20211113153825.jpg

Locanda del cuore

 

もう20年来、愛媛松山には幾度と出張してるけど

この「 ロカンダ デル クオーレ 」という店名を、何度か耳にしていて

それが今年、あのポリポのツンデレシェフが珍しく来店して

SNSでベタ褒めしてたのを見て、これはもう行くしかないね。

 

ちょうど出張で前泊することになったんで、予約してみた。

行ってみると松山とはいえ、いつもの鷹の子からさらに奥地へと

けっこうな郊外で、イタリア人が来日して描いたという壁画が目印。

夜の松山に、なかなかの違和感で素晴らしい。

 

locandadelcuore.com

facebook.com locandadelcuore

 

 

20211113153841.jpg

ファサードもアットホームな雰囲気もあり、あたたかい。

 

 

 

20211113151927.jpg

扉開けてすぐ右手には、イタリアから取り寄せたチーズやハム、

サラミなどがこれでもかと。どれも見たことない ものばかり!

 

 

20211113152050.jpg

そして店内へ。ガランとしていて、でもあたたかい納屋のような空間。

 

 

 

 

20211113151906.jpg

キッチンの壁にあった窓を塞ぐために、寄せ木をはめ込み

イタリア地図をペイントしてある。

オーナーはちょっとイカツイけど、繊細なオサレさん. 笑

 

 

 

20211113151848.jpg

以前イタリア人アーティストが滞在して、描いてもらったという壁画。

オーナーはイタリアに長く暮らしていたらしく、ずっと交流も盛んだとか。

 

 

 

 

 

 

 

20211113152148.jpg

 

 

 

20211113152828.jpg

使ってるパスタがきれいにセンスよく、ディスプレイになっている。

多分この麺も売ってくれるんじゃないかな。

 

 

 

20211113152850.jpg

これ、かわいいなぁ…

 

 

 

20211113152916.jpg

壁の落書きもとてもいい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20211113152935.jpg

コロナ禍でこの10月から一日限定 2組まで、予約のみにしているらしい。

この夜は私たちが1組目で、帰るまで他の客は来なかったけど、

この11月はもう予約でいっぱいだって。狭い店内壁画の下の

一番いい席に座らせてもらった。

 

 

 

20211113152957.jpg

こだわりのパンと骨太のグリッシーニ。

 

 

20211113153053.jpg

前菜はアンティパスト盛り合わせに、サラミとハムをつけていただいた。

 

 

20211113153028.jpg

とにかくオリーブオイルが多彩というか、何種類あるんだろ?って

料理ごとに何本か用意して、選んだらシェフ自らかけてくれる。

テーブルにも最初から 4本、置いてあるし。

 

 

 

 

 

20211113153113.jpg

まずこの単なるアンティパストに驚かされる。シェフが淡々と

説明してくれるけど、自家製のものと契約しているイタリア野菜は

とにかくこだわりがハンパない。どれも広島でも

食べたことあるようで、なんか違う。

どれも素材の味が濃いし美味しい。

 

 

 

 

20211113153145.jpg

ホテルからタクシーで来たので、久しぶりにしっかりと

ワインを味わった。

 

 

 

20211113153923.jpg

最初のパスタはシェフのおすすめを、麺も入ったばかりの

極太の珍しいものだった。

 

 

 

20211113153201.jpg

アル・ポモドーロ 生トマトとオリーブオイルだけの、素パスタのレシピ。

ポモドーロもすぐ近所の農家で栽培しているらしい。このポモドーロだけの

パスタって人生で 2度目だけど、これは間違いなしに美味しい。

太麺の食感、アルデンテもギリギリだった. 笑

 

 

 

20211113153415.jpg

この写真で見るよりボリュームは十分。

これは感動するよ、素材感が口内にガツンとくる。

 

なるほど、評価の高いリンクも多い訳だ。

 

 

 

 

 

 

 

20211113153433.jpg

2皿目のパスタの前に、お口直しのチーズ?ではありませんね。

チープすぎる国旗がかわいい。

 

 

20211113153453.jpg

出ましたカチョ・エ・ペぺです、しかもリガトーニ!

 

 

 

 

20211113153509.jpg

シェフが先ほどのチーズをこれでもかとかける、かける。

 

 

 

20211113153524.jpg

これも美味しかったなぁ。ボッテガ29のとは また違って素材感というか

チーズよりもパスタの風味と食感が強い。

 

 

 

20211113153554.jpg

でもガッツリ削ってんですけど!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20211113153610.jpg

メインも食べたかったけど、相棒さんのお腹がすでにギブアップ!

マジか〜 残念だけどデザートに。ごちそうさまでした。

サフランのリゾット、トリッパと豆の煮込みも食べたかったなぁ 。

すべてが素晴らしいイタリアンだった。

 

 

 

 

20211113153628.jpg

これはすぐリベンジしたいなと予約しようかと思ったら、すでに今月〜

12月ももう 埋まりつつあると。なので来年は早々に行きたいね。

 

 

 

20211113153755.jpg

 

 

 

そうだ、タイトルの「 本物とは。」

 

このロカンダさんが食材にこだわり過ぎるぐらい こだわり

毎年イタリアで過ごして、その秀逸なレシピで調理するから

本物のイタリアンだ! と いう訳ではない。

よく食通の人や、向こうで住んでいた日本人が

「 ほんとのイタリアンはこうじゃないのよね〜」って

語ったりする。どうでしょ? 

本物が食べたいなら、イタリアに行くしかないのでは。

どんなに食材を取り寄せ、それをイタリア人シェフが調理しても

100%の本物だと言えないんじゃないかな。

 

以前、東京でお店を開いているイタリア人シェフが

日本で調理するなら、日本人の口に合うイタリア料理を作りたいと

言ってたけど、この日のお料理はまさにそんな

イタリアンだと思った。

 

 

 

grazie!!!

 

 

 

 

20211113151555.jpg

THE BREAD MART

Cadona

 

ちょっと用事でカドナさんまで、自宅からは近いんだけど。で

これは持ち帰ったサンドを翌日、事務所で 食べる前にパチッとな。

パテとカンパーニュがバッチリです〜

 

 

20211113151628.jpg

贅沢なモーニングになったわ。

 

 

20211112201630.jpg

いつもの佇まい〜 もう10年ぐらいかな。

iPhone写真でもいい感じだね。

 

 

 

20211112201531.jpg

この日は珍しく 5種 GET。カドナも今は ほとんど予約で完売。

 

 

20211112201705.jpg

オイルサーディンとドライトマト、チーズで美味しい!

 

 

20211112201612.jpg

このフォカッチャサンドは予約のお客様用。

 

 

20211112201548.jpg

これ あんぱんですよ、しかもブリオッシュ生地!旨い!

 

 

 

 

 

 

 

 

20211112201513.jpg

半年ぶりに中原 BOSSとパン屋あるある雑談。

この日はいつもより饒舌に。

 

 

20211112201454.jpg

コロナ禍やら、この場所に開店したころまで振り返って。

運もあるけどやっぱり先を見据えてたと、自負できるほど

BOSSは広島でも稀少な職人さんだ。

 

 

 

20211113151648.jpg

もうすぐ近所に移転するオープンする「薫製シマヘイ」も楽しみだ。

しかも施工は言わずもがなハンド・ミー・ダウン !

 

shimahei.com

 

 

20211112200837.jpg

と み や 毘沙門総本店

 

昨年から精肉店のお仕事を頂いているので、気になってた毘沙門の

「とみや」へ。ちょうど 1年前の福岡ベンチマークもそのために。

街中でも人気のとみやは、インスマートの系列で

ここは 3年前にパン屋のブールシュクレとして開店してた場所。

でもすぐ閉店してしまい 空き物件になっていて、

通勤で毎日通るから気になってた。

 

in-smart.co.jp/shop/tomiya-bishamon

 

 

20211112200819.jpg

前のパン屋から居抜きで費用をかけずに、肉屋にしちゃてるね. 笑

 

 

 

20211112200739.jpg

意外とお肉のラインナップがおもしろいというか、

個性が立っている。

 

 

 

20211127174542.jpg

お肉の惣菜や加工品は豊富で、肉の秘密基地を思い出した。でも後で

西澤さんに聞いたら、福岡の店は知らなかったらしい。ほんと?

 

 

 

20211127174627.jpg

弁当もさすがに いい感じだ、旨そうね!

 

 

 

20211127174606.jpg

レアステーキサンドが気になったけど、どうなんだろ?

ちょっと勇気いるプライス。

 

 

 

 

20211112200757.jpg

イートインスペースもほとんど前店のままで、でもお客さん見る限り

開店してそれなりに経ってるのに、うまく回してなさそうだ。

駐車場が少なくて、なのにウエイティングがかかってたので

ここでランチするのは あきらめて。

 

 

 

20211112200717.jpg

惣菜をたくさん買ってキャッシャーへ。セルフてっかでタブレットレジ。

インスマート と言えば、奥原さんも元気かなぁ〜

もう 3年は会ってないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

20211112201157.jpg

PaPas MaMas

SPAGHETTI CAFFE

 

なのでランチはすぐ近所にある、なつかしい〜パパスママス へ。

コロナ禍でこの場所で 13時過ぎてるのに、外ではウエイティングです。

検索しても相変わらず SNSも無い. 笑

 

 

20211112200955.jpg

ここももうすぐ 25周年。オーナーが修行していた MARIOでも

もうこのテイストの前菜はないし、この 3種盛りの提供スタイルも

なつかしいほど。

 

 

20211112201114.jpg

そして当然パスタも広島では、伝統的でさえある味わいに。

これでドリンクと一切れのバターバゲッドが付いて 1000円!

30年前のMARIOのスパゲッティが食べたかったら、

迷わずここへ行きなさい. 笑

 

 

 

20211112201133.jpg

スタッフ鈴木さんも初めての旧 MARIO体験。トマトクリームをチョイス!

よろこんでいたけどね。

 

 

 

 

20211112201014.jpg

それにしても壁面のイラストディスプレイはさすがにヤバイ。

施工させてもらって16年、当時のインクジェットプリントは色褪せて

壁に同化してるなぁ。リニューアルしようと言いつつ、

オーナー大手さんは常にマイペース。 変わることを吉としない。

MARIOにいた頃からそうだったなぁ。

 

ezuyalan.com/room/2005/08/papas-mamas.

 

 

20211112201044.jpg

このままずっと変わらないでいてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20211112195750.jpg

TRATTORIA PIZZERIA

p o l i p o

 

先日のボッテガさんに続き、立続けにイタリアンはポリポへ!

前回は春かな、意外と行ってなかったのね。 隣のポリポには

夏に行ってたけど。

この日は久しぶりの、飲食業にもとても強い若手デザイナーさんと。

まずはいつもの前菜盛り合わせ、相変らずちょっと多い. 笑

 

polipo-net.com

 

20211112195712.jpg

お土産で畑のルッコラを抜いて持ってたら、すぐさま生ハムに包んで

出してくる、粋だなぁ。この組み合わせ、バランスもいい。

 

 

 

20211112195811.jpg

パスタはちょっとイレギュラー、スタッフおすすめのこちら。

 

 

20211112195839.jpg

肉団子?と野菜といろんなパスタを、クタクタになるまで

ごった煮にしたような、やさしいマンマの味わいかな。

向こうの賄いっぽい!

 

 

 

20211112200324.jpg

メインは山川シェフおすすめの定番、彼が自ら釣って ここで

熟成させた鯛のアクアパッツァ。

ピッツアは諦めた、これが入らなくなりそうだったので。

 

 

20211112195907.jpg

ポリポのアクアパッツアは、よくあるアサリや海老などの魚介類が

まったく入らない、オリーブオイルと塩、水だけの

シンプルで正統なスタイル。魚の白身本来の旨みと甘味が広がる。

小さなトマトの酸味が、これまた美味しいアクセントになっている。

 

 

 

 

 

 

20211112200131.jpg

デザートもアラゴスタ、ティラミス、ジェラートの 王道 3種で。

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

20211112200219.jpg

広島の宮島口、初めてポリポに連れて行ってもらってから

ちょうど 10年になる。いつ食事に行っても、こちらの期待を

越えてくるナポリの料理たち。

 

 

MARIO が五日市の僻地に、小さな喫茶店を開いて今年で50年。

今、広島にはこんなにも素敵な イタリアンやピッツェリアが

たくさんある。 広島はいいねぇ。

 

 

Grazie!!

 

 

 

 

 

20211112195200.jpg

misuzu:

 

先日のふらんす座での個展の時、注文していたポストカードを

ミスズさんがわざわざ届けに来てくれた。実は彼女の自宅は

絵図屋からとても近い. 笑

彼女はうちのスタッフ鈴木さんの親友だけど、彼女のお母さんとは

その以前からのお知り合い。

 

久しぶりにいろいろと今後のこと、来年に大きな決断をするみたい。

他人が心配しても始まらないけど、何事も経験だね。

応援している。

 

instagram.com star_dust_soup

 

 

 

 

20211112193418.jpg

Bottega del 29 

 

ここは 1年ぶりかな? コロナ禍で第 5波だの、緊急事態宣言だの

なんかしら不安をただ駆り立てられるような日々。みんな外食しないのが

当たり前のように慣れてきて、特に夜は自然と食べに出なくなってた。

この夏にポリポの山川シェフが、最近は宣言が解けても

客足が戻らなくなったと嘆いていた。

そこでハッとして、そうだ、食べに出てないなと気づく。

なので嫌だったワクチンも打ったことだし、さっそく予約して

まずはイタリアンに行こう。私の外食ルーツはやっぱり

イタリアンしかない。

 

bottega-del-29.com

facebook.com/bottega.nick

 

 

20211112193916.jpg

前菜はブッラータチーズに濃厚な無花果、バルサミコで。

王道の味わい、一皿目からボリュームも満足。

 

 

 

20211112194130.jpg

調理しているシェフと無理やり会話できる、特等席です。

 

 

 

20211112194238.jpg

ピッツァはたっぷりのシラスとネギにボッタルガ。さすが変わらず

ここのピッツァは独創的、美味しい〜のよ。

 

 

 

20211112194453.jpg

パスタは迷ったけどメインの肉は決めてたので、トリッパで。

ニックといえばやはりこれでしょ、個人的にトリッパは外せない。

 

 

 

20211112194546.jpg

やっぱり美味しい〜〜〜 変わらないこの風味に感激。

でもお肉は以前使ってたものが、コロナ禍で品質が落ちてしまい

今は東京から取り寄せているらしい。こんなとこにも悪い影響が

出ているのね。

 

 

 

20211112194606.jpg

サービスもスマートなソムリエの美人マダム、おすすめワインを

やさしく提案。

 

 

 

20211112194635.jpg

これはフォカッチーノ? これをつい頼んでしまう、お店としては

嫌なんだろうけど、すみません。パンの変わりというより

これがとても生地本来の味わいが楽しめるのと、今回はこの生地の

秘密?を教えていただいた。通りでこの食感と風味!

 

 

 

 

 

 

20211112194701.jpg

メインはお肉で金華豚のグリル、シンプルにバルサミコで。

 

 

 

20211112194825.jpg

まぁなんて美味いことでしょう。まさに 29はニック、肉ですね。

 

 

 

 

 

 

 

20211112194847.jpg

デザートは大人のプリン、リキュールに濃いめのアマレット。

 

 

20211112194906.jpg

ティラミ・スーは定番中の定番だね。これはなつかしいテイスト。

 

 

 

 

 

 

20211112195016.jpg

ごちそうさまでした。久しぶりの肉肉強い. 笑 お客様と

とても良い時間だった。

 

Grazie!

 

 

 

 

 

20211024154748.jpg

僕は 僕を 見ていた 

I WAS WATCHING MYSELF ON THE SCREEN.

instagram.com  star_dust_soup

 

 

20211024154103.jpg

ヲルガン座 ふらんす座

 

misuzu: ミスズさんの絵本展へ。勤めているヲルガン座の 3F、

「 ふらんす座 」にて。彼女の作品を観るのは穴吹デザイン専門学校の

卒展での個展以來だから4年ぶりかな。でもちゃんとここに来るのは

6年ぶり? ちょっとオーナーのイズミちゃんに あいさつ程度に

会いに行くことはあれど、今や全国にファンもいるし、広島でも稀な

ほんとコアなスポットだからね。

 

なかなか気軽には入れない世界へ。

 

organ-za.com

 

20211024154121.jpg

個展すると決めてから、1ヶ月で絵本を描き下ろしたらしい。

 

 

 

20211024154315.jpg

なつかしい世界観はそのままだけど、やっぱり変化していたね。

 

 

 

20211024154137.jpg

これは絵だけ見るとちょっと?だけど、ストーリーは真逆だったりする。

すずちゃんらしい表現とタッチ。

 

 

20211024154242.jpg

まだ製本が未完成の絵本、ドーム型にレーザーカットしてある。

限定販売するみたいだね。

 

 

 

 

 

 

 

20211024154355.jpg

過去の作品や絵本も展示。学生らしさもあるけど、今見ても

秀逸な作り込み。

 

 

 

20211024154049.jpg

ピエロ? これもなんかちょっと不思議なイメージがあるのね。

 

 

20211024153938.jpg

この赤い表紙の絵本はちゃんと、製品として販売していたもの。

月並みだけどポストカードも良かったので、お買い上げしたら、もう

これだけしかなくて… 2日しかない個展の初日で、売れ線の商品が

ここから無くなるのもヤバいから. 笑 注文だけして帰った。

 

 

 

 

 

 

 

20211024154209.jpg

ちょっと痩せた? 相変わらず真面目で、まっすぐな眼差しの人。

うちの鈴木さんとは同期で親友だけど、いい意味で真逆の性格かな。

そうゆう友は一生、貴重な存在になる。

 

 

 

20211024154410.jpg

 

 

 

 

20211024154447.jpg

廃墟ギャラリー

 

せっかくヲルガン座に来たから、昔からお気に入りのこちらまで。

この階段入り口からワクワクするね、いつも。

 

 

 

20211024154506.jpg

久しぶりに来たけど… よかった、なにも変わってない。

ちゃんと維持されてる空間。

 

 

 

20211024154538.jpg

でもよく見たら外の屋根や屋上など、防水施工がされていて、これは

やっぱり苦労してるな、イズミちゃん。

 

 

20211024154555.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20211024154522.jpg

ここが一番好きな 小さな屋上。日本じゃないみたいで

ちゃんとした頃の、屋上の名残。

 

 

 

 

20211024154657.jpg

シャンデリアは要らないか。

 

 

 

20211024154730.jpg

いつかここで撮影したい、妄想があるよ。

 

 

 

20211024154905.jpg

また来よっと。。。

 

 

 

 

 

 

20211024154923.jpg

これは…ヲルガン座信者さんたちの AFFIRMATIONかな?

 

 

 

 

20211024154940.jpg

ウケる! マーガレットだね〜コミックスのパロディ. 笑   

こうゆうユーモアやボキャブラリーを具現化するの、彼女は得意だなぁ。

 

 

 

 

20211024154959.jpg

いつ来てもすごいなぁやっぱり。

オーナーのイズミちゃんとはもう、17年ぐらい前に会ってはいたけど

まさか一人の女性が想いだけで、こんな空間を創り 維持している。

今や全国からアンダーグラウンドの仲間たちが来る、広島でも

希少なランドマークになった。

 

これを維持するのはどれだけたいへんか。

ずっと綱渡り、命がけだろう。

無茶せんでね。

 

 

 

20211023163042.jpg

JAM cafe

 

先日のお葬式帰り JAMさんで、メニューが全面的にリニューアルしていて

店外のメニューボードを描き換えて欲しいと依頼が。

そのまま持ち帰りペイントすることに。

 

 

20211101113811.JPG

これが以前、描き変えた時のもの。2013年だからちょうど 8年前か、

もともとは既製品の黒板だったものにペイントしていたから、

おそらく15年以上使っている。

この頃は雑貨屋さんにカフェを併設してたから、

なにかと難しいこともあったみたい。

 

 

 

20211023163122.jpg

いったんすべて白く塗り潰してから、黒で黒板風にペイント。

新しくなったモーニングとランチメニュー、定番のドリンクのみ

わかりやすく載せてみた。

 

 

 

20211023163105.jpg

それこれは必ず入れたかった、HP とInstagramのQRコード!

さすがにこれは直接描けないので、いや描けなくはないか、

でも描くのに何時間かかるかわからねーし、描きたくもない。笑

プリントしてラミネートして貼り付けた。それでもこの画面越しでも

スマホから読み取れるから、すごいよねぇ〜

 

 

 

20211101115200.jpg

Jamlogから拝借した写真にて。普通の黒板に見えるし、いい感じね。

これでリサイクルされること 2回目、古い木製のべースはほとんど

痛んでないし、お店が在る限り何度でもリサイクルしますよ。

 

 

 

20211023163017.jpg

 

 

 

 

20211014140329.jpg

DEAN & DELUCA

 

三越には車で行ったので、駐車代クリアにするため

B 1Fのジョアンでパンでも買って〜 さて帰ろうとしたら、1Fで

DEAN & DELUCAの期間限定ショップがオープンしていたので

懐かしくてちょっとおやつなど買ってしまった。

人もそこだけ多く、ほとんど女性でいっぱいになってたね。

このNYチーズケーキ、いかにもだねぇ、の味わいだった。

でもムダに高いのよ。

 

deandeluca.co.jp

 

 

20211014140343.jpg

これもいかにもな色合いと味わい、パッケージまで見せ方に凝っていて

でもなぜこんな値段すんの?

 

東京と違って、DEAN & DELUCAにあんなに群がってるの見ると

しかも相変わらずトートバッグとか売れてるみたいなので…

ローカルなんだなぁ〜と改めて思った、私もそんな広島人。

 

 

 

 

20211014135053.jpg

S A S I M O N O K A G U T A K A H A S H I 

Limited store 2021

 

「 さしものかぐたかはし 」展示会が三越で開催。椅子に特化した出品で

高橋さんに会うのも去年初めて行って以来だから、ちょうど1年ぶり。

1ヶ月間の期間限定ながら、ちょっとしたSHOPデザインで施工していて

このまま店舗化しそうなほどの創りだった。

 

sasimonokagu-takahashi.com

 

 

20211014134928.jpg

絵になる大きなチェアー、デザインは一見古典的なタイプだけど

細部に和の趣と指物士の職人技を感じる、繊細かつ堅牢な作り。

 

 

 

20211014131304.jpg

ここで待ち合わせたお客様が座ると、その大きさとゆとり感がわかる。

ギリギリで異様に大きいアームレスト、肘かけ?が個性的だ。

 

 

 

 

20211014135917.jpg

このスツールがよかったのに、写真がこれしかなかった、撮り忘れてた!

 

 

 

 

20211014135842.jpg

 

 

 

 

 

20211014135804.jpg

ふとんのソファ クッション部は名古屋の老舗布団店が製作。

座ってみると、何とも言えない ありそうでなかったフィット感。

 

 

 

 

 

20211014135324.jpg

デザイナーの柳原さんとコラボした、新作のチェア。自信作とだけあって

これもとてもよかったね。個人的にもお気に入りのデザイン。

 

http://teruhiroyanagihara.jp

 

 

20211014135355.jpg

展示現品で販売されてるものは、どれも想定してたよりお安めだった。

三越のマージンもあるのに、特価だよ。

 

 

20211014135451.jpg

基本、オイルフィニッシュで仕上げている。ニスやウレタン仕上げと違い

木材の呼吸を妨げず、メンテしながらとても長く使える。

そして経年変化でこのサンプルのように濃い飴色になる。

 

30年前にウッドハウスコッドが広めた、パイン材のオイル仕上げも

広島ではずいぶん浸透していたのにね。お店は残念なことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20211014135039.jpg

ホームラン食堂

 

あら!なんとここでまた、高橋さんのようなコアな職人さんと

繋がりの多い有名料理人が. 笑  しかもここで朝ごはんを食べるという、

イベントするらしい。ほんといつも引っ張りだこだなぁ。

でもコロナ禍で気になっていた、お店の営業のことをいろいろ聞けて

ちょっと一安心。無理しないでね。

 

instagram.com  home_run_home

 

 

20211014135417.jpg

 

 

 

 

20211014135633.jpg

 

 

 

 

20211014135702.jpg

たかはしさん居ました! 日曜日は在廊しているので

さすが ここでのファッションコーデも、オサレですね。

 

 

 

 

 

20211014135647.jpg

とってつけたようなカフェコーナーが絵になるなぁ。

 

 

 

20211014135748.jpg

火は使えないので、電気で沸かして対応している。

この 25日はここで 朝食のイベントするんだね、すごいわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20211014135939.jpg

熊野の工房兼アトリエでは、たかはしさんが珍しい手動式の焙煎機で

丁寧に自家焙煎していた。ここでも淹れてもらったら

やっぱり美味しい… 

どの分野でも優れた職人さんは、違う分野の仕事しても

秀でているもんだなぁ。