もし15のあの夏に戻って。
悠然いしおか  2019.12.23 Mon

20191225161646.JPG

悠然 いしおか

 

今受けているお仕事の相談にのってもらう、という口実もあって

なかなかサシではお会いできない業界の大御所社長に思いきって

アポとってみた。なんと快く会ってもらえることに、

お店は私のリクエストで、久しぶりに来たかったいしおかへ。

 

写真は蟹ですね、さっぱりしたゼリー寄せで。

 

chefshin.exblog.jp

 

20191225162312.JPG

伊勢海老のしんじょ。これがけっこう大きなすり身で、しかもあつあつ。

でも味わいはギリギリ薄口で繊細、chef shinにしては攻めてるというか

ちょっと意外かも。

 

20191225162350.JPG

 

 

 

 

 

 

20191225162407.JPG

刺身もしっかりとした水イカ。甘いし粘る。

 

 

 

20191225162426.JPG

焼き魚はサワラ、これまた大きな身で タタキのように火を入れて

淡白でも濃厚な味わいに。美味しい。

 

 

 

20191225162444.JPG

白子の茶碗蒸しは食べ応えもしっかりあって、これも攻めの温度感。

でも味付けは繊細だった。

 

 

 

20191225162503.JPG

焼き魚はこれ、なんだったけ?笑

鱗もこんがりと絶妙に焼かれて香ばしい。このネギを漬けて

焼いたのが、やさしい薄味の白身に 強めのアクセント。

 

 

 

20191225162521.JPG

そして野菜を焼いたものと揚げたもの。

ホクホクの芋が絶妙だったね。

 

 

 

 

20191225162556.JPG

ご飯ものは出ました!蟹です。たしか セコガニだったかな。

 

 

20191225162542.JPG

もちろんしっかりしたお焦げで、素晴らしい味わい。

おかわり必須です。

 

 

20191225162612.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

20191225162626.JPG

デザートは濃茶のパンナコッタ的な. 笑 ご馳走様でした。

久々とはいえ、chef shinまた変えてきたというか、趣の違う出し方。

シンプルで繊細、でも温度感はけっこう攻めていて、

山人さんにも通じるような焼きだった。

でもお客様はもっと、酒が呑める味わいも欲しかったようだ。

私は呑まなかったので、なるほど・・・

たしかにそうだなと思った。

 

 

そんなこんなで楽しくも、そこは尊敬している業界の大先輩、

なんでも的確に答えてくれて、心に刺さりまくる。

 

帰りの車中ではお互い共通のファン、浜ショーを大音量で響かせ

来年は浜ショー縛りのカラオケ行こう!と約束された. 笑

blogのタイトルはそんな over50を、一瞬にして15才に戻す

浜ショーの隠れた名曲。

 

 

 

 

 

<R