食の世界に。
polipo  2020.07.14 Tue

20200718162421.jpg

TRATTORIA PIZZERIA

p o l i p o

 

先日の山人、山平さんと某料理人との話の流れで、またしても

ポリポへ。 20日前に食事したばかり、月に 2度もポリポだなんて

贅沢というか、調子に乗ってるなオレ. 笑

 

まず恒例の、シェフの本日のお魚レクチャーより

毎週のように船で釣りに行き、自ら船上で究極の神経路めと

血抜きを行い熟成させた鯛は、いつもながら美しい。

 

 

 

20200718162436.jpg

この日も本日のコースより。その鯛はまず、カルパッチョではなく

刺身で。もちろん醤油などはいりません。そのまま食べるのです。

この生ハムと桃がまた美味しい。

 

 

20200718162452.jpg

鯛の刺身がとても甘く、魚の臭みがまったくない。

このきれいな皮の感じがすごくいいのよ。やっぱり美味しいなぁ。

 

 

 

 

20200718162529.jpg

ムール貝とアサリ、いい出汁でてます。

島育ちの私的には瀬戸貝ともいう、でもこれはポリポだから

広島産じゃないかな。

 

 

20200718162548.jpg

山平さん、終始ごきげんです。お隣に座っておられる某料理人は

撮影不可ですが、このお二人を前に食事できるのは、ほんと

幸せな時間。

 

 

20200718162608.jpg

ポリポと言えばタコ、いつもはマリネで出てきますが、

SNSで見た、大きなタコを湯がいてマッシュポテトと〜 このタコ、

くそ旨い!(失礼)

 

 

20200718162625.jpg

タコにタコの皿出す、お決まりの儀式。

 

 

 

 

 

 

 

20200718162707.jpg

ピッツアは先日と同じく half & halfで。でもトマトソースには

スモークしたこだわりの鯛です。

3人で一切れづつ、ペロッと無くなりますね。

 

 

 

 

 

20200718162733.jpg

パスタも同じく、地エビとシェフが釣り上げた水イカ、山中トマトで

コンキリエ型の手打ちパスタが歯ごたえもいい。

 

 

20200718162754.jpg

前回も書いたけど、このチャチャっと仕上げたシンプルな味わいが

冴えるのよね、ポリポのパスタは。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200718162811.jpg

そしてまた、メインはやっぱり・・・ 鯛ですね。

まずはアクアパッツァで、何度食べても旨味がすごい!

 

それとこの尻尾がないのは、完全なる血抜きをするためです。

 

 

20200718162838.jpg

これは iPhone11で撮影。

前の8とはカメラの表現力が桁違いに上がってる。

 

 

20200718162856.jpg

山平さんが見事に取り分けてくれる、さすが〜

(あたりまえか. 笑)

 

 

 

20200718162911.jpg

なんともう一頭、窯焼きで出てきました。焼きと煮るの W効果!

 

 

 

20200718162937.jpg

島育ちの飲食店気触れが、リスペクトしている料理人 2名と

美味しい魚を食べるとこうなるというヴィジュアル. 笑

骨までシャブリます。

 

 

 

20200725172629.png   20200725172645.png

ここで山川シェフ登場。山平シェフから魚について質問攻めです. 笑

究極の神経締め & 血抜きなど、シェフもここに至った経緯まで、

ていねいに話されていたね。

広島でもそれぞれの分野で、食の世界を極めているお二人だけに

言葉は少なくても、通づるものがあるみたい。

 

この表情〜 スマホの写真なのが残念。

 

 

 

 

20200718163008.jpg

内容の濃い料理と談笑の後は、さっぱりしたドルチェで。

 

 

 

20200718163024.jpg

でも私だけ、〆もちょっと重めでした. 笑

 

 

 

 

 

<R