白の点。SEN nihonshu
kantyukyo  2019.10.04 Fri

20191007104107.JPG

kantyukyo

久しぶりの閒中居(カンチュウキョ)にて

「 白の点 農事律 」写真集展を開催。

あの空間で写真を展示するのは初めてのことだとか。

ちょっとたのしみに。

 

sen-nihonshu.jp

 

本多康司写真事務所

honda-koji.com

 

 

 

20191007103942.JPG

久しぶりの空間。 いつものごとく昼間でも暗いスペースに

目が慣れるまで時間がかかる。

 

kantyukyo.jp

 

20191007104136.JPG

ここで写真展ってどうなるんだろう。

この暗さだから、以前から興味があったけど、思ってたより

観るのには問題はないね。ただもし作品を購入するなら

自然光でも一度、観てからにするべきかも。

 

今回、会場のコーディネイト、DMカードなどもすべて

主催側が用意したもの。それも kantyukyoでは初めてのこと。

カメラマンの本多氏、酒米農家の名古屋氏、そして

アートディレクターの新保氏が集まり、作品レイアウトから

展示まで自らされたとか。

 

 

20191007104016.JPG

正方形の大・小の写真作品、ブローニー?かな。

お値段もちょっと高いかな〜と思ったら、本多さんを知る人曰く

かなりリーズナブルらしい。

 

 

20191007104153.JPG

たしかにこの写真集もサービス価格だった。買っとけばよかったか。

 

 

 

20191007104230.JPG

奥の間へ。ここは自然光がボヤッと差していて

その灯りで観る。

 

 

20191007104210.JPG

肉眼ではこれぐらいな感じ。これでも感度は低め、ギリギリ手持ちで。

 

 

20191007104438.jpeg

ちなみに iPhoneで撮ると、自動でこんなに明るく撮れる。

いや明るくしすぎじゃろ。これでも若干、いじって戻したけど

ほんとすごい。先日出た iPhone11のナイトモードは

もっとすごいことになるらしい。

 

 

 

 

 

20191007104419.JPG

 

 

 

20191007104042.JPG

 

 

20191007103819.JPG

SEN のボトルが並ぶ、ラベルデザインも秀逸。

 

 

 

 

 

20191007104314.JPG

ちょうど東京から仕事で来られていたカメラマンさんと。

本多さんの写真展を観るために、こんな辺鄙なところまで. 笑

この後は東京に帰られるとのことで、駅まで送ってあげた。

 

 

 

 

<R