LOVE LIFE LAMENT . . .

CD Jacket Design 

 

20190218164447-3d79db7d1eddad3cb918cf0a782a25836f915ba2.jpg

ジャズボーカルスタジオ 7名のシンガーたちによる、

オリジナルCDの 紙ジャケットデザイン。

アマチュアとはいえ音源は、プロと遜色ないクオリティで

仕上がっている。

年齢層も高いので、デザインも当たり障りのないもの、

ベーシックかつ温かみのあるイラストが 採用された。

 

 

20190218164509-bf91a9aef0579eb71933fffe58b3d8c10400d8b6.jpg

 

 

 

 

YOIEBISU

Logo D. Sign Coordinate and Paint 

20181231180237-6eb87a79f406ed46a61af086436bb811eac2c79f.jpg

S1 グループ 美食酒家 ヨイエビスの店舗リニューアル。 2018

店外壁の再塗装に合わせ、壁画のペイントと看板もデザイン。

店内は 1F壁面塗装とトイレのサインデザイン、ドアと壁面の

カラーリングコーディネイトまで。

 

昨年の SAKANAZAに続き、同じ三原の開店から20年目になる

店舗のリニューアル。できるだけ大きな施工はせず、

補修しながら見た目のイメージを変える。

 

s1group.jp

 

20181231180528-1ee72b78d7755c7d28fd57f299b81eff76b6fac7.jpg

 

 

 

20181231180345-5a67e2905ea5e18395900a5f3c8b82839c852be2.jpg

この Openのサインも、今まで使っていた「 営業中 」の看板を

塗り替えて再利用している。なんと切り株の一枚板で出来ている。

 

 

 

20181231181012-1be7844572a512e16d8bf3e73d7894cc1050b31a.jpg

リニューアルを提案した当初、看板は据置きの予定だったが

看板そのものがひどく劣化していたので、全て施工することに。

合わせてロゴタイプも提案させてもらった。

 

 

20181231181117-dc190b8a34bb7622f92c9a6eb324a7ab4b971ccc.jpg

ヨイエビスはもともと、「よいえびす」だった。

S1 グループのオーナーはフレンチのシェフで、最初に三原で

開業した時の肴座(サカナザ)は、居酒屋とフレンチのコラボした

洋食堂だったらしい。

ヨイエビスはそのサカナザを受け継ぎ、和食からステーキや

パスタもあり、今では三原ラーメンまで出している。

 

そこでロゴの書体も大正〜昭和のイメージで、カタカナにして

ノスタルジアな洋食屋さんのイメージにデザインした。

 

 

 

 

20181231175850-fdc2b3e4f60bbdad928000b7b0d0224203abea7c.jpg

店舗裏の駐車場側より、壁画ペイント。

 

 

 

20181231180641-8b9ac453ea9c37549b5adc3cfc359d0aade011f1.jpg

店舗正面にオーナーが自らペイントしていた、創業の理念。

 

 

20181231180126-6273929d6a58bf23d38ca0ab01ff3157c5f8a77c.jpg

 

 

 

20181231175558-b24595de1f1d7fe3418dd3d477a23229d82e1de2.jpg

 

 

 

20181231180740-d91694d473823ea5b4ae37a81d55360e43a9c705.jpg

実在のメニューより代表的なものを、POPにイラストで表現。

 

 

 

 

 

20181231181037-dc4b77f99f611fe30e0d539e89e0fe795c6cadac.jpg

Before 店舗正面

 

 

20181231181148-6bffbc70ed1ac51b220f4de27f998288a7338238.jpg

Before 店舗裏面

 

EZU DESIGN WORKS  blogより。

ezuyalan.com/news/2018/11/post-86

ezuyalan.com/news/2018/11/post-95

 

カスターニャ ドレッシング

Dressing Package Design 

20181121100238-747b9abbeb54c4ee588264f3aa92dbda33a17514.jpg

カスターニャ 前回の3タイプに続いて、新商品2種追加デザイン。

瀬戸内バジルドレッシングと 梅かつおドレッシング 2018

castagna.co.jp

 

 

20181121100321-79250f98ca95197dcb05ce8d3e433f42eb051c44.jpg

梅と鰹以外の原材料は、今回もできる限り広島産にこだわっている。

前回と同じく、使ってる素材そのものをイラストで表現。

 

 

20181121100303-c2d7fb3dc78c5cfca8de159a9fdbb18162b2043f.jpg

 

 

 

20181121100341-38fbffd62a51d5f5491955fd4620b4b414382cf0.jpg

 

 

 

 

メガネの田中 アルパーク店

SignPanel Design・Paint

20181015164417-af039e64c62a42cbab0da3ff66c03155c24aa563.jpg

メガネの田中 アルパーク店 店内のディスプレイ用サインボード

楽々園店の壁画デザインをアレンジしてペイント。 2018 

 

 

20181015164439-84b9373b2d9744b7fb737d8fe49ae804f20b89bd.jpg

 

 

 

20181015164618-0b9cb1e029fdb1475245180f58ca500a1bed2d7d.jpg

黒板シートにペイント予定だったが、店内のイメージに比べ

重くなるのと、予算と施工時間の都合もあり、I Jプリントに。

逆にプリントを貼っただけだと、やっぱり軽すぎるので、

マットラミの上から絵柄の部分のみクリア塗装した。

 

この写真だとわかりにくいが、近くで見ると立体感があり

筆跡が光り、まるで手描きしたかのように見える。

しかもクリアを塗った部分のみシートの透明度が上がるため

絵柄の色抜けがよくなり、より目立つようになった。

 

アナログでデザインしたものを、デジタルで出力して

さらにアナログで処理するという、自社ならではの施工。

めんどうなアイデアだったけど、いい成果になった。

 

 

20181015164526-fcadabae8002a201f2f546981e973abe2cc433f1.jpg

 

 

 

20181015164640-f2cc0f01cc1d01bc6481c05a1a4ae4b60eb6744a.jpg

 

 

 

20181015164356-38f6282394a8c82cbdf61ccb975b412c2e709af2.jpg

 

 

 

MARIO DESSERT

並木通り店 Renewal Design & Coordinate  

20180927181401-6a6263d656314f114a231661d0b0ae23ec851b24.jpg

マリオデザート並木通り店 店舗リニューアルコーディネート。 2018

袖吊り下げ看板のレストアペイント。

 

 

 

20180927181424-2556117a5be383376048bf91638594de71b843ff.jpg

 

 

 

20180927181448-2c8d36f883b73338bd923f25e266db343513f5fa.jpg

20年間、吊り下げられていた看板(上)

塗装も思っていたより劣化してなく、本体も腐ってなかった。

 

 

20180927181511-4e4fa45b8b052d2729995c3318b1e800dac3ee9a.jpg

4日間の施工で、全塗装とクリーニングで見違えるようになった。

 

 

20180927181530-dd3237034c288ce7587c682376bd6054e6af86dc.jpg

看板を下げるアームも本来のアイアンらしく塗装して、いい感じに。

 

 

20180927181551-4483e5f2446eb5be22331b6ab29283982ee600dd.jpg

広島 PARCO前、並木通りでも一等地。

少しでも長くお店が続くように。

 

 

ami 花びら茶 H P

Design Coordinate 

20181115172249-ea74f6b753f7ac996027e8a722a0534263bb4fcd.png

ami 花びら茶ホームページデザイン。 

hanabiracha.com

 

 

 

熊ヤンカレー

Kumayan Curry Package Design  

20180920115452-bb60ea556ff288389ef4b230981fd971346aef61.jpg

(有)熊野養鶏 熊福のレトルトカレー  パッケージデザイン。 

  EZU DESIGN  BLOG       http://kumafuku.com

 

 

20180927141530-c041aee70edf114cb0eeb18d6cc56b4b2f45dfa4.jpg

 

 

 

 

20180920115625-785837f4cad5afc44bea465fe1f0d6d8ea1e8bc3.jpg

 

 

チユリア・マリークリスタ美容液

Logo / Package Design Coordinate

20180811171831-a72b6546e2acec2b7a926ae9348adaa8f027b4d7.jpg

CHIYUREA

MARRY  CRYSTA

漢方の千幸堂プロデュースのコスメブランド。 2018

ブランドネーミング、ロゴとパッケージデザインまで。

 

 

 

278A1975.JPG

THE OUTLETS  HIROSHIMA

ジアウトレット広島・1F のフードコートとトレインひろば他、

壁面ペイント。2018

 

 

278A2084.JPG  278A2079.JPG

デニム・木工製品・日本酒・レモン・牡蠣といった、広島の特産品を

モチーフにデザインされている。これらは全てクライアントである、

広告デザイン会社がデザインしたものをペイント。

絵図屋としてはデザインなし、ペイントのみの大仕事になった。

 

278A2082.JPG

 

 

IMG_6159.jpg

タッチが大胆にカスれるよう指示されたけど、下地がキレイすぎて

うまくカスれない。今までやってきた飲食店などと違い、

大型商業施設のパブリックスペースだから 制限も多く難しい。

 

 

278A2077.JPG

 

 

278A2085.JPG

1つのイラストが 高さ2mほどある、それを7面ペイント。

 

 

278A2075.JPG

 

 

278A2074.JPG

 

 

 

 

278A2056.JPG

 

 

278A2059.JPG

 

 

278A1999.JPG

原爆ドーム・広島城・宮島・マツダスタジアム。ベタな広島(笑)

 

 

278A2004.JPG

 

 

278A1988.JPG

上記のイラストもだけど、やはり他者がデザインしたものを

ペイントするのって、意外な難しさもあった。

常に自らデザインして施工・描いてきたので、今回はいろんな意味で

いいスキルになった。

 

 

278A2063.JPG

 

 

 

 

 

278A1986.JPG

ここからファミリー向けのベンチシートコーナーになる。

 

278A2007.JPG

 

 

278A2009.JPG

昨年の流行、ブラックボードペイント風(黒板アート)デザイン。

これももちろん消防法上、本物の黒板など貼れないので、

難燃素材のシートを貼ってから そこにトレースペイント。

 

278A1978.JPG

 

 

278A1984.JPG

 

 

IMG_8011.jpg

オープンから1ヶ月〜 ペイントしてから3ヶ月、ようやく

お目にかかれた(笑)

 

278A3986.JPG

人が入るとさほど目立たないというか、ちょっと地味だね。

 

 

 

 

 

278A2043.JPG

トレインひろばペイント。 Before

 

 

278A2045.JPG

当初は白でペイント予定だったが、壁面の色も変わりグリーンに。

ある意味フードコートのペイントより、これが厄介ものだった。

白い壁、低く触れる位置、想定内だけどね。

 

278A3963.JPG

after 出来てみてびっくり!なるほどです。

 

278A3979.JPG

 

 

278A3975.JPG

 

 

278A3977.JPG

 

 

278A3983.JPG

 

 

278A3964.JPG

 

 

 

 

 

278A3989.JPG

DORTMUND ➡︎ HIROSHIMA

ドルトムント電車の裏側壁面ペイント。

 

278A2033.JPG

元はトランヴェールエクスプレス。 

広電からイオンへ譲渡された ドイツの名車両、あれでも10年ぐらいは

走っていただろうか。

乗ったことはないけど、インパクトのある独特のデザイン。

 

 

278A2028.JPG

その車窓から見えるレンガの壁面にこの大型サインをペイント。

でも車両内には入れず、イベントでもない限り 立ち入り禁止だろう。

幻のペイントとなったかな(笑)

 

 

 

オオノ開發 NEW環境展 2018

Exhibition booth Design Coordinate   

20180712165037-6132d1b8d7743869f8a82e463ff0a5dc245037b4.jpg

オオノ開發(株)NEW 環境展ブースデザインコーディネート。

東京ビッグサイトにて 2018

設計デザイン・ハンドミーダウン Hand Me Down

 

 

20180712165207-b1f59e1020124ebf694f307f339409b7b0d0c6de.jpg

2016・2017年までの2回は WOODPRO足場板を全面に出した、

ブースそのものが使用後もリユースできるよう、設計していた。

今回 2018年は足場板を使わないデザインに決定した。

 

 

20180712164822-072575e1363dee8467f14391690bdaf4c152eba1.jpg

新しく稼働する新工場を空撮して、ブース前面パネルにレイアウト。

 

 

20180712165917-5df378951c54f328b8d3d91d6192023006867f5f.jpg

 

 

 

20180712165618-db69d757aeecdfa39f30c81d8516f43e9d2f5f39.jpg

RIOVE

今回も撮影はリオーヴ・川本晃司氏に依頼した。

外観もまた写真展のように展開、でも昨年とはまた違う迫力。

 

 

 

20180712165439-be4a35ea9aff27eab321ca6e89f5da4d16257d0f.jpg

ブース背面より。

 

 

20180712165144-ea8dd24003fff8e56dc622617b58a3313ba8cc04.jpg

 

 

20180712165412-d3badb17c1944bba03b8b8caaef6b52a68fdcfd4.jpg

 

 

20180712171532-5a3001254f04d48d04815285fecb0412c8b30109.jpg

 

 

20180712164758-1ec5081522eb42526c03f64e7be80f37bf2e8a8b.jpg

 

 

20180712170213-d8e6ba4b6bf11b5df6867db501c43b5aef655b2b.jpg

昨年同様、川本氏の写真が冴えるブースになった。

 

 

 

 

20180712165254-f8be889fced3eca81e8f4e50766fae0b174a6c3d.jpg

ブース内を3分割して、仕切り壁面全てにパネル展示している。

出入り口は 1箇所しかなく、あえて動線は作らず 自由に見てもらう。

 

20180712165316-78118b144a6ebbcce99b9cec49facc2d1fdd2533.jpg

 

 

20180712165726-a11cb05caaf97f3ac6bb64e72f9e3b146f16482c.jpg

 

 

20180712165351-03510ab9216308c3869c7731d3c1f4e44ed06233.jpg

商談スペースは昨年より4席増やし、12席に。

各テーブル間にも仕切り壁を立てた。

 

 

20180712171455-5a7e272bee4f1b0848bae66076e733204aad5570.jpg

 

 

20180712165856-616a33417dbfb424957ad9d9fbcb05cd0dfb17cc.jpg

3年連続でデザイン・施工させていただいたオオノ開發のブース。

仕事としては今回で終了となった。

 

 

 

20180712165515-2e878858426cb856c52f6ee4629933688b0bbf60.jpg

ps オオノ開發ブースのすぐ奥には、他社のブース内に

  最新のドイツ製トレーラーコンテナが展示していた。

  先月マーキングしたばかりのオオノバージョン、粋だね。

 

20180712170328-35a2e013fa7c6e375663cdc57d9d0e109dfee55c.jpg