ひろしまデザインびと n-4
DESIGN OFFICE KAWAHARA  2021.07.07 Wed

20210709151339.jpg

DESIGN  OFFICE  KAWAHARA

 

広島の女性グラフィックデザイナーの草分けであり、現在は

カリグラフィー( 書 )作家としても有名な 川原さん。

私が 1990年から 6年半 在籍していた「 デザイン オフィス カワハラ 」で

なんと 70代半ばを過ぎても、現役でデザインもされている。

 

1996年から作家としての活動にシフト、初めての個展は忘れもしない

米国ニューヨークの TORAYAにて( 虎屋ギャラリー 1993〜2003 )

最近ではやっぱり 一昨年の個展がインパクトあったなぁ。

 

nov-kawahara.jp

 

 

20210709151312.jpg

先日、紫陽花を届けた時に お会いできなかったので、この日は再訪問にて。

長く続けられている blogも欠かさずチェックしているので、想定通り、

月末の個展に合わせ、製作に追われていた。

 

 

20210709151404.jpg

作品に合わせて、多くの和紙や箔押し紙を使用する。

箔押しはもちろん「 歴清社 」で、川原さんとは先代さんからの

長いお付き合いになる。

 

rekiseisha.com

 

 

20210709152944.jpg

タペストリーには日本の野草や野花が描かれていた。

よく見たら全く同じ絵が、なんとこれプリントなんですね。

こんな麻生地に、これだけきれいに表現できるって すごいなぁ。

プリントなら手入れも楽だし、お求めやすい価格かも?

 

 

 

 

20210709153048.jpg

SUPER×SUPER Bloom 2021

記憶と共に咲く20年分の花

 

もちろん個展の案内もいただいた。

福屋季節袋 20周年記念としての EXHIBITIONになる。

昨年は東京フォーシーズンズホテルロビーの天井ARTを手掛け、

青山での個展を開催した。

広島では 2年ぶりの個展、福屋のデザインを手掛けてきた 

20年分の季節袋を記念にした商品と、最新の「 銀焼き箔絵 」など

展示する。

 

 7月29日 木曜日〜8月4日 水曜日まで  福屋八丁堀店 7階

 

 

 

 

20210709151432.jpg

朝顔と向日葵のプリントを施したエプロン。お揃いのデザインで

Tシャツも販売する。

 

 

20210709152928.jpg

お茶目な川原さんに よく似合ってる。笑

 

 

 

20210709153027.jpg

広いアトリエが画材やら作品やらで、脚の踏み場もないぐらい。

25年前を彷彿と指せる 1枚。

小さな川原さんが、より小さく見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20210709153004.jpg

なんて懐かしい「 一 生 」の書。まだ初期の作品で書家っぽい一枚。

以前の事務所はタイル張りの床で、そこに膝をついて

毎日のように書いていた。

 

25年前、なぜアーティストに転身しようとするのか…

当時勤めていた T先輩と私には、まったく理解できなかったけど

今、やっとわかる気がする。

 

 

 

 

 

 

20210726134640.jpg

絵図屋事務所の、一番落ち着いて見れる場所に「 生 」の書がある。

退職の時に 無理やり頂いた 1枚。

 

 

 

二度とない人生だから。