民藝と暮らす知恵。
くらし千絵  2020.03.05 Thu

20200312184017.jpg

民藝・小石原焼・日常使いの器 

くらし千絵  KURASHI CHIE 

 

ロゴデザインと名刺、オープン用DM、サインデザインまで

お仕事させていただいた「くらし千絵」さんのプレオープン、

レセプションへ。

 

http://mingei.red

 

 

20200312183448.JPG

古いマンションの 1Fの壁を抜いてリノベした、ギャラリースペース。

 

 

20200312183138.JPG

民藝・大分の小石原焼き「太田熊雄窯元」の陶芸を主に展示販売。

陶芸の他にもオーナーがセレクトした、暮らしに必要な

「ホンモノ」だけを紹介していくらしい。

 

 

 

20200312183556.JPG

ここ何年かな、小石原焼きは人気が上がり ちょっとしたブームに

なっている。

小石原焼きは本来、田舎の百姓が使う生活道具だったという。

太田熊雄窯元は民藝にこだわり尽くし、親子三代に渡って

継承されている。

 

 

 

20200312183539.JPG

小石原焼きと言えばこの飛びカンナ模様。

また太田熊雄窯元の緑青が深い。

 

 

20200312183433.JPG

この飴釉も太田熊雄窯元ならでは、大胆で躍動感ある意匠。

 

 

 

20200312183514.JPG

ふだんの暮らしの中で使えるような皿や小鉢、茶碗などが豊富に。

この写真はその一部ね。

 

 

20200312191502.JPG

生活道具の中でも、この擂鉢も定評が高い逸品。

 

 

20200312184454.jpg

武骨なまでの意匠は、伝承されてきた技の結晶。

一度使うと手放せないというほど、一生モノになるらしい。

 

 

 

 

 

 

20200312184748.jpg 

撮影してすぐさま DMデザイン。 大小 2種類選ばれて印刷。

紙質も広島では最高のものを使って印刷。

 

 

 

20200312183724.jpg

住宅街の古いマンションの 1階なので、サインも渋めでミニマルに。

 

 

 

20200312184609.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20200312184432.jpg

お披露目のお料理ケータリングは 蒼 あお(旧 Dining 蒼)より、

小石原焼きの器に盛り付けて。

和洋中バリエーションもあり、全種食べたけど美味しい!

 

facebook.com/蒼

 

 

20200312184251.jpg

 

 

 

 

20200312184231.jpg

 

 

 

 

20200312184208.jpg

 

 

 

 

20200312184653.jpg

 

 

 

 

20200312184146.jpg

個人的にはこの蕎麦巻きが好みだった。

 

 

 

20200312184313.jpg

ご馳走様でした。「蒼」はオーナーさんイチオシの人気店、

これはお店でも食べてみないとね。人気店なので要予約を。

 

 

 

 

 

 

 

20200312191641.jpg

レセプションは2日間かけて、日に 2回 開催。

 

 

 

20200312184523.jpg

くらし千絵さんは、LIVE 島津さん(中)からのご紹介、

昨年 HMDでのレセプションで再会してからのご縁ですね。

なんてありがたいこと。

 

 

 

20200312192009.jpg

オーナーの角田さんご挨拶、感無量でした。

人の想いをとても大事にされている方です。

 

 

 

 

 

 

20200312184553.jpg

角田さんとご主人。長く人生を刻んできたお二人の門出ですね。

失礼ながら角田さんは、この見た目よりずっと高齢。

これだけのチャレンジをされるには、並並ならぬ想いからだった。

窯元との運命的な出逢い、想いを託されてからの決心。

ここが人生の集大成なんだろう。

 

 

おめでとうございます。

ここから始まりですね。

お客様をもてなして、商売もゆっくりやって下さい。

 

 

 

 

 

20200312191550.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20200319124049.jpeg

余談だけど「くらし千絵」は今、話題になっている

陸軍被服支廠(ひふくししょう)のすぐ隣の道沿いにある。

角田さんは私の母校、県工(広島県立広島工業高等学校)野球部と

とても深い縁のある人。

ここで県工と被服支廠を観ながら、感慨深いものがあるね。

 

 

 

 

 

20200319124032.JPG

なんにしてもこのまま残してほしい。

原爆が残した、もっとも素晴らしい負の遺産だよ。

もう作り物みたいに維持されている原爆ドームより、ずっと価値を感じる。

耐震がどうとか、壊すじゃ壊さんじゃとか、裏で利権も絡むんだろう。

でもアウシュビッツの一部がそうであるように、このまま朽ちていく様を

後世に見届けるのが、継承になるんじゃないのかな。

 

個人的には県工卒業生として、

かつてここに入って遊んだりしていた、

馬鹿な学生の一人として。

 

 

 

<R