした、これも美味い!

 

 

 

 

 

20200824184335.jpg

それと手羽先の薬膳煮込み、参鶏湯のような味わい。

肉がホロホロになっている。

 

 

 

 

 

20200824184353.jpg

デザートによく冷えたライチの実が一個。ご馳走様でした〜 

昼まっから大満足。

 

それにしてもコロナで三密もなんのその、平日のランチでも

相変わらずの人気店。親子連れやマダムたちで、お店出る頃にも

ウエイティング 4組。 すごいなぁ。

 

 

 

20200905185138.jpg

Bottega del 29

 

この 7月かな、幟町にオープンした 美味しいと評判のイタリアン〜

ボッテガニックへ。食つながりのデザイナー同士で。

マエダハウジングのマダムも SNSで上げていたので、気になってた。

 

このウ◯コみたいな( 失礼. 笑 )レバーペーストだったかな、

その上に乗ってるのも美味でした。

 

bottega-del-29.com

facebook. bottega.nick

 

 

20200905185156.jpg

ピクルスあると頼んでしまうクセ。  噐〜 かわいいな。

 

 

 

20200905185212.jpg

ニョッキ、尾道産のシラスのアラビアータで。これがとても

好みの味わいで、美味しかった!

アラビアータにするところがニクい. 笑

 

 

 

 

 

 

20200905185250.jpg

カチョエペぺ 。チーズと胡椒のパスタ、トンナレッリで。

オープンしてもうすでに評判になっている、絶品です。

 

このblog、かなり詳しい〜

 

 

20200905185232.jpg

とことんシンプルな故に、アーリオオーリオを

美味いと言わせるより難しいと思う。

めったにお目にかかれないレベル、ほんと美味しかった。

 

 

 

 

 

20200905185310.jpg

ピッツアはサルモーネ、サーモンとチーズがたっぷりと

ここはリストランテ?  トラットリアなのかな、

ちゃんと薪窯があるのよ。見た目よりやさしい味わいでいい。

 

 

 

 

20200905185353.jpg

マダムのオススメ、イタリア産のバラデンコーラ。

コーラナッツという本来のコーラの味わい。色はすごいけど

ナチュラルなのよ。今のコーラには使ってないとか

とてもすっきりした原点の味わいだった。

 

 

 

 

 

20200905185409.jpg

自家製サルシッチャ 白インゲン豆とアリッサと共に。

これも美味しい、すごい肉汁ジュウ〜シィ〜 また豆がいかにも!

店名の29(ニク)とは、肉料理が得意とのこと。

トスカーナの名店で修行したシェフ、メインの肉料理は

美味そうなのがたくさんあったけど、友達のおなか具合もあって

今日はこれだけにしておいてやろう. 笑

 

リベンジ必須だね、特にトリッパね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200905185424.jpg

デザートは旬の桃コンポート。

美味しい時間はやっぱり早く進む。

 

 

 

 

20200905185438.jpg

またい〜い ITALIANが広島にできた。

 

 

 

20200905185504.jpg

オーナー夫妻が ご丁寧に出てこられた。

また来ますね、ご馳走さま〜

 

ちなみに店舗施工はこれまた、

繁盛店請負人、ハンドミーダウン 木下さん。

店見れば解るけどね. 笑 彼は無敗だな. 

 

hand-me-down.jp

 

 

 

 

20200828180028.jpg

宮島「北大路魯山人」美術館の続き。2階へ上がるとちょいと

趣の違う展示をしている。以前の和室をさほどいじらずに

誰かが貯めてきたコレクションを、

自宅で観ている感じとでも言おうか。

 

 

 

 

20200828175949.jpg

2階もそのまま土足で上がっていく、でも畳や床の間もあり

動線は分けているけど、ちょっと違和感がある。

 

まぁそれもよしで面白い。

 

 

 

 

20200828180044.jpg

今回、個人的には 軸や絵画が多く観れたのがうれしかったね。

 

 

 

 

20200828180134.jpg

階段をはさんで二部屋あり、こちらはなんか金色が目立つなぁ。

 

 

 

 

20200828180336.jpg

武蔵野図屏風

 

 

 

 

20200828180216.jpg

虫や蟹、魚など生きものの表現がステキなんだよな。

軽く力が抜けていて、でもなんか描いてる側の想いというか

相手に対する、彼の眼差しを感じる。

 

 

 

 

20200828180110.jpg

 

 

 

 

20200828180250.jpg

椿の大鉢。今まで何個か見たけど、この配色が素晴らしいね。

 

 

 

20200905183553.jpg

有名な呉須花入。魯山人の書も個性的で、よく篆刻などでも

この感じを多く見るけど、今見てもモダンなんだよね。

アウトラインと色分けされた、手描き調フォントというか. 笑

 

独立する前から、魯山人の常用漢字習字帳を持っていて

ロゴデザインでもよく参考に使っているけど、漢字なのに

単なる古典とは違う趣があって、楽しいのよ。

 

 

 

 

20200905183608.jpg

もみじの陶版がシンプルで力強い。下にはまな板を敷いている。

 

 

 

20200905183624.jpg

双魚も多く扱うテーマだね。

 

 

 

 

20200828180318.jpg

この形状も好きだけど、海老がかわいいなぁ。

 

 

久しぶりに魯山人三昧というか、こうしてどっぷり浸かってみると

やっぱり彼は 食とART、これに尽きる気がする。

 

なんかね〜でもどっか楽しんでいるのよね・・・そこはかとなく

どれを観ても感じる、食への念い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200828180355.jpg

ついつい撮影に集中してしまい、あっという間に終わってしまった。

ここはエントランス?というか、昭和の映画をテーマにした

なにかしら企てているらしい。

その前にあのキャプションはなんとかしてほしいな. 笑

魯山人が観に来たら、ブチキレそうよ。

 

 

それにしても感動した。。。

 

ここはまたぜひリピートして、今度は手にとってみれる星岡など

じっくり観てみよう・・・

 

 

 

 

20200828180414.jpg

それにしてもこんな宮島、めったに拝めないね。

外国人観光客は皆無、平日でも人であふれていた観光バブル。

広島に居ながらもこの光景は、さみしいとは思えない。

むしろ神の島にふさわしい、凛とした空気さえ感じる。

 

隣の能美島(現・江田島)にいた頃、50年は前の宮島に

近いかも知れない。

 

 

 

 

 

 

20200828180443.jpg

伊都岐珈琲

 

さすがに外歩くと暑いので、コーヒーでも飲んで一休み。

島内の伊都岐に入るの久しぶりだなぁ。

アイスコーヒーも美味しいけど、このお局様スタッフさんの

親しいサービスが懐かしい。

 

itsuki-miyajima.com

 

 

 

 

 

 

 

 

20200828180508.jpg

宮島 Bocca  Al-che-cciano

 

さてお腹空いたけど、さすがに島であなごめしとか食べる気にならず

けっこう遅い時間でもランチやっていた、アル・ケッチァーノへ。

もうオープンして以来、4年ぶりだなぁ。

前菜はたしか桃と夏野菜、リコッタチーズ?

オリーブオイルも香り高い。

 

 

 

20200828180527.jpg

いやいや、パスタがすごいボリュームで美味しかった〜

ご一緒したお客様はこのサーモンと枝豆、トマトクリーム。

 

 

 

 

20200828180555.jpg

このパンもモチモチでよかった。

 

 

 

 

 

 

20200828180614.jpg

私はシラスとキャベツのアーリオオーリオ、これは好み!

オイリーでも辛くて美味かった。

 

 

 

 

20200828180648.jpg

デザートはキャラメルジェラートで。ご馳走さま〜

 

ここももう4年か〜 あのポリポが 6年やってた場所で

有名なアル・ケッチァーノが開店して、楽しみに行ったのが

まだ去年のように思い出せる。

 

ランチだからサービスしているんだろうけど

このイタリアンには不利な環境で、がんばっているね。

 

 

 

 

 

 

20200828173743.jpg

久しぶりの宮島へ。鳥居はこんなことになってんのね。

それにしてもコロナ禍で、噂以上に人がいない。

 

 

 

 

 

20200828173807.jpg

こんな鳥居、修復まであと何年かかるだろう。

こんな外国人がいない、人がいない宮島って、きっと貴重な時間。

子供の頃を思い出す。

 

 

 

 

 

20200828173847.jpg

Miyajima Kitaoji Rosanjin Museum

宮島「北大路魯山人」美術館 

 

 

目的はこちら〜  この 3月にオープンした、魯山人の美術館。

コロナですぐ閉館になってたけど、6月に再開館となった。

 

rosanjinmuseum.jp

 

 

 

20200828173824.jpg

古い日本家屋をリノベして展示している、でも できる限り

建物はそのままに活かしている。

 

 

 

20200828174139.jpg

星 岡

 

入ってすぐ目に止まるのは、 星岡茶寮の会報誌「 星岡 」

整然と積まれていて、しかもすべて手にとって観れる。びっくり!

おまけに館内はすべて、撮影可能だという。

すごい今っぽい展示してるじゃないの。

 

魯山人、ちょっと検索したらこのサイトがトップに。

intojapanwaraku.com

 

 

 

20200828174218.jpg

その端に「美味しんぼ」が全巻置いてあるのも面白い。

 

 

 

 

20200828174158.jpg

家屋は最小限にいじってる、この気取らない感じはいいね。

 

 

 

 

 

 

 

20200828174240.jpg

有名な作品も多いけど、こんなささっと描いたような、まるで

イラストのようなタッチも見応えある。

 

 

 

 

 

20200828174256.jpg

いいなぁ、書のバランスもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200828174334.jpg

まず一階を観ていく。800点余りの所蔵作品から厳選した作品を

所狭しと展示。

 

 

 

 

20200828174315.jpg

作品はもちろん、大胆な展示の仕方もセンスいいのに

唯一この値札のような安っぽいカードスタンドだけ台無しに。

スタッフさんにもクレームつけた、こりゃいけんよ. 笑

まだオープンしたばかりでそこまで手が回ってないみたい。

無償でいいからデザインしてあげたいな。

 

 

 

20200828174433.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20200828174449.jpg

出ました〜 魯山人らしい大鉢作品ですね。

 

 

 

 

20200828174506.jpg

 

 

 

 

 

20200828174523.jpg

葉っぱかわいいなぁ・・・料理がのって初めて完成されるのが お皿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200828174539.jpg

 

 

 

 

 

20200828174555.jpg

織部もいいな。 鳥はなんだろ、雀かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200828174712.jpg

1.5 階展示場から中庭に出れるデッキがあって

まるでオブジェのように椅子が並ばれている。

ミネラルウォーターが飲めるサーバー付き。

 

 

 

20200828174732.jpg

 

 

 

 

20200828174750.jpg

かつての井戸と手押しポンプも、いいオブジェになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200828174822.jpg

とにかくキャパを超えて展示数が多く、これでもかと並んでいる。

 

 

 

 

20200828174836.jpg

流派とかどこどこで修行したとかじゃなく、ほぼ独学で始めた。

なんか味があるんだよね、陶芸も書も、料理をするように

アイデアを優先しているように観える。

 

 

 

 

 

20200828174852.jpg

さてと 2階へ上がりますか。 続く→

 

 

 

 

 

20200822165704.jpg

 

原爆ドーム

 

コロナ禍で今年の原爆の日は、今までにない静かな朝だった。

今年機種変した iPhone11。夕暮れのドームを観せる。

 

 

 

 

 

20200822164641.jpg

事務所の改装で断捨離してたら、物置の奥からこんなものが出てきた。

JR・奈良の大和路線にある駅に 付いてたと思われる、鉄製の看板だ。

 

 

 

20200822164617.jpg

もう20年以上前に、奈良でお世話になった知人から、頂いたもの。

居酒屋とか店舗でディスプレイとして使えるかも?と思って〜

 

私もちょっと鉄オタなんだけど、これはさすがに使えないなぁ。

10kぐらいはあるけど塗装がさすがに しかっりしていて

裏面もグレーでキレイだし。

 

メルカリに出したら、誰か買ってくれないかな. 笑

 

 

 

 

 

20200828173438.jpg

それとこの ART。 事務所に来た人からよく聞かれる。

 

 

 

 

20200828173506.jpg

Susan

 

たしか28年前かな、かなり遠い親戚のアーティスト・スーザンが

(純日本人・ある意味宇宙人. 笑)個展をした時の作品。

 

 

 

 

20200828173523.jpg

それらは当時の広島で、なかなか気鋭な作品たちだった。

武蔵美のテキスタイル科卒生。これはキャンバス地を染めて

加工してあるけど、他には民族衣装のような土着した感じの染物や

重めで大きな作品が多く、迫力もあり目立っていた。

その中でこれだけは妙に浮いていて、かわいいし印象に残っていた。

 

 

 

 

20200828173539.jpg

よく見ると薄っすらと 何やら描いてあって細かい。

同い年のスーザンはその後、外国人パートナーと海外を行き来し、

今は実家のある三次〜庄原に居るみたい?

 

もうSNSでしか見ないけど、アーティストとしての活動は

してないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

20200822164742.jpg

事務所に20年あった、赤いソファは処分したので

とりあえずだけど、自宅にあったこのイスを持ってきた。

この写真はこの度、座椅子を張り替えてリペアしたもの。

 

 

 

20200822164723.jpg

CRAFT JOURNAL

 

これはかれこれ 10年前にクラジャ榎さんから 譲りうけたもの。

古いテーブルと椅子 4脚のダイニングセットだった。

この 2脚だけ事務所用に、ファブリックを貼り替えてもらった。

ちょっとリッチにモケット調の生地、もちろん榎さんのセレクト。

 

craft-journal.com

 

 

 

 

20200822164705.jpg

H I D A

飛騨産業

 

この古いキツツキのマークは飛騨産業のブランド。

しかもこのロゴデザインは 1969年まで使われていた初期のものだ。

 

kitutuki.co.jp/news

 

 

もうずいぶん若い頃、シェーカースタイルの家具や生活様式にハマり

日本のオークヴィレッジや KAKI工房、アリスファームなど

書籍を読みあさってた。

写真でしか見たことのないブランド家具を眺めては

ため息ついていたね。

とうぜん 20代ではとても買えない値段だった。

 

当時シェーカーのレプリや KIDで組み立てた椅子を

30年経った今でも使っている。

 

 

20200822164804.jpg

 

この椅子、やっぱりすごいなと思ったのが

座椅子とフレームを固定する 8本のマイナスネジ以外は

すべてはめ込みでできている。接着剤とか使ってない。

うちのシェーカーチェアもそうだけど、完全には固定してないから

ほんのわずかだがアソビがあって、それがうまく衝撃などを

分散している。

座椅子を外すと、フレームが簡単にバラせたので

傷やジョイント部分をリペアしてと。

 

 

もう 50年は経ってるはずなのに

座り心地は申し分無し。

 

 

 

 

 

20200822163034.jpg

EZU design works  2020

 絵図屋

 

1998年に独立して、今の事務所を開いたのが 2000年。

2010年に法人化してこの HPも開き、事務所移転をたくらんでいたけど

10月に両足骨折して入院。  時期じゃないんだなと悟った。

 

あれからもう 10年になる。

 

 

20200825184936.jpg

さすがに 20年ともなると、こんな安っぽい賃貸マンションで

壁紙は至るところでハゲているし、什器の傷みも目立つ。

もともと和室だから、襖は黄色に焼けてシミも汚いほど出てる。

なによりもこの鶯色の壁紙が重いのよね。

20周年だというのに、なんか気分が上がらない・・・

 

実は 20周年を記念して、個展かイベントでもしたいなと

昨年から動いていたけど、このコロナ禍で人を呼ぶのも

気がひけるし。

 

 

 

20200822163258.jpg

おまけにこの北側の窓の向こう、駐車場なんだけど

4階建ての事務所が建つことになり、もっと暗くなるだろう。

 

そこでちょっと思い切って、せめて私の部屋は

壁紙だけでも貼り替えることにした。

 

 

 

20200822163131.jpg

施工前日までにやっと荷物を片付ける。床板もすべて外して

20年ぶりに畳が出てきた。

 

 

 

20200822163151.jpg

以前、住んでいたオンボロアパートでも敷いていた この床板は

畳の上に厚紙を敷いて、その上に板をはめ込んでいただけ。

板はオイルステン仕上げ、呼吸をするので畳からの湿気を調整する。

20年経つのにカビもほとんど無く、思ってた以上にきれいだった。

安物のカーペットとか敷くよりも、畳をちゃんと守っている。

 

 

 

 

20200822163325.jpg

MAEDA HOUSING 

 

月曜朝一、さっそく施工が始まった。仕事がら店鋪施工や

職人さんとのつながりが多いので迷ったけど、今回はお客様でもあり

以前、TRITRAのお仕事でも たいへんお世話になった

マエダハウジングさんに依頼。

 

maedahousing.co.jp

 

 

20200825185025.jpg

若い 2名の職人さんはとても手際よく、作業がめちゃ早い。

 

 

 

20200822163556.jpg

なんと「まめでこ」開店のお仕事でもお世話になった、

マエダハウジング社長夫人、NORICOさんが現場検証に. 笑

今回無理言って、壁の配色とコーディネイトをお願いしました。

 

 

 

 

20200825185043.jpg

それと玄関の壁紙もひどく禿げて、汚れも目立っていたので

この 1面のみ ビビットなグリーンに。

NORICOさんに事務所まで来ていただきコーデ、

各メーカーサンプルを たくさん取り寄せてもらい決定。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200822163646.jpg

完 成。Before→After!!

 

なんということでしょう!! チャラららら〜ん♬

(劇的ビフォーなんたらのBGM. 笑)

めっちゃ! 明るくなった。落ち着きのあるアイボリー色にしたので

ちょっと無難だったかな〜と思っていたけど。 

すごくいい。。。

 

 

 

20200822163704.jpg

床板は 一枚一枚、オイルメンテした。

動線にあった痛みの激しい板を、窓際の家具を置くところに配置。

 

 

 

20200822163723.jpg

下の畳は念のため、畳用ダニアースを注入して 5日間は部屋干し。

呼吸を妨げないようにボール紙を敷いて、板をはめ込んだ。

 

 

 

 

 

 

20200822163811.jpg

入り口の襖には、壁と同じ壁紙を貼ってもらい、

 

 

 

20200822163742.jpg

押し入れの襖には、このストライプの壁紙をチョイス。

 

 

 

20200822163837.jpg

pizzeria  MARIO ESPRESSO  

 

じつはこの壁紙、1994年に開店した袋町のマリオエスプレッソで

使用した輸入物の残りだ。 事務所のプチリフォームに合わせ

押し入れや物置を整理し断捨離していたら、これが見つかって・・・

 

当時、マリオのマスター(現・池田会長)はもう尋常ないほどの

こだわりで店を創られていたからね。

これも自ら探しあて、やっと見つけたと聞いていたもので

ブルーのストライプがフリーハンドで描かれている。

このストライプのタッチをトレースして、ピッツァのテイク箱や

MARIO DESSERTのケーキ箱をデザインした。

 

 

 

20200828152620.jpg

MARIO DESSERT  1994年の初期型パッケージより

富士見町店が開店するまで、マリオエスプレッソと同じ書体の

ロゴデザイン。

 

 

 

 

それとこの襖はダンボール製の安物なので、直に壁紙を貼ると

ひわったり、失敗するリスクが高い。

そこはマエダハウジングでも腕利きの職人さんらしく

一発で見事に仕上げてもらった。

さすが〜 広島リフォーム業界 No.1の仕事。

 

 

 

 

 

 

20200822163940.jpg

とにかく視界が 360°明るくなって、気分がまるで違う。

もっと早く改装するべきだった。

 

 

 

20200822164324.jpg

そうそう20年前に、こちらで付け替えたエアコンも陽に焼けて

黄色くなっていたので、壁に合わせて白くペイントしてやった。

 

 

 

 

 

20200822164354.jpg

小さな本棚を処分して、普段使わないものは収納に隠した。

断捨離は思い切ってやるべし。

 

 

 

 

 

 

20200822163958.jpg

玄関のグリーンもスッキリと収まったかな。ちょっと前に

流行ったカラーだけど、やっぱりいい感じに。

 

貼り替えない壁紙との接点は、ギャップが目立つので

塗装して馴染ませた。

 

 

 

 

 

 

20200822164018.jpg

これだけでも驚くぐらい気分が上がる。引っ越ししたみたい。

それに片付けながらこの 20年を振り返りつつ、

感慨深いものがあった。

まぁこんな いいかげんな仕事の仕方で、しかもアナログで

ここまでできたもんだな・・・

怒らせたお客様も数知らず、でも明らかにおかげさまの

多くの人たちに助けられてきた。

 

仕事としてやってきたことには、それなりに

誇りをもっているけど、

ジジイになってまで デザイナーですって

そんな仕事ではないから。

 

 

 

ここにあと何年居られるか わからないけど、

20年前にこの部屋を見つけて、1年でも3年でも

続けられたらいいやって始めたデザイン事務所。

 

 

さてあと何年?

 

まずは環境もちょっと変ったし、

初心に戻ろうっと。